クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

口蹄疫、なぜ飛び地で被害発生?

宮崎の口蹄疫の被害発生の1市と4町が何故飛び地になっているのか?
なんだか気になったままだったので調べてみました。
クリックすると別ウィンドウに表示
被害発生の1市4町

口蹄疫に関して、驚きの事実がありました。
初動が・・・、東国原知事が・・・、宮崎県民が・・・という問題でないように思います。
コスト・利益重視・投機目的、そういう牧場経営。投資家の手前の隠蔽工作?なんだか奥が深そうです。
クリックすると別ウィンドウに表示 クリックすると別ウィンドウに表示
『2010年5月15日付け 旬刊宮崎』

4月初旬100頭以上が感染牛
 データ改ざんで証拠隠滅 発覚前県外へ5頭出荷 安愚楽牧場

 安愚楽牧場は、一九八一年の設立。全国で約二十五の牧場を経営する。畜産事業を中心に、食肉加工品の製造・販売、食肉加工品の直売店の運営を行っている。
 宮崎県では一九九三年に宮崎支店(高鍋町大字上江六五七三-二)を設置、九七年には、児湯牧場(西都市と川南町に合計十三牧場)と野尻湖牧場を開設した。
 四月二十日、都農町の繁殖牛農家で口蹄疫に感染した疑いのある牛三頭が見つかった。宮崎県では二〇〇〇年以来、十年ぶりの発症。ところが、この約二週間前、既に感染の疑いのある牛が発見されていた。
 関係者によると、四月はじめ、安愚楽牧場第七牧場(川南町)で口蹄疫症状の一つである“よだれ”を大量に流す牛が発見された。当初、牧場長らは「風邪だ」と無視していた。
 当時、同牧場は七百頭の牛を飼育していた。その後、うち、百五十~二百頭が同じような症状になったという。同社に社員の獣医はいるが、専ら書類作成だけ。牛の治療は通常、牧場長らが本社専務らに相談して行っていたらしい。
 この時も牧場長らが牛の診察を行ない四月十日頃、「胃腸薬でも飲ませておけ」と約二百頭分の胃腸薬を注文したという。ところが効果はなかった。この時、上層部は既に口蹄疫を疑っていたらしい。
 その証拠に、その後、今度は「口蹄疫に利くかもしれないと」ペニシリン系の薬を大量発注して、各牛に接種したという。しかし、またもや効果はなかった。
 現場でも口蹄疫を疑うようになり、石灰をまくなどの対策案を上層部に提案したらしい。ところがコスト削減を理由に拒否されたという。
四月二十日、そのうちの一頭が死亡。上層部は翌日の二十一日、死体をトラックに載せ西都市の自社牧場へ移動させた。当時、既に都農町で発生した口蹄疫感染牛の一報が伝わっている。
 上層部の計画は、牛を西南市で死んだことにして、業者に引き取らせることだった。同時に、コンピューター内のデータを四月 十六日の死亡に改ざんしたという。
 更に関係者によると、都農町の第一種感染の一報以降、胃腸薬とペニシリン系の薬を大量発注した領収書がなくなっていたという。感染の痕跡を消すため領収書を隠滅したと考えれば納得する。
四月二十五日、この第七牧場からも感染牛の報告があったが、確定したのは五月四日。安愚楽牧場は一ヶ月近くも牛が口蹄疫に感染していた事実を隠していたことになる。
 安愚楽牧場の悪行はこれだけではなかった。四月二十八日、えびの市で感染牛が見つかったが、これも安愚楽牧場が原因だった可能性があるのだ。えびの市で感染牛が出たのは、全て安愚楽牧場の預託農家だった。
 関係者によると、四月十八日頃、牛を出荷している。通常、出荷頭数は十五頭。この時も川南町の第七牧場から牛五頭を十㌧トラックに載せ、えびの市の預託農家に向かった。更にそこで十頭を載せて県外へ出荷したという。
 家畜伝染病予防法には、「家畜が患畜又は擬似患畜となったことを発見した時は(中略)遅滞なく当該家畜又はその死体の所有地を管轄する都道府県知事にその旨を届けなければならない(第十三条一項)とある。
 更に、口蹄疫の死体は「家畜防疫員の許可を受けなければ、他の場所に移し、損傷し、解体してはならない」(第二十一条第三項)と勝手に処分することを禁止している。
 違反すれば、「三年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する」と罰則規定もある。
 しかし安愚楽牧場はこれらを守るどころか、感染の証拠隠滅をを図り、感染拡大を引き起こす可能性のある悪質な行為を行った。利益を最優先したことは明らか。責任は、重大である。
ネットで信憑性は不確かでありますが、
・安愚楽牧場のオーナーが小沢幹事長の愛人であるとか
・経営母体が創○学会系だとか
・安愚楽牧場の本社がある栃木県那須郡那須町は、衆議院の選挙区で言えば「栃木3区」に属し渡辺喜美のお膝元であるとか。
の情報がありました。
創○学会が絡むと、聖教新聞の委託印刷で経営が支えられている新聞社は報道できないのかなぁ。という背景も...
さらに見方によっては、『民主党-公明党(創○学会)-みんなの党』が繋がった?
この組み合わせは、小沢氏の描く参議院選挙後の連立政権の組み合わせに見えなくもない。

さて、感染ルートに関して、この宮崎の安愚楽牧場にどのように口蹄疫が入ったのか、安愚楽牧場がチーズを作る目的で輸入した水牛が感染源との情報もありますが、引き続いて調べてみようと思います。

口蹄疫の対応の悪さについては、あの事業仕分けとも絡んでいるということは、世間に知られてないように思います。

続きを読む »

スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 許されない出来事 - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。