クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

口蹄疫被害、いつ終息するのか?

被害が拡がっている情報ばかりが聞こえて、終息の兆しが聞こえてきません。8日に49例目まで確認されたそうです。
鳩山首相の口から口蹄疫の話題は聞こえて来ませんし、赤松農林水産大臣は海外出張で、予定を返上して帰国することもなく、出張先から口蹄疫に関する指示が出されたというような報道もありません。「国民の生活が第一」という民主党、食の安全は国民の生活に直結しているという感覚も持ち合わせていないようです。
宮崎の口蹄疫、韓国・香港のウイルスと酷似
2010年5月7日19時29分 読売新聞

 農林水産省は7日、宮崎県で見つかった口蹄疫ウイルスを動物衛生研究所(本部・茨城県)と英国の家畜衛生研究所で分析した結果、韓国と香港で今年発生したウイルスと遺伝子が極めて似ていると発表した。

 どちらかから宮崎県に流入した可能性が高まった。

 発表によると、動物衛生研究所がウイルスの遺伝子の塩基配列を調べ、世界中の口蹄疫ウイルスの遺伝子データを集積している家畜衛生研究所に照合を依頼した。ただ、動物衛生研究所によると、ウイルスは感染するたびに変異するうえ、英国の研究所にすべてのウイルスのデータはないため、どちらから流入したのか特定は難しいという。
韓国の畜産関係者が宮崎に視察の訪れたりしてないのでしょうか?逆に日本の畜産関係者が韓国や香港を訪問していないでしょうか?視察などを受けり、視察に行くなど関係者なら判ることだろうと思います。韓国における口蹄疫の発生状況によると、O型の口蹄疫が確認されたのは2010年4月8日で、日本で確認された4月20日よりも早かった訳です。日本の食を守ることは、日本を守ることです。日本の食を守るという意味において、アジアで口蹄疫被害が拡がっている情報をいち早くキャッチし、日本への口蹄疫流入を水際で阻止する努力は指示できなかったのでしょうか?被害国の畜産関係者の入国情報や、国内畜産関係者への被害国への渡航情報などをキャッチし、検疫するなどの努力は行われなかったのでしょうか?
口蹄疫、人や車両を通じて感染か 宮崎県、拡大防止を確認
5月6日18時32分 中國新聞

 農林水産省の食料・農業・農村政策審議会牛豚等疾病小委員会の田原健委員長(鹿児島県家畜畜産物衛生指導協会専務理事)は6日、宮崎県で家畜の口蹄疫が広がっている問題について「ウイルスは人や車両などの移動で拡散している疑いが強い」との見方を示した。同委員会終了後、記者団に話した。

 小委員会はこの日、畜舎や車両の消毒を徹底するなど、豚などの口蹄疫の感染拡大防止策を確認した。

 宮崎県では5日までに川南町を中心に農家など計23カ所で感染疑い事例が見つかり、一部で感染が確認されている。小委員会は、感染の疑いがある農家に隣接した地域では口蹄疫が発生していないのに、離れた場所で発生していることなどから、ウイルスが風で運ばれている可能性は低いとしている。
人や車両に対して対策を講じられていますが終息に向かっていないようです。小委員会のメンバーは現場視察などをしたのでしょうか?視点を変えてスズメやカラス、ハトなどの鳥を疑ってみるのはどうでしょか?こぼれた飼料を目当てに鳥がやって来て、口蹄疫ウィルスのキャリアになっていないものでしょうか?

宮崎と隣接する県も対応を余儀なくされ、九州の畜産市場は窮地に追いやられています。
家畜市場、今月も中止 「感染防止を最優先」
2010年05月06日 くまにちコム

 宮崎県で家畜伝染病の口蹄[こうてい]疫が多発している問題で、閉鎖中の球磨家畜市場(錦町)を除く熊本県内5カ所の家畜市場は6日、4月下旬に続いて5月の競り市も中止することを決めた。県畜産農業協同組合連合会(県畜連)の試算では、4月分を含め牛と豚の計8200頭、約18億円分の取引ができなくなる。

 各市場を開設するJAや畜協の担当者らが熊本市の県畜連で協議。口蹄疫が熊本県に隣接するえびの市でも2例発生していることから「感染防止を最優先する」(県畜連業務部)として中止継続を申し合わせた。

 宮崎県の感染疑い例は5日現在で計23例。市場の再開時期は5月下旬に再度協議するが、出席者からは「宮崎県での10年前の発生と違い、今回は一向に終息の兆しが見えない」と焦りの声も出た。

 畜産農家には経済的打撃への不安が高まっている。菊池市の子牛生産者(55)は「出荷できないと収入が途絶える上、えさ代も余分にかかる。適正な出荷時期を過ぎて値が落ちるのも心配。競りが再開しても感染が広がっている現状では、九州の市場全体が買い手から敬遠される」と話した。

 九州農政局によると、九州では福岡県の1施設を除く6県計43カ所の家畜市場が開催を中止または延期している。(蔵原博康、田川里美)

口蹄疫 県内家畜市場 5月中は中止
2010/05/08付 西日本新聞朝刊

 宮崎県内で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の感染が広がっているのを受け、県は7日、JA全農おおいたが19、21日に予定していた家畜市場の開催を中止したと発表した。すでに11-13日に予定されていた市場の延期が決まっており、県内では5月中は市場が開催されないことになった。

 19日は北部家畜市場(杵築市)で乳用牛の子牛など280頭、21日は豊肥家畜市場(竹田市)で、和牛の雌牛150頭が取引される予定だった。
口蹄疫被害だけではありませんが、ちょっとぐらいや一度くらいの軽い投票結果による政権交代が、これほどまでに酷い今の状況を招いたわけです。昨年の衆議院選で民主党に一票を投じた方は、その責任を感じとってもらいたいものです。
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。