クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

厳しい処分基準、大阪だけ?

公務員であるかぎり親方は、日の丸と思うのですが...
何よりも愛国心のない者が教職員になれること自体、問題があるように思います。
橋下知事「国歌斉唱で起立しない教員は免職」
2011年5月17日12時04分 読売新聞

 大阪府の橋下徹知事は17日、入学式や卒業式の国歌斉唱時に起立しない府立学校や公立小中学校の教員を免職する処分基準を定めた条例を9月の定例府議会に提案する考えを示した。
 府によると、同様の条例は全国でも例がないという。
 知事は報道陣に、「府教育委員会が国歌は立って歌うと決めている以上、公務員に個人の自由はない。従わない教員は大阪府にはいらない」と指摘し、「繰り返し違反すれば、免職になるというルールを作り、9月議会をめどに成立を目指したい」と述べた。
 学校での国歌斉唱では、府議会会派「大阪維新の会」が府立学校や公立小中学校の教員に起立を義務付ける条例案を19日開会の5月議会に提出する予定。
 大阪府教委によると、政令市の大阪、堺両市を除く府内の公立小中学校教員の処分権は府教委にある。ただ、府教委はこれまで、起立しなかった教員に 対しては、懲戒処分で最も軽い戒告にとどめていた。府立高校関係者は「大阪だけ厳しい処分基準を設けるのはおかしい。処分権の乱用だ」と反発している。
大阪だけ厳しくしては不公平だ、全国どこでも同じように厳しい基準にすべきだろうと思います。
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : うれしいニュース♪ - ジャンル : ニュース

こんな恣意的な配置、設計者は誰なのか?

ちょっと、びっくりした情報なので、拙ブログでも紹介します。
なんと、礼拝をすると別のある施設におしりを向けることになるというのです。
その2つ施設は、GoogleMapの下に記載します。

大きな地図で見る
2つの施設とは、靖国神社(左上)と千鳥ヶ淵戦没者墓苑(右下)です。
本情報ソースは、二階堂ドットコム『「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」を礼拝した代議士は落選する。』でした。ソースも是非ご覧ください。
誰のどういう思惑で、こういうことになってしまうのでしょう。靖国神社におしりが向くようなことは、意図して行ったことは間違いないでしょう。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

「天皇に直訴申し上げます」って何?

子供の頃より、よく食べていた播磨屋のおかき。
その「おかき」で有名な播磨屋の社長が、ここに紹介するような行動をしていたと知り驚きました。
「天皇に直訴申し上げます」都内に突如、街宣を始めた大型トレーラーの正体とは?
12月16日(木)21時36分配信 週プレNEWS

 今月に入り、都内の皇居および銀座、霞が関周辺で目を疑うような光景が繰り広げられている。ボディに“強烈すぎる”メッセージをペイントした真っ白な超大型トレーラー10台が車列を組み、走り回っているのだ。

20101216-00000301-image.jpg 「身を捨てて天皇に直訴申し上げます 今日の余りにもひどい世の中の乱れは、全て天皇の不徳の所産です」とある(左の写真)。明らかに天皇批判である。ほかにも、「国民を代表して皇太子に直言します 宝の持ち腐れです。その至尊の立場は、貴方の私物ではありません」など、10台がそれぞれ違うメッセージを掲げながら皇居の真ん前で街宣している。

 一般常識的には“暴挙”ともいえる活動だが、これを行なっているのは右翼でも左翼でも宗教団体でもなかった。調べてみると、「播磨屋本店」という、兵庫県に本社を構える、菓子を製造販売する会社だったのだ。さっそく播磨屋本店を直撃してみると、担当責任者が答えてくれた。
「活動の本意は、社長の著書『真実』やわが社のホームページをご覧ください。私たち社員は、あくまでお菓子屋ですので、基本は本業に力を注いでおります。ただ、社長に対しましては社員一同、感謝していますし、応援もしております」

 この社長とは、「五代目播磨屋助次郎」と名乗る、本名・阿野拓夫という人物。彼の持論を要約するとこうだ。
「環境問題に象徴される現在の世界的な危機状況を救うのは126代天皇、つまり現皇太子である。救世主となるためには“人としての天皇”ではなく、“神としての天皇”に覚醒していただく必要がある」

 現天皇に対し「不徳の所産である」という批判を皇居の前で行なうのは、世が世なら「不敬罪」で即刻処罰される行為であろう。そのあたりを弁護士に聞いてみた。

「天皇家や右翼にかかわるデリケートな問題なので、匿名でコメントさせてください。天皇批判を街頭で宣伝する行為は、言論の自由がありますから警察は都道府県で定められた『騒音規制条例』に違反した場合に取り締まることしかできません。ただ、天皇本人にも人権があります。総理大臣が代理で親告する形で『名誉棄損』で訴えることはできます」

 天皇を信奉する右翼団体はどう考えているのだろう?
「われわれも問題視しているよ。組織としての意思決定が未定なのでいまは名前を伏せてくれ。著書やホームページ上で批判する範囲ならば静観できる。けど、皇居の前で直接陛下のお耳に届く形式での活動は絶対に許されない。近々阻止するための行動に出たいと思っているよ」

 弁護士や右翼団体までもが匿名を条件にコメントする、非常にデリケートな問題であることがうかがえる。播磨屋助次郎氏はホームページ上でこう宣言している。
「各メッセージ内容は、当面この『勧告レベル』で様子を見ますが、天皇も皇太子も国民も全く目覚めないようなら、誠に不本意ながら、より激烈な『警告レベル』へ引き上げます」

 これは目が離せない厄介な事態になりそうだ。
拙ブログ管理者としては、「救世主となるためには“人としての天皇”ではなく、“神としての天皇”に覚醒していただく必要がある」には同意ですが、126代は秋篠宮殿下かなと思っています。

 播磨屋本店の公式サイトの より 【抜粋】 
■ 今なぜ「地球革命」なのか

人類は、何千年にもわたって「悪夢」を見続けています。
今から約1万年前、わけあって、世界中でほぼ同時に「農業」が開始されました。
この「農業」を、もっともっとと「発展」させてゆく過程で、人類は、とんでもない大ウソ悪夢に取りつかれてしまったのです。
『人生は、人間同士の優劣競争の場である』
『幸せは、その競争に勝って手に入れるべきものである』
こんな不自然きわまりない大ウソ悪夢にです。
どうですか。
みなさんも、そう信じて一生懸命がんばってはいませんか。
しかし誠に残念なことながら、それは二つとも真っ赤な大ウソなのです。
だから「悪夢」を見ていると言うのです。
「悪夢だろうと何だろうと放っておいてくれ。ゲーム感覚でけっこう楽しんでやっているんだから」との反論は、ある意味でもっともです。
人間だれしも、自己の人生を全否定されるのは絶対にいやだからです。
がしかし、もう限界なのです。
やり過ぎなのです。
「地球」が悲鳴を上げているのです。
いえ、もっと正確に伝えなければなりません。
「地球」の堪忍袋の緒が切れかけているのです。
「人類よ、いい加減にしろよ」
「いい加減にしとかんと、人類ことごとく一斉排除してしまうぞ」
私播磨屋助次郎の心耳には、こんな「地球」からの警告が聞こえて聞こえて仕方がないのです。
だからこそ人類は、火急的速やかに「悪夢」から目覚めねばならないのです。
今こそ絶対に、「地球革命」が必要であるのです。
播磨屋の公式ホームページから社長の著書を電子ブックで閲覧可能でした。
拙ブログ管理者は、まだ見てませんが興味を持たれた方は、こちらからどうぞ⇒『真実』

確かに世の中で起きている様々なことを振り返ると、日本だけでなく、地球もすでに限界にきている。地球が一度身震いし人類を一掃してもおかしくないように、拙ブログ管理者も思います。
人類は地球から一掃されぬように、皆反省し懺悔し、その心を正さなければならない時が来たように思います。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 大手メディアが伝えない情報 - ジャンル : ニュース

日本の正史を取り戻そう(その5)

今回は、一度は見ておきたい動画をまとめて紹介いたします。
なんだかシリーズ化してしまった「日本の正史を取り戻そう」も、夏休みの終わり合わせて、その5で一旦終了いたします。

大東亜戦争の真実



日本がアジアに残した功績の真実


ミャンマーで大東亜戦争はどのように教えられているのか


親日国インド


日本の台湾統治の真実


先人たちの創り上げた国、日本


真実はどこに・・・


矜持-AreiRaise


紹介したい動画はまだまだあるのですが、またの機会といたします。

さて、日本を守るために戦った英霊は、今の日本を見て、命懸けは間違いでなかったと思っていただけるのでしょうか?日本と日本人は、いつまでも自虐史観に溺れている暇は無いと思います。
私は日本人としての誇りを胸に、誰にも恥じることのないように1分1秒を気引き締めていこうと思います。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

地味だけど、取り戻すべきは「誇り」だな

拙ブログで、「併合談話、発想を変えてみては?」で、お伝えしたように、今の日本が無くしつつあるもの、今の日本から失われつつあるものは、「誇り」だと、改めて思う次第です。

「誇り」の大切さを見直す一助にということで、動画と日本国民による戦犯の赦免運動について、お届けすることにいたします。
先人たちの創り上げた国、日本


誇り~伝えよう日本のあゆみ


 政治家にも国民にも、「誇り」がしっかり根付いていたならば、今を取り巻く現実は無かったように思いました。かつての日本の国民が普通に持っていた「誇り」を今の日本の国民も持っていれば、菅談話は無かったでしょうし、遡って村山談話なんぞも無かった。謝罪談話を発表するような政権を誕生させてしまうことも無かったのではないでしょうか?日教組教育による愛国心の荒廃も無かったのではないでしょうか?

1952年(昭和27年)頃の日本は、敗戦したとはいえ、まだ連合国から畏怖の念を抱かれ、アジア諸国から尊ばれる崇高な精神を残していたように思います。
以下は、サンフランシスコ平和条約の訳文。第一条と第十一条を紹介し、日本国民がどういう運動をしたかを紹介します。
(リアルタイム世論調査.net さん こちらの書き込みを参考にさせていただきました)

第一条【戦争状態の終了、日本国の主権承認】

(a)日本国と各連合国間との戦争状態は、第二十三条の定めるところによりこの条約が日本国と当該連合国との間に効力を生ずる日に終了する。

(b)連合国は、日本国及びその領水に対する日本国民の完全な主権を承認する。


第十一条【戦争犯罪】

 日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする。これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、及び仮出獄させる権限は、各事件について刑を課した一又は二以上の政府の決定及び日本国の勧告に基くの外、行使することができない。極東国際軍事裁判所が刑を宣告した者については、この権限は、裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定及び日本国の勧告に基くの外、行使することができない。
全文は、こちらを参照ください
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/kaisetsu/other/tpj.html

条約発効日は、昭和27(1952)年4月28日午後10時30分、第一条からすれば、条約発効までは日本は、まだ戦争状態にあり、昭和23(1948)年12月23日に絞首刑が執行された極東国際軍事裁判で死刑判決を受けたA級戦犯とされた7名は戦死者と扱うことが順当だろう。
そして、第十一条の条項に基づいて、日本国民による戦犯の赦免運動がはじまり、昭和27年から30年の間に4回の戦犯赦免の国会決議、そして、4000万人以上の署名が集まった。
(当時の総人口は8400万人、内14歳以上の人口5400万人。4000万署名は14歳以上の国民の74%にあたる)
・1952年(昭和27年) 6月 9日 参議院本会議にて「戦犯在所者の釈放等に関する決議」
・1952年(昭和27年)12月 9日 衆議院本会議にて「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」
・1953年(昭和28年) 8月 3日 衆議院本会議にて「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」
・1955年(昭和30年) 7月19日 衆議院本会議にて「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」
 以上、全会一致。この国会議事録は、こちらを参照ください
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/senpannketugi.htm

かつて「誇り」を持っていた日本人は、これほどまでに大きな国民運動を起こすことができたのだから、日本人としての「誇り」を取り戻せば、謝罪談話の無効化もできるように思います。そして、談話の無効化すらほんの一事例に過ぎず、領土問題、国防問題など様々な問題に解決の方向性が見えてくるように思います。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

フランスを見倣おう。国旗への意識も法律も

日本でも是非必要な法律だと思います。
国旗の侮辱を禁じる新法を公布、フランス
2010年07月25日 11:46 AFPBB News

【7月25日 AFP】フランスで国旗の侮辱を禁じる新しい法律が公布された。

 23日付のフランス官報によると、新法は国旗を破損した者や、国旗の品位を傷付けた者に1500ユーロ(約17万円)の罰金を科すと定めている。国旗を傷付ける行為の写真を発表した者は、その行為が私有地で行われたものであっても罰せられる。

 フランスでは3月、国旗でおしりをふく男性の写真が民間の写真コンテストで入賞し、全国紙に掲載されたことで論争を呼んでいた。

 フランスには以前から公共団体が主催する催しでフランス国家や国旗を侮辱した場合には、最高で6月の禁固刑と7500ユーロ(約85万円)の罰金を科すと定められていたが、おしりをふく写真はこの要件を満たしていなかった。(c)AFP
現内閣の多くの閣僚や、入学式や卒業式で起立しない歌わない教員の居場所がなくなっちゃいますが、日本も早く法律を整備して、日本の国旗を破損した者や、国旗の品位を傷付けた者に罰則を科す。国歌にも対象に加えて、日本の国旗・国歌に礼節を欠く者にも罰則を科してはどうだろうか?
近隣の国には、日本の国旗に落書きしたり、破いたり、燃やしたりする不敬な人もいますから、こういう法律にこそ国籍の条項なしにして、海外にも罰則が及ぶようにし、日本に入国で即逮捕できるようにしておくことは、国防や治安維持の意味においても必要ではないだろうか。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

「構わず首相を殴れ」、石原都知事に賛成!!

日本の国民の税金で飯を食べていけている。親方日の丸なのに、当たり前のことが当たり前にできない。それが左翼とか日教組とかです。
そして今、日本は日本の国旗・国家に敬意を表せない愛国心の無い者が政治のトップに居る。そのトップが自衛隊(国を守る人たち)の前でどういう態度をとるか?を注視しようとの石原都知事の発言だろうと思います。
政治のトップに居る者に愛国心が有るか無いかなどを問わなければならないようなおかしな事態になっている。ということを報道しない報道機関だから、マスゴミ言われる。政治とともに報道機関も正常化が必要と思います。
「構わず首相を殴れ」 観閲式めぐり石原都知事が発言
(06/20 07:07、06/20 07:08 更新)北海道新聞

 石原慎太郎東京都知事は19日、札幌市内で開かれた、たちあがれ日本の集会であいさつし、菅直人首相について「もし、(自衛隊の)観閲式の国旗入場で立たなかったら、構わないから殴れ。殴られてもしょうがない」と述べた。首相への暴力を容認する発言とも受け取れ、論議を呼びそうだ。

 石原氏は、1999年の国旗国歌法案の衆院採決で当時、民主党代表だった首相が反対したと指摘。「観閲式に行くと、国旗入場の際は、みんな立って礼をする。菅氏は、その時立つのか」などと述べた。
しかし、無理やり「論議を呼びそうだ」って括る。これはマスコミがこのような方向に、この話題を展開させたい時の判りやすい常套句です。この表現は、○日新聞にも良く見られるので覚えておきましょう。

【参考】
平成11年7月22日衆議院本会議で、国旗国歌法案へ反対した民主党議員(46人)
赤松広隆、伊藤忠治、家西悟、池田元久、池端清一、石毛子、石橋大吉、岩國哲人、岩田順介、上原康助、生万幸夫、枝野幸男、小沢鋭仁、大畠章宏、海江田万里、金田誠一、河村たかし、菅直人、北村哲男、桑原豊、小平忠正、小林守、五島正規、近藤昭一、佐々木秀典、佐藤謙一郎、坂上富男、末松義規、辻一彦、土肥隆一、中桐伸五、中沢健次、葉山峻、鉢呂吉雄、原口一博、日野市朗、肥田美代子、福岡宗也、細川律夫、前原誠司、松本惟子、松本龍、山元勉、山本譲司、山本孝史、横路孝弘
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。