クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

外国人に生活保護って何で?

以前子ども手当の申請554人というのがありましたが、この生活保護申請も人数で目立って発覚したのでしょうか?
来日直後に中国人が生活保護申請48人って、
AKB48じゃないけど、生活保護ボッタクリ48とでも呼びますか?
中国人48人が来日直後に生活保護申請 大阪市、受給32人
2010.6.29 13:42 産経ニュース

 大阪市西区に住む70代の姉妹2人の親族の中国人48人が5~6月に入国した直後、市に生活保護の受給を申請し、32人がすでに受給していることが29日、分かった。市は「入国直後の外国人がこれほど大量に申請した例は初めて。非常に不自然」として調査を始めるとともに、法務省入国管理局に対して入国管理の厳正な審査を求める。

 市によると、姉妹2人は残留孤児とみられ、平成20年7月、中国・福建省から来日、11月に日本国籍を取得した。今年5~6月、姉妹の介護名目で同省から親族48人を呼び寄せ、大阪入国管理局が審査した結果、48人は1年以上の定住資格を得たという。

 48人は外国人登録後、平均6日間で市内5区に生活保護の受給を申請。いずれも日本語は話せず、申請窓口には同じ不動産業者が付き添っていたという。
生活保護目的に入国?中国人32人に支給決定
2010年6月29日14時11分 読売新聞

 大阪市は29日、市内在住の日本人女性2人(78歳と76歳)の親族を名乗る中国人計48人が5月以降、次々に来日し、市に生活保護を申請していたことを明らかにした。

 市は「生活保護の受給を目的に入国した疑いがある」として、まだ保護費の支給を認めていない申請に対する対応を保留した。今後、大阪府警、法務省とも連携し、実態調査に乗り出す。

 市によると、日本人女性2人は、ともに同市西区在住で、中国から帰化したという。

 中国人48人には、子どもや高齢者も含まれ、いずれも2人の介護を目的として入国した。48人は5月6日~6月15日に在留資格を取得。外国人登録後3日~26日以内に西、港、大正などの5区に「仕事がなく、収入がない」として保護申請した。申請には、いずれも市内の同じ不動産業者が付き添っていたという。

 在留資格があって要保護状態にあれば、生活保護制度を準用できるとの国の通達に従い、市はすでに32人について保護費の支給を決定。しかし、特定女性の親族と称しての中国人の大量申請には不審点が多いことから、6月7日以降の決定を保留にした。不正請求と断定された場合、市は、すでに認めた32人の保護の取り消しを検討する。
「残留孤児とみられ、」の部分は、後で追加されました。

例えば人数が少なくて発覚せず、生活保護が支給されているのでしょうか?では、その総数はどの位あるんだろう?と気になります。外国人に支給される生活保護費が海外に流出している可能性は否定できないように思います。
貴重な税金が外国人の生活保護に使われているとなると考えものです。各自治体は実態調査をしてもらいたいものです。
ということで、日本国籍の取得時の基準や、生活保護の受給申請の審査基準など、現在どうなっているのでしょうか?売国系の人たちや所謂人権屋の人たちによる請願などで、それらの基準が随分緩くされているかも知れないと思いました。
視点を変えて、生活保護を出し続けるよりも、母国に帰してあげて、その費用は相手国に請求するようにした方がいいようにと思いました。そうすることで、相手国も簡単にそういう人に出国許可を出さないようになるんじゃないでしょうか?無理な話かなぁ?
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。