クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

ごく普通に妥当な判断だよね

本当に普通の人の感覚で妥当な判断だと思います。どっから給料もらってんだよ。って考えれば、ごく普通なこの判断。訴えている側の奇怪しさ異常さをもっとマスコミは取り上げてはと思う次第。
国旗国歌訴訟「合憲」は社会通念に沿った妥当な判断
2011.1.28 23:02 産経ニュース

 東京都教育委員会の通達などを「合憲」とした東京高裁判決は、国旗と国歌に対して国民が抱く、普通の感覚に沿って検討した様子がうかがえる。

 国旗国歌にからむ訴訟では、ピアノ伴奏を拒否した音楽教師について最高裁が19年2月、「伴奏を命じた職務命令は思想、良心の自由を侵害しない」と判断を示している。地・高裁では類似訴訟で、この最高裁判断を踏襲し職務命令を合憲とする判断が続いている。

 28日の東京高裁判決は 国旗国歌について「入学式などの出席者にとって、通常想定されかつ期待されるもの」と生徒や親族の心情に理解を示し、「スポーツ観戦では自国ないし他国の国旗掲揚や国歌斉唱に、観衆が起立することは一般的」とするなど、国民が抱く当たり前の感覚に触れた。1審判決が国旗と国歌は「軍国主義思想の精神的支柱」と断じたこととは見解を異にする。

 また高裁は都教委の通達を「職務命令」と認定し、「公務員は住民全体の奉仕者。法令や上司の職務命令に従わなくてはならない」と、都立校教師の公僕としての性格を強調した。1審判決は「義務がないのに起立と斉唱を強要され、精神的損害を受けた」と認定したが、「慣例法」と認定され、今では法律化もされている国旗国歌に公僕が堂々と異を唱える様子は違和感があるといえる。

 高裁の逆転判断は、一般感覚に則した妥当な判断といえそうだ。(森浩)
国旗国歌義務化は「合憲」 都教委側が逆転勝訴 東京高裁
2011.1.28 13:46 産経ニュース

 入学式や卒業式で国旗に向かっての起立や国歌斉唱を求めた東京都教委の通達や校長の命令は、思想と良心の自由を定めた憲法に違反するなどとして、教職員ら395人が従う義務がないことの確認や慰謝料を求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁の都築弘裁判長(三輪和雄裁判長代読)は28日、「通達の発出によって重大な損害が生じる恐れがあるとは言えない」などとして、1審東京地裁判決を取り消し、教職員側の請求を棄却した。

 都教委は平成15年10月、都立高校の校長に国旗掲揚、国歌斉唱やピアノ伴奏の実施方法を通達し、従わなかった教職員を懲戒処分にしていた。
教職員やOBが起こした訴訟では
(1)教員らが国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務があるか
(2)都教委の通達は違法か
(3)教員らは通達によって精神的損害を受けたか-が主な争点となった。

 18年9月の1審東京地裁判決は「懲戒処分をしてまで起立させることは行きすぎた措置で違法。原告は起立や斉唱を強要され、精神的損害を受けた」と認定。通達については「合理的な基準を逸脱している」とし、通達違反を理由にした処分を認めなかった。

 さらに日の丸、君が代を「第二次世界大戦が終わるまで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」と位置づけ、原告側の主張をほぼ全面的に認め、都に1人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じた。

 判決後、都側が不服として控訴していた。
拙ブログ管理者の思う今の日本にいらないもの。
日教組、九条の会、経団連、パチンコ、大手マスゴミ、...かな
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 大手メディアが伝えない情報 - ジャンル : ニュース

民主党議員って、ある意味凄いね。

幹部から一般に至るまで、カネに関してどんな大きな問題が発覚したとしても、世間から見て道義的にどうかは一切関係ない。しかも離党や辞職ということにならず、責任も感じないそういう人の集まりが民主党なのでしょうか?
北教組起訴 民主・小林議員は離党も議員辞職もせず
3月22日20時0分配信 産経新聞

 北海道教職員組合からの不正資金提供事件で同教組委員長代理の長田秀樹容疑者(50)と自らの選挙陣営の経理担当だった木村美智留容疑者(46)が政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反で起訴されたことを受け、民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=は22日夜、北海道札幌市内で記者会見し、離党や議員辞職する考えがないことを明らかにした。

 小林議員は会見で「離党、辞職は考えていない。今以上に、国会や地域での活動に全力を尽くす」と述べた。
「今以上に全力を尽くす」というのですから、「今度はもっと上手くやりますよ。」というメッセージに聞こえてしまいます。自浄作用を持たない集団が民主党と理解しました。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 痛い奴ら - ジャンル : ニュース

北教組、(狂)職員組合だね。

卒業式・入学式で、国歌斉唱や国旗掲揚を阻止するとして、おめでたいはずの場を闘争の場にしてしまおうなど、本当にった職員の合としか、言い様がありません。
一目で日教組職員であることが判る目印を付けて、仕分けの対象になってもらいたいものです。
記事は、北狂組であるが、全国の日狂組も同じようなことが行われていると思われる。覚醒した職員が団結し内部から教育現場の正常化に向けて活動して欲しい。心ある国民は必ず応援すると思います。
北教組逆ギレ?国会追及の議員を呼び捨て批判 日高支部内で文書配布
2010.3.17 09:56 産経ニュース

 北海道教職員組合(北教組)の日高支部で、勤務時間中に国旗・国歌の取り扱いをめぐる組合文書が学校間でやりとりされていた問題で、北教組がこの問題を国会で取り上げた議員らを呼び捨てで批判し、対抗策を指示する組合文書を各学校に配布していたことが17日わかった。政治資金規正法違反事件を機に北教組への批判が強まり、危機感を強めた組合側が反攻の構えをみせた格好だが、違法な組合活動への追及は収まりそうにない。

 文書は「提出物確認と自民党などからの組織攻撃を許さない当面のとりくみについて(連絡)」との表題で、3月4日付で支部内の学校に配布された。この中で、北教組追及の動きについて「国会での馳浩、義家らによる追及、道議会での吉田の追及など、北教組攻撃を一挙に強めてきています」とし、自民党の馳浩衆院議員、義家弘介参院議員らを呼び捨てにして反発。その上で「組織破壊・分断を許さないことを第一義的に考え、原則的に組織的に対応します」として、組合の指示に従うよう教員らに促している。

 具体的には、組合の上部組織からの連絡をFAXではなく郵便か電話で行うとし、報道機関の取材には「ノーコメント」を通すよう箝口(かんこう)令を指示。卒業式・入学式での国歌斉唱や国旗掲揚を阻止する闘争についても、さまざまな指示が出されている。

 北教組日高支部内では勤務時間に組合文書が公然とFAXでやりとりされていたことが判明し、文部科学省が実態調査を進める意向を示していた。また同支部内で配布された国旗掲揚・国歌斉唱の阻止に向けた「闘争マニュアル」では、「校長への抗議」「立て看板の設置」「式典当日の進行表から国旗国歌の文言の排除」など、綿密な戦術が段階的に示され、組合員に対し「超過勤務拒否」「教育研究活動への非協力」などの“対抗戦術”も呼びかけていた。

北教組「逆ギレ」文書に馳議員「蛙の面に小便」 衆院文部科学委
2010.3.17 11:22 産経ニュース

 北海道教職員組合(北教組)の日高支部内で北教組の違法行為を国会で追及する議員らを呼び捨てで批判した組合文書が出回っている問題は17日の衆院文部科学委員会で取り上げられた。

 質問に立った馳浩衆院議員は、「学校の先生ならせめて馳浩君とか義家さんとか敬称くらいはつけてほしいものだ」と述べたうえで、文書にある「悪(あく)辣(らつ)な組織攻撃」という文言に「私は悪辣な男なのでしょうか」とあきれ顔。「私が問題にしているのは組合の違法な活動である」と応酬したうえで、北教組の違法な活動に疑問を抱く組合員が多数いることを指摘した。

 馳議員が問題視したのは文書にある「FAXを送信する場合は『周囲の状況』を十分考慮してお願いします。受信するこちらの体制は従来と変わらず大丈夫ですのでご心配なく」とした記述。勤務時間中に学校間で組合文書をFAXでやりとりする違法行為を国会で指摘され、道教委が事実関係の調査に乗り出す状況を全く意に介さない書きぶりに馳議員は「容認できない。こういうのを蛙の面に小便というんです」と指摘し、文科省の見解をただした。

 鈴木寛副大臣は「文書の背景が不明だが、違法行為なら問題だ。すでに道教委に事実確認を求めており、この文書がそうした事実確認を妨げる意図があるなら大変遺憾で毅(き)然(ぜん)と対処したい」と述べた。

【義家弘介】街頭活動のカンパを不正流用する日教組【輿石東】

宮川 のり子 さんを覚えておきましょう。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 旬のニュース - ジャンル : ニュース

民主党議員の「政治とカネ」+北教組(日教組)

民主党議員の「政治とカネ」をめぐる話題である。しかも、今度は日本教職員組合(日教組)傘下の北海道教職員組合(北教組)が絡んだ話。日教組という組織が絡んだ話なので、全国で同じようなことが行われていると考えるのが自然、ぜひ北教組に止まらず全国全ての日教組と議員の関係を明らかにして欲しいものです。そして、日教組と政治の関係も断ち切って欲しいものです。
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査
2010.2.15 04:22 産経ニュース

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=陣営の選挙違反事件に絡み、小林氏側が、日本教職員組合(日教組)傘下の北海道教職員組合(北教組)側から1千万円を超える裏金を受け取り、選挙費用に充てていた疑いのあることが14日、関係者への取材で分かった。札幌地検は、政治家個人への企業・団体献金を禁じた政治資金規正法違反や、選挙費用の収支報告を義務付けた公職選挙法違反の疑いが強いとみて、捜査を進めているもようだ。

 民主党にとっては鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長の秘書らによる規正法違反事件に続く「政治とカネ」をめぐる問題として批判が起こりそうだ。

 関係者によると、小林氏側は昨年8月30日に投開票が行われた衆院選の選挙費用として、北教組側から1千万円を超える裏金を受け取った疑いがあるという。

 小林氏陣営では当初、北教組委員長が選対委員長を務めていたが、選挙直前の昨年6月に急逝。代わりに別の北教組幹部が陣営に入り、連合北海道札幌地区連合会の前会長(60)が選対委員長代行として選挙を仕切ったという。地元政界関係者は「小林氏の選挙は北教組の丸抱えだった」と証言する。

 前会長は運動員に選挙運動をさせ、連合札幌の裏金から報酬を支払うことを約束したなどとして、公選法違反(買収約束、事前運動)罪に問われ、今月12日に札幌地裁で有罪判決を受けた。判決が確定すれば、連座制が適用され、小林氏の当選が無効になる可能性がある。

 小林氏は15年の衆院選に立候補し、落選したが比例で復活して初当選。17年に落選したが、昨年は小選挙区で当選し、現在2期目。

 規正法は企業や労組、職員団体から政治家個人への献金の授受を禁じており、違反した場合は1年以下の禁固などの罰則がある。また、公選法は選挙費用の収支報告を義務付けており、故意の虚偽記載は3年以下の禁固などの罰則がある。

 小林氏は産経新聞の取材に対し「(裏金受領は)存じていない。お金の処理は法にのっとって行っていると思っている」と話した。

 日教組の傘下組織をめぐっては、山梨県教職員組合の元財政部長らが18年、民主党の輿石東参院議員会長を支援するため、教員から集めた寄付金を収支報告書に記載しなかったとして、規正法違反罪で略式起訴され、罰金刑を受けている。


記事と↓は、直接関係してないかも知れませんが...

【義家弘介 】民主 輿石東 「教育に政治的中立はありえない!」 【講演】
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

偏向教育の最大原因は日教組

教育現場の正常化に向けて、自民党が運動方針をハッキリさせて来ていることは歓迎すべきことです。
日教組の問題点を明るみにして、マスコミもそれを偏向なく報じるべきだと考えます。
日教組のやることは、共産思想が根底にあり子供と教育の分野から日本の解体を行うというもので、そのことを多くの日本国民が気付き、早く日教組の手から子供と教育を取り戻したい。解体されるべきは日教組と思います。
運動方針案を了承=日教組批判盛る-自民
1月5日18時51分配信 時事通信

 自民党は5日の総務会で、2010年運動方針案を大筋で了承した。方針案は、世界最高水準の公教育を実現するとした上で、「今日の偏向した教育の最大の原因は日教組の存在。一日も早く教育現場を正常化し、日本の歴史と伝統を重んじる教育を目指す」と、民主党が支持基盤とする日教組への批判を新たに盛り込んだ。
 また、方針案は「私たちは必ず政権を奪還する」と強調。社会保障制度の確立に向け、消費税を福祉目的税化して税率を引き上げる方針を明記している。

2009年03月06日 民主党・輿石参院議員会長と日教組


「日教組に教育されている子供達の現状」


応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

さらに、竹島の話題

国際的にも認められている日本の固有の領土である竹島。
もっと堂々と教えてゆく姿勢を貫いて欲しいものです。我が国の領土が不法に占拠され実効支配されている現状も教えるべきです。
指導要領解説書 「竹島」に触れないのは問題だ(12月28日付・読売社説)
(2009年12月28日01時22分 読売新聞)

 将来を担う世代に自国の領土や歴史をきちんと教えていくのは、大切なことだ。

 文部科学省が、2013年度から実施する高校地理A、地理Bの新学習指導要領の解説書で、日本の領土にもかかわらず、韓国が領有権を主張している「竹島」に言及しなかった。これは極めて問題だ。

 竹島は、遅くとも江戸時代初期の17世紀半ばには日本が領有権を確立し、1905年、閣議決定を経て、島根県に編入された。

 ところが、韓国は1952年、国際法に反して日本海に「李承晩ライン」を一方的に設けて以降、竹島の不法占拠を続けている。

 「竹島は歴史的にも国際法上も我が国固有の領土」というのが、日本政府の見解だ。現在の高校教科書にも、地理Aで6冊、地理Bで5冊に、「日本固有の領土の竹島で韓国との間に領有権問題がある」などと記述されている。

 2012年度に実施される中学校社会科の指導要領の解説書には昨年7月、竹島を日本の領土と教えるよう初めて盛り込まれた。

 ところが、高校の解説書では、領土問題について竹島とは明記せず、「中学校における学習を踏まえ、我が国が正当に主張している立場に基づいて的確に扱い、理解を深めさせる」とあるだけだ。

 文科省は「竹島は我が国固有の領土という立場は変わらない」と言うが、それならそう明記すべきではないか。中学校で学んだ内容を発展させる高校のほうが、記述が後退するのは筋が通らない。

 解説書は指導要領と違い、法的拘束力はないが、教科書を作る出版社や授業を行う教員の指針になる。今回の解説書では、出版社や教員にも竹島を軽視して構わないといった誤解を生みかねない。

 今回は鳩山首相が最終的に判断したという。首相は野党時代、中学校解説書に竹島が盛り込まれたことに韓国が反発した際、「明記するのは当然」と話していた。その発言との整合性も取れまい。

 竹島の記述を今回見送った背景には、来年、日韓併合から100年の節目を迎えるため、韓国に配慮したと見る向きも多い。

 領土問題やそれを学校でどう教えるかということは、国の根幹にかかわる重要なテーマだ。韓国は大事な隣国だが、外交上の配慮でゆがめてはならない。

 竹島の領有権をめぐる問題の解決は容易ではない。だからこそ、国民に十分理解させ、国際社会に日本の立場を発信していける人材を育成する努力が欠かせない。

指導要領解説書をきちんとしても、教える現場が↓のように日教組によって歪められてしまう。
独島:北海道教職員組合「韓国の主張が正しい」
昨年、組合員らに資料を配布

 北海道の教職員団体「北海道教職員組合」が昨年11月、独島(日本名:竹島)の領有権問題に関し、「韓国側の主張が事実に基づいている」という資料を作成し、組合員らに配布していたことが、27日明らかになった。

 資料が配布されたのは、日本政府が中学校社会科の新学習指導要領の解説書で、独島に関する記述を盛り込んでから4カ月後のことだ。解説書に従って教科書の内容が変わっても、教育現場では「韓国の主張が正しい」と生徒たちに教えるよう指示するものだった。

 北海道教職員組合によると、昨年11月28日に配布した同組合の機関紙兼学習資料「北教」で、「歴史的な事実を冷静に読み解けば、韓国の主張が事実に基づいていることが明らかだ。島根県などが竹島の領有権を主張する行為は、日本の侵略や植民地支配を正当化する、極めて不当な行為だ」という内容が盛り込まれている。

 同組合は組合員数については公開していないが、北海道の教職員の組合加入率は約30%に達するとされている。

東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版




<おまけ>
論調も住所も一致する日本のマスコミと韓国のマスコミ(日本支社)の不思議な関係
朝日新聞東京本社 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
東亜日報     〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2

毎日新聞東京本社 〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
朝鮮日報     〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1

読売新聞東京本社 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
韓国日報     〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 8F

日本放送協会・NHK放送センター  〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
韓国放送公社・韓国放送公社(KBS) 〒150-0041 東京都渋谷区神南2-2-1 1NHK東館710-C
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

積み重ねが自らを苦しめ始める

日教組(日本教職員組合)が育て上げた世代が親にあたる現在の生徒たち。同じく日教組の育てた生徒たちの少し上の世代が若手教師という構図が今である。
戦後、日教組が自ら積み上げてきた毒によって、自ら苦しんでいる。そのようにも見える。
紹介する記事は、そのことを訴えているかのようです。
そろそろ気がついても良いのではないでしょうか?日教組の進めてきた共産化、社会主義化では、『人』、特に『心』は育たてられないと。
戦前のように教育勅語に習い、心を中心とした教育のあり方の素晴らしさを認めることから始め、日教組自らの手で改めて行って欲しいものです。
「無気力生徒に苦労」「いじめ隠されている」 若手教員、悩みを共有
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200912070182.html
2009年12月7日 asahi.com

 20~30代の教職員が現場での悩みを出し合う会合が11月28~29日、東京であり、各地から約300人が集まった。現在、学校現場の教員は40歳代後半から50代が多く、若手は少数派。同世代で話し合う場が少ないため、日本教職員組合の青年部が組合員に呼びかけて開いた。

 会合は十数人ずつの班に分かれ、計7時間半にわたって開かれた。

 小学校の女性教員は「荒れる学校」の悩みを報告した。授業を妨害したり、備品を壊したりする生徒に「夢」をたずねると、返ってきた答えは「立派な不良になること」。親は子どもの教育に無関心で放任しているという。「目標や価値を見いだせない生徒や、話し合いができない親にどう接すればいいのか」

 参加者からは「信用できる大人が増えれば子どもも変わる。フォローしてくれた先生に心を開いた例もある」「教員同士が話し合って役割を決めては」といった意見が出た。

 全校で30人余りしかいない小規模中学に勤める教員2年目の養護教諭は「長い間変わらない人間関係のなかで、友人と合わなくて悩んでいる子どもがいる。経験不足の私は話を聴いてあげることしかできないのが情けない……」と話した。

 九州の高校教員は「なにもやりたくない、つまらない」という無気力な生徒への対応で苦労しているという。参加者からは「うちにもそういう子がいる」「小学生でも外で遊ばない子が増えてきた」と「元気がない子ども」の話が続く。

 13年目の教師は「これまでで一番変わったのは職員室。新人の頃は先輩がすごく気にかけてくれたけど、今はみんな自分のことで精いっぱいです。もっと雰囲気を良くしたい」。

 「管理職が逃げ腰だ」「兄や姉が不登校だと影響が出るかもしれない」「『いじられ役』という言葉で、いじめが隠されている」。事例を交えて語り合い、会合は閉じた。(上野創)
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 思うのは私だけ? - ジャンル : 政治・経済

正義のない人だから、気持ち悪くなったんだね

民主党政権となり日教組の思惑に従って日本の教育が破壊されてゆく。「心のノート」に関する記事から、やり方、見せ方、仕分け人、とにかく問題の多すぎた事業仕分けを振り返ってみる。
既定路線通り、道徳教育は縮減 事業仕分け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091117-00000502-san-pol
2009年11月17日00時16分 産経新聞

 16日の政府の行政刷新会議の仕分けの作業では、文部科学省が10億6千万円を要求した道徳教育関連予算が対象となり、3分の1から半額を縮減する結論となった。新教育基本法に基づく新学習指導要領は、道徳教育について教育活動全体を通じて行うと明確化し、文科省は近年、規範意識の重視をはじめ道徳教育の充実をはかってきたが、この方針に逆行する流れが生じている。

 この日、やり玉にあがったのは、小中学生全員を対象に計約500万部が無償配布されている補助教材「心のノート」だ。日教組を有力な支持団体とする民主党政権はすでに、全員配布を廃止してインターネットでの掲載とし、冊子化を希望する自治体に財政支援する仕組みに変えている。

 議論では、藤原和博東京学芸大客員教授が「心のノート」について「あるべき心の見本市で、すごく気持ち悪い。副読本は多数出版されており、国が強制する根拠はない」と廃止を主張。中村桂子JT生命誌研究館館長は「使いたければ使うのはいいが国の事業としては終止符を打つ」と、国の支出を疑問視した。

 一方、「道徳教育の進め方は意見が分かれる」(枝野幸男民主党元政調会長)、「心のノートの内容の良しあしを言うのは自由だ」(蓮舫(れんほう)参院議員)など内容の賛否には踏み込まない意見もあったが、結局、予算縮減は既定路線だったようだ。道徳教育そのものが廃止と判断されはしなかったが、地域や学校に任せつつ縮小させていくことになった。

心のノート「気持ち悪い」に反論 正義教育
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091206-00000517-san-soci
2009年12月6日17時51分配信 産経新聞

 文部科学省の道徳の副教材「心のノート」をめぐり、政府の行政刷新会議の仕分け作業で仕分け人が、「正義」を取り上げたページなどを例に「あるべき心の見本市で気持ち悪い」などと批判した。一方、学校では暴力行為が増加、ネット上の中傷などいじめが陰湿化する中で、「正義は学級運営の基本」との意見もある。正義をどう教えるか識者らに聞いた。

 「心のノート」をめぐり、「気持ち悪い」と批判されたのは先月の行政刷新会議の仕分け作業。仕分け人の一人で、元東京都杉並区立和田中学校長の藤原和博氏が、中学生用の「心のノート」に出てくる「この学級に正義はあるか!」と正義をテーマにしたページを例などにし、「あるべき心の見本市ですごく気持ち悪い。副読本は多数出版されており国が強制する根拠はない」などと批判した。

 これに対し、『「命の授業」の視点を授業する』(明治図書)など道徳関連の著書がある北海道雄武(おうむ)町立雄武中学校長の長野藤夫氏は「公立中学校長経験者とは思えない非論理的な言葉。日教組が道徳教育を否定・拒否しながら『あるべき心』を徹底的に破壊してきたために今、『あるべき心の見本市』が必要になったということを理解できていない。教師さえ学習指導要領だけでは具体的にどのように教えればいいのか分からないのが実情だ」と指摘する。

 また全日本中学校道徳教育研究会会長の東京都台東区立駒形中学校長、木村俊二氏は「いじめでは傍観者となる子供たちの問題もある。正義について、こういう時代だからこそ取り上げる意味がある。うわべだけの正義でなく、しっかり考えさせることが必要」とし、「道徳の副読本は文学的な読み物が多かったが、心のノートはイラストや詩なども多くし、子供たちの感性や視覚的に訴え、考える工夫がされている。道徳の授業だけでなく保護者会などでも紹介し、家庭を含めさまざまな場面で活用できる」と話す。

 教師出身で生徒指導に詳しい参院議員、義家弘介氏は、「心のノート」に取り上げられた会津藩士の心構えを定めた「什(じゆう)の掟(おきて)」(虚言(うそ)をいう事はなりませぬ/卑怯(ひきょう)な振る舞いをしてはなりませぬ…)を例に次のように指摘する。

 「正義感は、言葉にしにくいが武士道から続く本質的な公徳心だと思う。若い教師と話すが、日本人が長い歴史の中で大切にしてきた正義感というものを語られずに育っている。どういうものを正義としてとらえ、尊(たっと)んできたのか伝える。もちろん伝えたから正義感いっぱいの子供が育つわけではないが、あるとき、『そういえば学校の先生が口を酸っぱくして正義を説いていた』と気づく。民主党は費用対効果でやっているが教育の効果は長い時間かけ醸成され、よりよきものになっていくものもある」と話す。

 また教師時代の経験を踏まえ、「クラスを持っていると一日にいくつも不正義が起きる。生徒をしかること、認めることを繰り返すことによってクラスの正義が育まれる。正義というのはホームルーム運営の大原則だ」と話す。

 ■心のノート 神戸の連続児童殺傷事件や西鉄バス乗っ取り事件など少年事件が相次いだことを受け、心理学者の河合隼雄氏の監修で平成14年に文科省が作成。全国の小中学生全員に配布されている。小学校低、中、高学年と中学生用の4種類がある。文科省は来年度概算要求で全員配布をやめ、文科省ホームページに掲載し、必要な学校や教員が自分でプリントアウトして使い、印刷費を助成する方式にした。行政刷新会議の事業仕分けではさらに縮減とされた。
以下に紹介する記事から、藤原和博氏は、仕分け人には相応しくない人だったように思う。仕分け人って誰が仕分けして仕分け人に任命責任したのだろうか?
あの藤原和博氏が杉並・和田中で行った本当のこと~独断専行と公教育の破壊
http://www.news.janjan.jp/culture/0810/0810089013/1.php
2008/10/10 JANJAN 渡辺容子

 東京・杉並の和田中の校長に就任した藤原和博氏は、「夜スぺ」などでマスコミの話題を集めたが、保護者との関係や教育のあり方などで実に様々な問題を起こしてきた。しかしマスメディアは、そうしたことにはほとんど触れない。地元住民の1人として見た藤原氏の「改革」の実態、「教育への姿勢」を報告する。

つづきは是非、こちらのソース
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。