クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

いっぱいあります。スパコンの需要!!

 スパコンの記事をほんの少し集めました。複雑な計算とシュミレーションには欠かせないスパコン。能力が高ければ高いほど良い。常にランキングにさらされ、国力・技術力の良い指標でもある。とにかく資源を持たぬ我が国においては、国際社会において優位性を確保したい分野である。
地球の気候シュミレーション、温暖化のシュミレーション、原子炉や兵器、低燃費のエンジン開発などなど、スパコンの計算対象は枚挙に遑がない。それを日本が自前で持つことの意味を深く理解する必要がある。
まず、この記事、スパコンに力を入れる国の話。
◆米空軍、PS3ベースのスパコンを拡張~2200台購入しシステムを増強
更新2009年11月23日 18:57米国東部時間 usfl.com Multi-Media High-Tech Business News

 米国空軍は、研究用スーパーコンピュータ(スパコン)を拡張する目的で、2200台のソニー製ビデオゲーム機「プレイステーション(PS)3」を追加購入する計画だ。

 インフォメイション・ウィーク誌によると、米空軍はニューヨーク州ロームの空軍研究所(Air Force Research Laboratory)情報局でPS3を336台つないだシステムを既に稼動しており、新規購入分はそれに追加される。

 PS3のプロセッサー・アーキテクチャーである「セル・ブロードバンド・エンジン(Cell Broadband Engine)」駆動型のハードウェアとソフトウェアについて、軍システムにおける様々な用途を模索する。その一環として、同エンジン対応ソフトウェアを商業または内部使用向けに開発する。

 PS3クラスターを使ったこれまでの研究としては、複数のレイダー画像を高精細合成画像に変換する技術(合成開口レイダー画像作成)の試験をはじめ、高精細動画処理、脳に似た特性を持つコンピュータである神経形態学的電算(neuromorphic computing)の研究が挙げられる。

 PS3の8プロセッサー・セルは、世界で2番目に高速とされるIBMの「ロードランナー(RoadRunner)」(ロス・アラモス国立研究所)を含むスパコンに既に採用されている。

 米国防総省は6月、空軍の既存クラスター向けに11万8000ドルを追加投資してスパコン研究を支援する「高性能電算近代化プログラム(High Performance Computing Modernization Program)」の下、空軍の同研究に200万ドルを拠出した。

 さて、「スパコン」といえば、行政刷新会議の事業仕分けの話題にもなりますので、こちらの記事。
◆ノーベル賞野依氏 「歴史の法廷に立つ覚悟あるのか」 事業仕分けのスパコン予算カットに
2009.11.25 11:05 産経ニュース

 ノーベル化学賞受賞者で、理化学研究所の野依(のより)良治理事長が25日、自民党本部で開かれた同党文部科学部会に出席し、政府の行政刷新会議の「事業仕分け」作業で、次世代スーパーコンピューターの開発予算が事実上凍結されたことについて、「不用意に事業の廃止、凍結を主張する方には将来、歴史の法廷に立つ覚悟ができているのか問いたい」と痛烈に批判した。

 次世代スーパーコンピューターは、理化学研究所が主体で研究開発している。野依氏は「科学技術振興や教育はコストではなく投資だ。コストと投資を一緒くたに仕分けするのはあまりに見識を欠く。次世代スパコンはいったん凍結すると、瞬く間に各国に追い抜かれ、その影響は計り知れない」と強調した。

 また、「仕分け人」が「トップを取る意味はどれくらいあるか」などと質問したことに野依氏は「中国やアメリカから買えばいいというのは不見識だ。科学技術の頭脳にあたる部分を外国から買えば、その国への隷属を意味する」と述べ、「仕分け人」らの発想に疑念を示した。

この事業仕分けで避けて通れないのは、差し詰め蓮舫議員でしょうか。
Wikipediaによると、『蓮舫(れんほう、本名:村田(旧姓・斉藤)蓮舫[むらた れんほう]、旧名:謝蓮舫)、1967年11月28日 - )は、日本の政治家。参議院議員(1期)。日本語として正しくは連邦と同音の「れんぽう」だが、本人はれんほうを名乗っている。 元グラビアアイドル、元テレビ司会者である。』とあった。見られてなんぼ、うけてなんぼの世界から議員になった言わばタレント議員さん。
事業仕分けの過程についても、テレビカメラで中継されているので、かつての職場ような、何かの勘違いの上で、張り切っているのかとも思えてしまいます。それにしても事業仕分けですが、日本の国益という視点が全く欠如している。仕分人を仕分けできないものだろうか?と言いたくもなります。

 思うのは私だけかもしれませんが、事業仕分けの様子をテレビで放送するのは如何なものかと思います。理由は、事業仕分けチームがいじめっ子であり、事業を説明する側が言わばいじめられっ子になぞらえてみると、行政刷新会議によるイジメの様子を放送している?つまりイジメの様子を携帯で動画撮影し、その動画をネットに公開して問題になった事件と、どこが違うのだろうか?なんだかダブって見えてしまいます。
何よりもテレビの一番組のような感性で政治や行政を見せられ、それを見る国民に良い影響があると思えません。
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 思うのは私だけ? - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。