クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

スポーツ選手、タレント候補擁立、自演?転倒のの影で

参議院選挙も近づきつつあり、タレントやスポーツ選手から候補擁立、いわば知名度だけが売りの候補者擁立のニュース、そして、民主党三宅議員の自演?の転倒、テレビで扱いやすいニュースに多くの時間が割かれています。
ようやく口蹄疫の件もテレビで扱われるようになってはきましたが、実はもっと重要なことを隠すために、これらのニュースが使われているように感じます。それは次々に行われている亡国法案の強行や被害が収まらない口蹄疫問題など、日本国民の目から逸らしておくためかも知れない。なんとなくですがそのように思います。
地球温暖化対策基本法、衆院委員会で強行採決
2010.5.14 20:29 産経ニュース

 衆院環境委員会は14日、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する目標を明記した「地球温暖化対策基本法案」を与党の賛成多数で可決した。自民党は審議継続を求めたが、質疑を打ち切り、強行採決に踏み切った。

 野党側はこれまでの審議で、鳩山由紀夫首相の理念だけが先行した法案の不備を追及してきたが、政府・与党は結局、25%削減による国民生活や経済成長への影響などを明確には示さなかった。

 民主党執行部は、郵政改革法案や労働者派遣法改正案など審議の難航が見込まれる重要法案がめじろ押しの中、すでに政府・与党内で意見が一致している温暖化対策基本法案は「先行して粛々と処理する」(民主党幹部)考えで、同法案は今国会中に成立する公算が大きい。

 基本法案には25%削減の具体策として、暮らしに新たな負担を求める「地球温暖化対策税(環境税)」の導入を明記したほか、企業に温室効果ガスの排出削減を義務づけた上で削減量の過不足を売買する「国内排出量取引制度」を施行後1年以内に創設することなどが盛り込まれた。

与党が国会法改正案提出 野党は審議入り反対
2010/05/14 19:30 【共同通信】

 民主、社民、国民新の3党は14日午後、官僚答弁禁止や副大臣、政務官の増員を柱とする国会法改正案を野党側の反対を押し切って衆院に提出した。国会運営のルールを定める国会法改正は各党の合意を求めるのが慣例。野党側は強く反発しており、審議入りに反対する方針だ。民主党は「野党の合意を得る努力は続ける」としている。

 自民、公明、共産、みんなの党の野党4党の国対委員長はこれに先立ち、横路孝弘衆院議長と会い、改正案は慎重に取り扱うよう申し入れた。

 国会法改正案は国会審議活性化を目指している民主党の小沢一郎幹事長が提出に意欲を示し、政府提出の政治主導確立関連法案との同時審議を主張。一方、野党側は小沢氏らの「政治とカネ」問題の真相解明を優先すべきだとして、衆参両院議長の諮問機関である議会制度協議会での国会法改正協議を拒否していた。

 改正案は、内閣法制局長官を政府特別補佐人から除外したほか、副大臣2人、政務官10人の増員を明記。「政府参考人」制度廃止の代わりに、官僚、学識経験者を対象とした「意見聴取会」設置を盛り込んだ。

・国家公務員法改正案・・・内閣が好き放題に官僚人事をするため12日に強行採決
・地球温暖化対策基本法案・・・そもそも地球温暖化自体が疑わしいのに...
国会法改正案・・・官僚に余計な答弁させないなどが政治主導?
などなど、売国法案リストはこちら
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。