クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

日本統治時代を知る人の言葉が真実

日本統治時代を知る生き証人の言葉は、大変貴重だと思います。
【日韓併合談話】日本の謝罪などいらない 韓国保守派の嘆きと憤慨
2010.8.28 07:00 産経ニュース

 日韓併合100年にあたっての菅直人首相の談話について、日本統治時代を知る元韓国空軍大佐の崔三然氏(81)がインタビューに応じ、「これは日本の首相としては失格だ。かえって互いの信頼を失う結果になる」と危惧の念を表明した。主なやりとりは次の通り。(聞き手 軍事ジャーナリスト・鍛冶俊樹氏)

 --8月10日に菅首相が日韓併合100年にあたっての談話を発表しました。これについての考えは

「これは日本の首相としては失格ですよ。日本人としての立場を弁えていない。併合から100年、戦後65年も過ぎたのに、今さらどういうポジションでああいうことをしゃべっているか、さっぱりわかりません。もうこれは日本の終末ですね」

 --内容的には1995年の村山富市首相談話の繰り返しだとも言われるが

「いやもっとひどいですよ。村山談話は単なる謝罪であって、そこから共生を目指すともいえる。菅談話は、その次に出て来るものは日韓基本条約の無効ですよ。そもそも植民地というのは15世紀から始まりました。近現代史というのは人類における植民地時代だともいえる。世界中至る所、植民地だらけでした」

 --確かに世界史の地図帳を見るとその通りですね

「アフリカなどは植民地時代が終わっても貧困からなかなか抜け出せない状態です。では植民地から近代的な経済発展を遂げたのはどこですか。韓国と台湾ですよ。ともに日本の植民地だった所です。他に香港とシンガポールがありますが、ここは英国のいわば天領でした。インドは英国の植民地として代表的ですが、インフラが整備されておらず、なかなか経済発展ができなかった。今、インドは経済発展しているといわれますがそれでも1人当たりのGDPは890ドル、識字率も64%に過ぎません」

 --韓国と台湾は日本統治時代にインフラが整備されていたと

「戦前、鉄道、水道、電気などの設備は日本国内と大差なかった。これは諸外国の植民地経営と非常に違うところです。諸外国は植民地からは一方的に搾取するだけでした。日本は国内の税金を植民地のインフラ整備に投入したのです。だから住民の生活水準にも本土とそれほどの差がありませんでした」

 --教育はどうでしたか

「私は日本統治時代の教育も受けました。当時、日本国内で行われていた学校教育と差がありませんでした。また日本の陸軍士官学校には朝鮮人の入学を認めていました。当時の諸外国では自国の陸軍士官学校に植民地の人間の入学を認めたりしませんでした。つまり日本は教育においても差別をしていなかった。当時の諸外国は本国と植民地を明確に差別していました。植民地とは搾取の対象として経営するものであって差別されて当然でした。日本は差別をしないように併合したわけで、いわゆる諸外国の植民地支配とはまったく違っていた」

 --諸外国こそ謝罪すべきなのに日本ばかりが謝罪しなければならないのはどういう訳でしょうか

「今ごろになって植民地だとか侵略だとか言っていますが、これには中国の戦略が背景にあるのです。中国の戦略は日本の再起を不能にし、日本が韓国や台湾と連携するのを阻止することです」

 --そういえば日米同盟や米韓同盟はあるのに日韓同盟や日台同盟はありません。日韓などは米軍基地の位置関係からみれば事実上同盟国といっていいほど近接しているのに同盟条約は結ばれていません

「日韓同盟こそ中国や北朝鮮が最も恐れている同盟です。だからこれを抑制し妨害するために中国は全力を挙げています。それに対して日本は対応を誤っていると言わざるをえません」

 --日本が謝罪をしないから両国の溝は埋まらないなどと言っていますが、村山談話以降も日韓関係も日中関係もかえって悪化しました。韓国は竹島の領有化を進めてきましたし、中国も前よりも一層、歴史認識問題を持ち出すようになりました

「日本人は謝れば、韓国や中国、北朝鮮が許してくれると思い込んでいるようですが、大きな間違いです。はじめから狙いは別の所にありますから、もともと許す気などない。中国の大戦略は日米韓の連携を極力抑え込むことです。だから歴史問題をことさら大きく見せかけて大ぼらを吹く。私が勉強した所ではそのどれも大した問題ではない。たとえば東京裁判のA級戦犯は日本の国内法で赦免されている。赦免された以上、もはや犯罪人ではありません。つまり日本にはA級だろうとB級、C級だろうともはや戦犯はいないのです。にもかかわらず、A級戦犯が合祀(ごうし)されているから靖国神社に行くなと言うのはこじつけです。

 講和というのは過去とけじめをつけることです。日中平和友好条約とか日韓基本条約を結ぶということはこれで過去の問題を清算し仲直りをするという約束であり、過去を蒸し返したりするのはおかしいのです」

 --日本政府は韓国への「補償」問題を見直そうとしているようです

「日韓についていえば、過去のあらゆる補償問題は解決済みです。だから見直す必要などない。ところが日本人は潔癖症だから相手が少しでも文句をいうと、また謝って金を出そうかという話になる」

 --潔癖症がかえってあだになっているわけですね

「日本人の道理とか正義感は大陸ではまったく通用しません」

 --具体的にはどういうことでしょう

「日本人の持っている倫理、正義、道徳、順法精神などは人類普遍の価値であり、とても秀でています。日本国内ではこれらの価値は尊重されよく守られています。ところが日本を一歩外に出ると泥棒や詐欺師がいっぱいですよ。そのことに日本人は気付いていない」

 --韓国では、どうですか

「朝鮮半島はいまだに南北に分断されたままです。つまりいまだに戦争状態です。だから北朝鮮はしきりに韓国に対し政治工作を仕掛けます。そういう状態を日本の政府はどれだけ理解しているのか。そこを理解せずにただ日本が頭を下げても日韓は決して仲良くなれません。日本が頭を下げると日本の体面は丸つぶれになります。大陸や半島では体面やメンツはとても大切なものでこれを失えばどんどん侮辱されます」

 --日本では体面とかメンツという言葉はもはや死語ですね

「日本では頭を下げれば謙虚な人だと尊敬されますが、大陸や半島ではどんどんやられます。結局日本人は内心、韓国人を嫌うようになります。かえって互いの信頼を失う結果になります」

 --そういえば最近のことですが、こんな話を聞きました。ある日本人の女性社員ですが、韓国の会社との契約をまとめるのに成功しました。それは良かったのですが、商談が成立した途端、韓国人の男性社員が『日本は過去の問題について謝罪していない。けしからん』とまくしたてたそうです。相手は大事なお客さまですから言い返すわけにもいかず、黙って聞くより仕方がなかったけれど、内心韓国をとても嫌いになったそうです。そのことを年輩の日本人男性に話したところ『だから韓国とは付き合わない方がいいんだ』といわれたそうです

「それこそまさに中国の思うつぼです。中国の戦略の狙いはそこにあるのですから」

 --日本はやたらに頭を下げるべきではないわけですね

「世界的にみると植民地支配を受けた側には恨みや憎悪もありますが、逆に宗主国に尊敬の念を抱く場合もあります。インド人が英国文化に尊敬の念を抱いたりします。台湾や韓国でも『あの時代はカギも掛けずに夜寝られた』という年輩の人はたくさんいます。しかし若い世代はそんな時代は知りませんから、憎悪の感情だけが先走ってしまう。つまり日本が謝罪するとこうした日韓の根底にある古き良き思い出が消されて、憎悪だけが残るのです。日本だって米国に原爆を落とされ、占領されて米国に対する憎悪の感情はあるでしょう。しかしそんな過去の恨み節ばかり言っていたらどうなりますか。日米関係は悪くなりますよ」

 --そういえば最近、米国に原爆投下の謝罪を求める動きがありますね

「中国はとにかく日本を孤立させようと躍起です。ああいうやり方は結局中国のためにもならないと思いますが、中国は外国を抑え込むことばかり考えていて、自国を改革しようとはしません」

 --中国国内にも問題山積なのに、その認識すら危うい感じですね

「北朝鮮問題でも陰にいるのは中国です。中国は6カ国協議の議長国ですが、この協議で何の成果がありましたか。北朝鮮に核ミサイルを開発する時間と支援を与えただけです。そして北朝鮮が韓国の哨戒艦を撃沈して40人以上の韓国人が犠牲になったのに、中国の反対で国連で制裁も課せられない。こんなやり方をしていたらやがてどこの国も中国を信用しなくなりますよ。こんなやり方はかえって中国の足かせになるのですが、そこを中国は理解できない」

 --そういえば米国の中国への対応も変わってきたように感じます。南シナ海でベトナムと合同軍事演習をやり今度は黄海で韓国と合同軍事演習をやると言っています。中国は反発していますね。ついこの間まで中国に気を使っていた米国ですが、ここに来て様変わりです

「韓国でも実際は中国の脅威をひしひしと感じているのですよ」

 --北朝鮮と中国の関係はどうなんでしょうか

「今北朝鮮を支配している連中は、要するに中国の馬賊・匪賊(ひぞく)ですよ」

 --そうなんですか

「金正日の父親の金日成は戦前、満州人として育ったのです。本名は金聖柱、朝鮮語よりも中国語の方が堪能で、匪賊として荒らしまわっていた。1945年に朝鮮北部を占領したソ連軍によって、すでに抗日の英雄として伝説になっていた金日成将軍に仕立て上げられたのです。つまり偽金日成です。本当の金日成将軍は私たちが少年時代に朝鮮北部でうわさを耳にした人物ですが、当時33歳の若造だった金聖柱のはずはない。本当の金日成は日本の陸軍士官学校を21期で卒業して後に独立運動に転身した金光瑞だといわれています」

 --旧ソ連が抗日英雄伝説を利用したわけですね

「中国にいたチンピラみたいのが今の北朝鮮を支配しているのです。だからまともな政治などできるわけはないし、経済はメチャメチャです。ところが韓国の今の若者の中には北朝鮮にだまされて正しい政権だと信じている者が少なくないのです。嘆かわしい限りです」

 --親北派ですね

「そうです。世論の動向次第では親北派が主導権を握り北朝鮮中心の南北統一もありうる情勢です。もしそうなったら大変なことです。これを阻止するためにも日韓は連携を強めなければいけないと思います」

 --今日はありがとうございました

〈崔氏のプロフィル〉

 崔三然(さい・さんぜん) 1928年、朝鮮半島北部の感興生まれ。戦後、韓国空軍に入隊、朝鮮戦争を戦った。大学では英文学、大学院で行政学を専攻。軍の要職を歴任して1971年、空軍大佐で退役。その後、オーディオ部品メーカーの経営に参画。工業商品の品質管理機関役員、潤滑油工業協会副会長を歴任し、世界各国の経済、政治状況を視察し、韓国工業の基盤確立のため尽力した。現在、日韓両国をはじめとする幅広い世界的人材交流に取り組んでいる。

〈聞き手のプロフィール〉

鍛冶俊樹(かじ・としき) 昭和32年、広島県生まれ。埼玉大学教養学部卒業後、航空自衛隊に幹部候補生として入隊、11年間勤務し、1等空尉で退職後、文筆活動に転身。平成7年、論文「日本の安全保障の現在と未来」が第1回読売論壇新人賞入選。主著に「戦争の常識」「エシュロンと情報戦争」(いずれも文春新書)がある。
ある年代以上の人は、日本統治時代がどうだったかを良く知っているはずですが、口にすることができない国内の情勢なのだろうと思います。政府を上げて、韓国内の日本に好意的な人たちを弾圧しているのではないでしょうか?

参考:「親日派」土地の没収終了 韓国政府、170億円相当 2010.7.18 17:11 産経ニュース

韓国側のこういう日本統治時代を知る年代の方が存命中に、沢山の方にインタビューを敢行して欲しいものです。
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

日本の正史を取り戻そう(その4)

夏休みも残り僅かになってきた。時間があれば是非ご覧いただきたい。映画「燐として愛」を紹介します。
この映画で、自虐史観から抜け出しましょう。

動画の前に、高村光太郎さんの詩を紹介します。
 鮮明な冬   この世は一新せられた。
  黒船以来の総決算の時が来た。
  民族の育ちがそれを可能にした。
  長い間こづきまはされながら、
  なめられながら、しぼられながら、
  仮装舞踏会まで敢てしながら、
  彼等に学び得るかぎり学び、
  彼等の力を隅から隅まで測量し、
  彼等のえげつなさを満喫したのだ。
  今こそ古しへにかへり、
  源にさかのぼり、
  一瀉千里に奔流となり得る日が来た。
  われら民族の此の世に在るいはれが
  はじめて人の目に形となるのだ。
  ひよどりが鳴いてゐる、冬である。
  山茶花が散ってゐる、冬である。
  だが昨日は遠い昔であり、
  天然までが我にかへった鮮明な冬である。

※昭和16年12月10日作、昭和17年1月の『改造』に発表
赤字部分は、映画「燐として愛」の本編中にて、朗読される部分です。

燐として愛

そして、この映画は遊就館で上映し、中国、韓国の抗議によって封印された幻の動画です。

もう1つ詩を紹介します。
 十二月八日   記憶せよ、十二月八日。
  この日世界の歴史あらたまる。
  アングロ サクソンの主権、
  この日東亜の陸と海に否定さる。
  否定するものは彼等のジャパン、
  眇たる東海の国にして
  また神の国たる日本なり。
  そを治しめたまふ明津御神なり。
  世界の富を壟断するもの、
  強豪米英一族の力、
  われらの国に於て否定さる。
  われらの否定は義による。
  東亜を東亜にかへせといふのみ。
  彼等の搾取に隣邦ことごとく痩せたり。
  われらまさに其の爪牙を摧かんとす。
  われら自ら力を養ひてひとたび起つ。
  老若男女みな兵なり。
  大敵非をさとるに至るまでわれらは戦ふ。
  世界の歴史を両断する。
  十二月八日を記憶せよ。

※『十二月八日』の詩は、昭和16年12月10日作、昭和17年1月号の『婦人朝日』に発表
日本人は、8月15日よりも、この12月8日の意味を良く理解すべきと思います。
そして、12月8日には、先人の偉業を振り返り、先人に恥じない生き方をしているか自らの襟を正す日にしてはどうだろうか?
と思います。

※今回、ご紹介した詩は、『もがりぶえ』という掲示板の《こちら》から引用させていただきました。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

謝罪談話は悪い結果しか招いていない

菅談話は、韓国側を勢い付けただけで、日本の国益や未来思考の日韓関係とは程遠い結果を次々と呼び起こしただけと言っていいと思います。発表した菅氏や、裏で糸を引いた仙谷氏はどう取られて捉えているのだろうか?
日本の正史は一切無視して韓国の捏造史に迎合するのはいい加減に止めてもらいたい。何よりも今居る権力の座から一刻も早く降りて欲しいものです。嘘も百回言えば真実となるを932回も毎週水曜日にソウルの日本大使館前で抗議集会をしているとのこと。凄いエネルギーです。
元慰安婦が謝罪と賠償要求 併合100年の抗議集会
2010.8.25 21:22 産経ニュース

 日本の植民地時代に従軍慰安婦にされた韓国人女性と支援者らが25日、ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に行っている定例の抗議集会を開き、29日に日韓併合100年を迎えるのに合わせて日本政府の公式謝罪と賠償をあらためて求めた。

 主催は市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」で、集会は今回で932回目。雨の中、約70人が参加。昨年死去した金大中元大統領の李姫鎬夫人ら韓国の各界代表と、日本の市民団体や沖縄の女性有志らが慰安婦問題の早期解決を求めた宣言文を日本大使館に渡した。

 集会では、併合100年に関する菅直人首相談話をめぐり「(1995年の)村山富市首相談話を越えられず、失望感と憤怒を禁じ得ない」と批判した。
従軍慰安婦にされた韓国人女性というのですが、インターネットで得られる情報とは随分と違っているようです。
大爆笑!韓国政府が自爆!慰安婦の正体を暴露!(最悪)
韓国は昔も今も○○・○○○大国!
民族の持つ特質なのでしょうか?

捏造に対して、日本が既に終わっている補償をするようなことは無しして欲しい。

逆に日本はこういうことを受けていた史実を、風化させてはならないと思う。
朝鮮半島引き上げ時の日本女性の悲劇 1 「二日市保養所」 ←←←必見
朝鮮半島引き上げ時の日本女性の悲劇 2 「竹の森遠く」 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 大手メディアが伝えない情報 - ジャンル : ニュース

日本の正史を取り戻そう(その3)

日本は併合に乗り気ではなかった。「清」が自国に組入れることをせずに属国としていた朝鮮国(後に大韓帝国)。乗り気でない伊藤博文が暗殺され、頼まれて併合したのであって侵略ではない。その史実を取り違えてはならない。
韓国併合 伊藤博文のメモ見つかる
8月22日 6時43分 NHKニュース

日本による韓国併合から、22日で100年です。初代の韓国統監を務めた伊藤博文が併合前に記した自筆のメモが、福岡市内で見つかり、専門家は、伊藤博文が併合に否定的だったことを裏付ける新たな史料として注目しています。

K10034921011_1008220715_1008220716_01.jpg

伊藤博文の自筆のメモは、韓国併合の5年前の1905年11月、韓国を日本の保護国とする「第二次日韓協約」の調印交渉で通訳を務めた、前間恭作氏が持ち帰り、その後、遺族が福岡市内の自宅で保管していました。メモは2点あり、交渉の様子などを記した前間氏の手記とともに、先日、遺族が九州大学に寄贈しました。このうちの1つのメモには、「韓国の富強の実を認むるに至る迄」という記述があります。これについて、伊藤博文研究の第一人者の、京都大学の伊藤之雄教授は、「この時点で、伊藤博文は、韓国を保護国とするのは韓国の国力がつくまでで、併合という考えには否定的だったことを裏付ける新たな史料だ」と注目しています。もう1つのメモは、当時の桂太郎総理大臣あてに交渉結果を報告した電報の、伊藤博文自筆の下書きで、統監には外交官を命ぜらるべしという内容の記述の上に、線が引かれ消されています。前間氏の手記には、初代の韓国統監に外交官を任命する当初の方針を変更し、この下書きの執筆中に、伊藤博文がみずから就任することを決意したと記されています。伊藤教授は、「交渉が予想以上に難航し、自分以外に統監は務まらないと、電報文を書く段階になって就任を決意したことを示す貴重な資料だ」と話しています。九州大学は、この伊藤博文の自筆のメモを、年内にも一般公開する予定です。


【参考】
日韓併合の真実
韓国の歴史歪曲検証:伊藤博文と安重根「朝鮮併合の真実」
日韓併合前後 朝鮮半島写真館
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

日本の正史を取り戻そう(その2)

日本はまず自国の近代史を正しく認識し直す必要がある。日本の正しい歴史を理解していれば、謝罪談話もあり得ないし、靖国に代わる施設もあり得ないことに気が付くだろう。一方的な捏造史にも毅然とした態度をとれる。いや、毅然とした態度を取らざるを得ないし、靖国にも参拝せざるを得ないようになるだろう。
戦後に戦勝国によって塗り替えられた歴史から抜け出し、偉業を成し遂げた日本の先人や世界に誇れる日本の精神を正しく理解し、誇りや威厳を取り戻す必要がある。

東條英機さんの最期


プライド-運命の瞬間-


日本の先人の成し遂げた偉業について解説します。
歴史を遡って明治維新の頃の世界は、欧米列強による植民地支配であり、白人による有色人種からの搾取の時代でした。そして、当時の日本人は欧米の「帝国主義」とは、強盗の規模を国家レベルに大きくしたものであることを見抜いていました。欧米列強が目指す世界は、白人による全世界の植民地支配の完成であったが、初めて有色人種が白人と戦った日露戦争において、日本が大国ロシアを破った。有色人種が白人に勝ったことで、アジア、アフリカの希望の星となった。ネルー(インド)、孫文(中華民国)も自分の事のように感激したとのこと。しかし、この勝利は欧米列強(当時の全世界)を敵に廻すことになりました。
プロイセンの将軍クラウゼビッツは、その著書「戦争論」で、戦争は政治の延長であり、戦争の勝者は政治目的を達成した者であると述べています。大東亜戦争を戦った日本の目的は大東亜共栄圏=アジアの解放であり、現在のアジアを見渡すとその目的は達成されたといえます。
 米国:フィリピン
 英国:シンガポール・マレーシア、ビルマ(ミャンマー)
 蘭国:インドネシア
1941~42年前半にかけて日本は欧米列強を全てアジアから追い落とした。日本軍が目の前で白人に勝利する姿は、アジアの人々に大きな自信を与えることになった。つまり、大東亜戦争で真の戦勝国は日本だったのです。

話は変わりますが、欧米の後を追って日本が富国強兵をしていく上で、徹底したことは兵士の教育でした。正々堂々と戦うこととして、兵士の制服で戦い兵士の格好をした者と戦うことや、卑怯なことをしないということで現地住民から物資の搾取などをしないことを一番厳しく叩き込んだそうです。恐らくその下地は教育勅語によって、日本人のあり方をしっかり示していたことが大きいと思います。過去から現在までの世界中の兵士の中で、当時の日本兵が一番紳士的だっただろうと思います。

応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 大手メディアが伝えない情報 - ジャンル : ニュース

日本の正史を取り戻そう(その1)

韓国メデイアによると反省のない日本人の姿に映っているとのことだが、真実の近代史を知る日本人にとって、韓国の姿は、感謝の無い韓国と映っている。
韓国や中国は、仮想敵国のような相手を用意し、事あるごとに日本を糾弾し憎しみや恐怖を煽ることで、国民をまとめるという手法をとっている。政治も教育もそれに従っているから、韓国や中国に都合の悪い歴史(真実)は、韓国や中国に都合良く改変・捏造される。そういう視点に立脚すれば、侵略戦争、大量虐殺、強制連行、従軍慰安婦などは、都合の良い捏造であると良く判るはずだ。そして、これに迎合する日本の政治家や学者、教育関係者に言っておきたい、『後世の日本を担う日本人、つまり、ご自分たちの子や孫たちに対して、胸を張って日本の誇りを守り抜いた』といえるのでしょうか? それとも、『韓国や中国のいう歴史を守り、日本は誇りも自信も持たぬように努力した』とでもいうのでしょうか?
「日本がハングルを学校で教えた」に、反省のない日本人の姿-韓国メデイア
2010/08/20(金) 11:46 サーチナ

 拓殖大学客員教授・藤岡信勝氏は18日、産経新聞のオンライン版で「日本がハングルを学校で教えた」と題する寄稿で、「朝鮮総督府は小学校段階からハングルを教える教科書を用意し、日本が建てた5200校の小学校で教えた。日本は朝鮮人から言葉を奪うどころか、朝鮮人が母国語の読み書きができるように文字を整備した」と述べた。この記事が、韓国内で波紋を広げている。

 韓国のメディアは、「日本の大学教授が妄言」と題して、この記事の内容を取り上げ、藤岡教授の文章は反省がない日本人の姿を代弁していると報じている。また、菅直人首相が日韓併合100年を迎え、10日に発表した談話についても藤岡教授は「わが国の先人の苦闘の歴史を冒涜(ぼうとく)するものである」と批判したと伝えている。

 また、同メディアでは、日本のネットユーザーたちが「インターネットにこんな記事が出てくることは、本当に感謝している」「正論が充実し、素晴らしいことである」「歴史認識が不足している菅直人政権に事実を言ってくれるだろう」「これこそが取り扱われてない真実」と反応したと伝えている。

 一方、韓国のポータルサイト「Ruliweb.com」の掲示板上でもこの話題が取り上げられており、韓国のネットユーザーからは「百済時代は朝鮮が日本に文化を教えた」「日本人は韓国語の母音すら発音できないはず」「それなりに新鮮な解釈」といった声が見られた。(編集担当:李信恵・山口幸治)
【正論】拓殖大学客員教授・藤岡信勝 日本がハングルを学校で教えた
「それなりに新鮮な解釈」とは、戦後伏せられた真実に触れたためではないでしょうか?
中国や韓国も真実の歴史に蓋をせず、自ら正しい歴史を理解して欲しいものです。日本の側も真実の歴史教育をし、日本の偉大さを理解し、誇りを取り戻すことが今一番必要だと思う。
他のアジアを見渡すと日本を仮想敵国のような扱いにせず、日露戦争から大東亜戦争に至る戦争によって、白人からの植民地支配から解放される切っ掛けを作ってくれた国として、素直に感謝と尊敬をしてくれている国もあることを忘れてはならない。

日本とパラオ ~歴史を越えた友情~


アジアの人は日本人をどう思ってるの?


全ての国と国が、お互いに感謝と尊敬を以て、協力し合える日が来て欲しいものです。


応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 大手メディアが伝えない情報 - ジャンル : ニュース

(談話発表)アホな事するなぁ

「アホな事するなぁ」とは、謝罪談話を発表したことが、ある先生の耳に入った際のコメントで、それを今回のタイトルにいただきました。
「アホな事するなぁ」全くその通りと思います。最も簡潔に今回の謝罪談話(日本国民裏切り談話)のことを言い表され、いつもながらにすごいなぁと感激しました。
謝罪談話は、29日(日韓併合百年)に、あるいは、15日(日本の敗戦日、韓国の光復節)といった何か意味のある日を狙うと思っていましたが、10日に行われました。きっと多くの日本国民の気が付いて、謝罪談話発表に対する大反対運動に発展する前に事を急いだものと思われます。菅直人、仙谷由人にとって、日本国や日本国民のことなどは、眼中に無いということ、日本国民のためにならない政党であるとハッキリ国民がしるところになったのではないかと思いました。
謝罪談話発表という犯した罪は大きい、また、画策がわかってから時間が無かったとはいえ、談話発表を阻止できなかった罪も大きいように思う。後者の罪は、いろんな意味で日韓併合百年などという節目を迎える年に民主党政権を誕生させてしまったことや、鳩山氏から菅氏への交代劇によっ極左政権を誕生させたこと、この談話発表までの様々なことも含んでのこと。

菅直人、仙谷由人の自己満足はさておき、謝罪談話を発表してどうだったのだろうか?謝罪相手は全く物足りないということを早々に伝えて来ています。
日韓併合100年:菅談話に韓国政界「不十分」「誠意疑う」
2010/08/11 09:49:10 朝鮮日報

 韓日併合100年に合わせた菅直人首相の談話に対し、韓国の政界では「一部進展はあった」という声がある一方で、「依然として不十分で、失望した」とも評されている。

 ハンナラ党の安亨奐(アン・ヒョンファン)報道官は10日、論評を通じ「菅首相が、韓日強制併合は韓国人の意に反していたと表現、朝鮮王室儀軌などを返還する意向を表明したことは、過去より一歩前進した動きと評価できる」と述べた。だが、「『強制併合条約の違法性』と『旧日本軍による慰安婦の強制連行』などについて具体的な言及がなかった点は、植民地支配を昨日のことのようにはっきりと記憶している韓国国民の気持ちを鎮めるには不十分」としている。そして、「歴史問題について虚心坦懐(たんかい)に話し合うことを土台に、未来志向的なパートナーシップを築くため、具体的に実践していかなければならない」と語った。

 民主党の全賢姫(チョン・ヒョンヒ)報道官は「韓日強制併合は根本的に無効であるという宣言が抜け落ちているほか、植民地支配時期の数多くの犠牲や、旧日本軍による慰安婦問題などに対する言及が全くない。その誠意に対し、疑いの目を向けざるを得ない」と述べた。その上で、「強制連行や慰安婦の被害補償問題などについて、誠意ある後続措置が伴うべき」と指摘した。

 自由先進党の朴宣映(パク・ソンヨン)報道官は「少々不十分な点はあるが、『痛切な反省と心からのおわび』と明言したことは歓迎する」と述べた。しかし、「韓国人の遺骨返還問題などは、人道的なものではなく『法的な問題』として早急に解決しなければ」ともしている。

 民主労働党のウ・ウィヨン報道官は「中身が抜け落ちた談話で、謝罪表明はリップサービスにすぎない。日本による韓国強制併合は、韓国だけの問題ではない。謝罪は北朝鮮に対しても当てはめられるべき」と述べた。

趙儀俊(チョ・ウィジュン)記者
韓国市民団体、日本首相「謝罪談話」に失望表明
8月10日14時22分配信 聯合ニュース

【ソウル10日聯合ニュース】日本の菅直人首相が10日に韓日併合100年を迎え植民地支配と関連し、「心からのおわび」を表明する談話を発表したが、韓国の市民団体は一斉に失望感を示した。また、日本政府が「朝鮮王室儀軌」など朝鮮半島由来の図書に対する返還意思を明らかにしたことに対しても、「当然のこと」だと厳しい評価を下した。
 勤労挺身隊として戦時に日本企業で労働を強いられた韓国人女性らの救済を求める市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」は、韓日併合100年という政治的に重要な時期の意味を見過ごした談話だとし、過去より進展した内容とは言い難いと評価した。

 植民地支配の被害者の補償問題に対する言及もない、言語的修辞にとどまったことが残念だとし、全体的な流れから見ると、韓国と日本間の不信と障壁を乗り越えるには不十分だったとした。

 太平洋戦争犠牲者遺族会も、「本当に期待に及ばない内容だ。日本が本当に反省しているのか疑わしい。談話にある『痛切な反省』も信じられない」と述べた。

 文化財返還と関連しては、国際法改正で日本が保有したくてもできなくなっていると指摘し、日本は韓国から持ち出した文化財をすべて返還すべきだと強調した。

 韓国挺身隊問題対策協議会もまた、植民地支配で苦痛を受けた被害者問題に対する明確な見解を明らかにせず、謝罪だけするのはまったく意味がないと強調。歴史問題を真実で解決しようとするなら、被害者への補償と立法措置を行うべきだと提案した。

 談話発表時期に対する批判の声も上がった。

 民族問題研究所の朴漢竜(パク・ハンヨン)研究室長は、謝罪談話文は8月15日か、併合条約締結日の同22日など歴史的な日に発表するのが原則だと指摘。その前に談話文を発表したのは、終戦記念日の15日を、韓国を排除した日本だけの行事にし、国恥日(8月29日、韓国併合条約公布日)は無視する意図があるようだと分析した。また、アジア諸国への植民地支配と侵略を謝罪した1995年の「村山談話」以上の内容はなく、「非常に失望しており、だまされた感じ」だと話した。

 一方、学界も「要点を避けた談話」と手厳しい評価を下す。金泳鎬(キム・ヨンホ)柳韓大学総長、李泰鎮(イ・テジン)ソウル大学名誉教授、姜万吉(カン・マンギル)高麗大学名誉教授らは、韓国併合条約の違法性を認めなかった点、慰安婦の強制動員への言及がなかった点などを挙げ、今回の談話は村山談話水準にとどまったと指摘した。
詫び続けても良い結果にならないことは、分かりきっていたことですが、考え方によっては村山談話を越えない内容で、肩すかしを喰らわせたということでしょうか?

韓国への謝罪談話を聞いた、中国もゴネ始めたようです。
韓国だけではない=首相談話で中国紙
8月11日11時48分配信 時事通信

 【北京時事】11日付中国紙・新京報は評論で、日韓併合100年の菅直人首相談話について、「日本の植民地支配で傷つけられたのは韓国だけではない。(北)朝鮮、中国や東南アジア諸国も苦しめられた」と指摘した。
 中国メディアは首相談話を軒並み大きく取り上げて注目。菅内閣の全閣僚が、15日の終戦記念日に靖国神社を参拝しない意向を表明したことも伝えている。インターネット上には、「なぜ韓国だけなのか」「いつ中国にわびるのか」などと書き込まれ、国民も高い関心を示している。
民主党には政治も外交も無理なようです。早く衆議院解散して、正常な日本に戻してほしいものです。

続きを読む »

応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

首相談話に関する閣議決定の阻止を

菅氏、仙谷氏が勝手な思いでやっていることです。日韓併合100年で首相談話なんて「痛切な反省と心からのおわび」は、国民の総意じゃありません。そもそも発表自体も国民は求めておりません。
日韓併合100年で首相談話 植民地支配におわび
2010年8月9日(月)20:02 共同通信

 日韓併合100年を機に発表される菅直人首相談話の概要が9日、明らかになった。過去の植民地支配について「痛切な反省と心からのおわび」を表明。韓国が返還要求していた朝鮮半島由来の文化財について「引き渡す」と明言する。政府は、談話を10日に閣議決定して発表する方向で調整している。引き渡しは、日本の旧朝鮮総督府から宮内庁に直接移管された文化財が対象となる見通しだ。

首相談話に関する閣議決定を阻止する為に、国民新党の内閣府特命郵政改革,金融担当大臣,国民新党副代表に署名拒否をお願いすることが有効と思われます。下記連絡先やメールアドレスまたはメールフォームへも是非お願いいたします。

■自見庄三郎 国民新党副代表事務所
 TEL:03-6550-0901 093-531-1111 FAX:03-6551-0901  
 メールアドレス jimi@jimisun.com

■国民新党本部
 TEL:03-5275-2671 FAX:03-5275-2675
 メールフォーム http://www.kokumin.or.jp/opinion/
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

『「日韓併合100年」首相談話に反対』の署名情報

日韓併合談話の話は出始めは7月16日のこちらに記事だったように思います。
「日韓併合100年」政府見解検討…官房長官
2010年7月16日13時45分 読売新聞

仙谷官房長官は16日午前の閣議後の記者会見で、日韓併合から8月で100年となることに関し、「何らかの見解を示すものが必要かどうか、やるとすればどのようなものか、私の頭の中に入っているし、内閣官房で多少イメージはしている」と述べ、首相談話などの政府見解の発表を検討していることを明らかにした。
この↑記事から日数が経ち過ぎた気がするが今からでも談話に反対の声をもっと多くしてゆく必要があると思う。
「必要あるか大きな疑問」 谷垣氏、日韓併合100年談話批判
2010.8.6 10:20 産経ニュース

自民党の谷垣禎一総裁は5日の記者会見で、政府が29日の日韓併合100年に関する首相談話の発表を予定していることに対し「出す必要があるのかどうか、大きな疑問だ」と述べた。

仙谷由人官房長官が新たに個人補償を検討する考えを表明したことには「昭和40年締結の日韓基本条約とそれに伴う合意で解決された問題のはずだ。それを不用意に蒸し返すことは間違っている」と批判した。

また、保守系議員による超党派の議員連盟「創生『日本』」(会長・安倍晋三元首相)も5日、自民党本部で総会を開き、日韓併合100年に関する首相談話について「国民や歴史に対する重大な背信であり断じて容認できない」とする声明をまとめた。

声明は、談話で外交的、政治的な配慮をしても「問題が決着しないことは、過去の河野談話、村山談話の経緯が示している。政府の動きは両国関係を損ないこそすれ、何ら益するものではない」としている。
政権奪還の際に、村山談話を踏襲するかというマスコミの質問にハッキリと踏襲しない旨を答えて、過去の談話もいち早く無効化宣言して欲しいものです。
自虐史観から抜け出して、弱腰外交とも別れを告げましょう。

 創生「日本」より 「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名のお願い。

私たちは、「日韓併合百年」にあたり、官総理が「談話」を軽率に発表しようとすることに対し断固反対を表明するとともに、広く国民の方々に反対運動を呼びかけます。
創世「日本」の声明にご賛同いただけるかたは、以下のフォームよりご署名お願いします。
拙ブログ管理者も、早速署名してきました。

応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

韓国の期待も謝罪談話だ

韓国の期待している内容はやはり謝罪でした。仙谷由人官房長官の官房長官韓望聴官にした方がどこ向いて仕事している人か判りやすいのではないでしょうか?
「新時代開く歴史認識を」=首相談話に期待-韓国
2010/08/05-16:03 時事

 【ソウル時事】日本政府が日韓併合100年に当たり首相談話を発表する方向で調整に入ったことについて、韓国外交通商省の金英善報道官は5日の記者会見で、「両国の不幸な過去を克服し、新たな関係を開く重要な年に、日本政府が両国関係の新しい時代を開くという歴史認識で臨んでくれたら、日本国民だけでなく韓国国民からも評価されるだろう」と語った。
 金報道官はまた、仙谷由人官房長官が4日の記者会見で、日韓併合による植民地支配の過酷さを直視しなくてはいけないとの見解を表明したことに関し、「仙谷長官の信念と持論が反映された発言だと思うが、こうした認識が具体的な形となることを期待する」と述べた。
日本は韓国に対して、頭を垂れたまま、お詫び続けることを望んでいます。日本は詫びるような悪いことをしたんだから賠償するのも当然だというでしょう。悪いことした国だからどんな悪さをしてもいいんだというふうに、日本国内の治安が悪化するのではないでしょうか?韓国への旅行者も悪いことした国の人間というふうに見られるのではないでしょうか?これって未来志向の日韓関係なんでしょうか?

最近、NHKに企業のコマーシャルが無いことに問題が潜んでいるという気がしています。
受信料よって成り立つ放送協会ということで、スポンサーの広告料で成り立つ民放と異なるということです。簡単にいえば、企業のコマーシャルが無いことから、スポンサーに意向に左右されていないと見え、その報道内容や番組が偏っていない中立な内容と錯覚させらるということ。これで多くの国民は、ずっとNHKに騙され続けているのではないかと思いました。

さて、この謝罪談話に関して、NHKは 8月4日に談話に対して慎重論がでていることを伝えたのみで、『おわびを表明する首相談話を発表する方針を固めた。』とのことを伝えていません。
韓国併合めぐる談話 慎重論も
8月4日 4時28分 NHKニュース

日本による韓国併合から、今月で100年になることにあわせて、菅内閣は、新たな総理大臣談話を出すかどうか検討を進めていますが、与党内からは、慎重な対応を求める意見が出ており、難しい判断を迫られています。

菅内閣は、西暦1910年の日本による韓国併合から、今月下旬で100年になることにあわせて、過去の植民地支配に関する見解を示す新たな総理大臣談話を出し、未来志向の日韓関係を目指す外交姿勢を強調することができないか、検討を進めています。しかし、与党内からは、談話の内容によっては、日本政府が1965年に締結した日韓基本条約で解決済みとしている、戦後賠償の個人請求をめぐる議論に影響を与えかねないなどとして、慎重な対応を求める意見が出ています。こうした状況を踏まえ、仙谷官房長官は記者会見で、談話を出すか出さないかも含めて、与党側と協議したいという意向を示しています。ただ、韓国国内では、すでに日本の総理大臣談話に期待する声が出ていて、この段階で談話を出さないとなれば、反発を受けることも予想されるため、談話を出すのか出さないのか、出す場合にはどのような内容にするのか、菅内閣は難しい判断を迫られています。
慎重論があったことだけ伝えて、その後方針が固まったことは伝えていません。NHKは国民に対して、報道しない報道テロを敢行中のようです。変化する状況も知らず、反対の声を上げる間も無いままに、謝罪談話が発表されてしまいまそうです。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。