クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

中国に試される日本、政権交代の弊害?

日本の危機管理能力や即応性、国民の反応、日米の連携など、堂々とチェックしに来たのだと思います。北朝鮮のミサイル発射実験行われた時などは、米軍から情報提供があった旨の話はあるのですが、この一連の騒動に関しては、米国や米軍から情報提供があった云々のことが全く報道がないことが気味が悪いです。米中で話ができているのか?日米の関係が冷めきっているのか?ただ単に中国が日本周辺で好き放題しているのか?いずれにしても、日本が舐められていることは確かです。
中国海軍の動向分析
2010.4.30 19:56 産経ニュース

 インド訪問中の北沢俊美防衛相とアントニー国防相が30日、ニューデリー市内の国防省で会談した。北沢氏は日本周辺海域で活動が活発化している中国海軍の動向について「しっかりと情報収集し、分析していきたい」と表明した。両氏は国防費増大を続ける中国に対し、透明化を強く求めていくことでも一致した。

 中国海軍は4月上旬、艦艇10隻で沖ノ鳥島周辺を航行した上、艦載ヘリコプターが海上自衛隊の護衛艦に異常接近。北沢氏は「国際社会で責任ある行動を取るよう働き掛けていくことが重要だ」と指摘した。

 両氏は北朝鮮の核開発やミサイル発射について懸念を表明。北沢氏は拉致問題解決に向けた協力を要請しアントニー氏も「日本の考えや立場を共有している。全面解決に向け協力していきたい」と応じた。(共同)

中国海軍の潜水艦含む10隻が沖縄周辺の公海上を航行(10/04/13)


中国機が成田に無許可着陸、管制官と交信せず
2010年4月25日22時56分 読売新聞

 25日午後0時12分頃、成田空港に着陸直前だった中国・大連発の中国国際航空951便(ボーイング737―800型機、乗員乗客155人)と管制官との通信が途絶え、着陸許可を得ないまま着陸するトラブルがあった。

 前後の航空機とは間隔があり、衝突の危険性などはなかったが、国土交通省は無許可着陸に当たるとして、同社に口頭で注意を行った。

 国交省によると、中国国際航空機は、滑走路から約12キロの位置までは羽田空港のレーダー管制室とやり取りしており、午後0時9分に「以後は(成田空港の)管制塔と交信するように」との指示を受けた。通常なら同機が無線の周波数を切り替えて成田の管制塔と交信するが、約3分後、成田の管制官からの着陸許可を得ないままB滑走路に着陸した。この間、管制塔からは6回にわたり、同機に対して「こちら管制塔です」などと呼びかけていた。同機は着陸後まもなく管制塔との交信を始めたという。

 航空管制のルール上、管制官から着陸許可を得られない場合は、着陸をやり直す必要がある。同省では、同社から当時の状況について事情を聞く方針。
日本が中国にここまで舐められているというのに、鳩山首相は中国メディアを通じて抗議するでもなく取材に対して、万博期間中の訪中の意向を示したとのことです。
なんだかなぁ~。┐('~`;)┌
鳩山首相、「日中両国の距離を縮めたい」 万博期間中の訪中も希望
4月26日12時44分配信 サーチナ

 鳩山由紀夫首相がこのほど、中国メディア「中国新聞周刊」の取材を受け、「日米同盟を軸に日米関係を強化すると同時に、日中両国の距離を縮めていきたい」との意向を示した。中国新聞網が伝えた。

 記者から、鳩山家は曾祖父の時代から中国と密接な関係があったと指摘されると、鳩山首相は、「鳩山家は代々、日中友好のために努力してきた」と回答した。続けて、鳩山首相は自分の父である威一郎氏は外務大臣として日中平和友好条約の話し合いに参加したことや、妻である幸さんが上海生まれであることを紹介した。

 続けて鳩山首相は日中関係について、年内中に温家宝首相が訪日する予定であることを紹介し、ハイレベル交流を通じて日中関係をさらなる高みへ導きたいとの意向を示した。そのほか、5月1日に開幕する上海万博の開催期間中に訪中したいとの希望を述べた。

 また、現時点で日本と中国の間にある問題として、食品の安全性や東シナ海の資源開発問題を挙げ、「重要なのは問題を避けることではなく、真剣かつ冷静に対応することだ」と指摘。互いの違いを認め、互いを尊重し、友愛の精神で解決方法を模索することが重要だとした。

 また、日米関係について、鳩山首相は「日米同盟は日本の外交及び国家保障の基礎である」とし、日本は米国との緊密な協力関係を構築し、いっそうの関係強化を望んでいると述べた。(編集担当:畠山栄)

スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。