クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

選挙と利権と子宮頸がんワクチン

野田聖子氏の後押しで出馬を決意した三原じゅん子氏で切り離せない話題といえば、子宮頸がん予防ワクチンですね。
小泉元首相とダブった三原じゅん子氏の選挙戦
2010.7.14 09:58 サンスポ

【トホホ取材記】6月24日公示、7月11日に投開票された第22回参院選が“やっと”終わった。印象に残ったシーンは多数あるが、自民党から比例代表で立候補し、見事当選した三原じゅん子氏(45)にいくつか感じるものがあった。

(中略)

 今回の参院選で「子宮頸がん予防ワクチンの無料化」を愚直なまでに訴え続け、約15万人と握手したという三原氏に、当時の小泉氏の姿がダブってしまう。

 具体的な政策も語らず、見せ物のようなパフォーマンスを行い「何がしたくて、何のために立候補しているのか?」と首をかしげたくなるトホホな著名人候補者が多い中、三原氏が説いて回った「子宮頸がん予防ワクチンの無料化」は「この人は国政の場でこれを成し遂げたいのか」と有権者の記憶に強く残っただろうし、特に女性は共感を覚えたのではないだろうか。

 もう一つ三原氏に対して感じた印象がある。「強運」の2文字だ。

 選挙戦が繰り広げられている7月5日から、英国の製薬会社がテレビ、新聞など各メディアで「子宮頸がんは検診とワクチン接種で予防できる」というCM展開を始めたのだ。

 選挙期間中、深夜に帰宅してこのテレビCMを目にした私は「当選する人は、このような運も呼び寄せ、風もふかせてしまうのか」と驚愕(きょうがく)した。こういった現象も、当時の小泉氏の勢いを彷彿(ほうふつ)とさせる。

 自身も子宮頸がんにかかり、これを克服した「がんサバイバー」の三原氏の迫力に、天も味方したのかも知れない。

(以下、省略)
三原じゅん子氏は、自分と同じ経験をさせたくないとの強い思いがあるのでしょう。それを巧みに利用されている気の毒な方なのかも知れません。製薬会社が三原じゅん子氏を広告塔にすべく、当選を後押ししたのでしょうか?
この子宮頸がん予防ワクチン、いろんな立場のいろんな人や企業の思惑が複雑に絡み合いながらも日本を亡国に向かわせているように思えてなりません。三原じゅん子氏の当選も、この大きな流れのほんの一部でしかないのかも知れません。

さて、発癌性HPVに感染しても100%子宮頸がんを発癌すると限らないとのこと。ワクチンは100%の安全が保証されていない。永久に予防できない。必ず効果があるとも言えないワクチンに費用(3回接種で約4万~6万円)を掛けるより、検診に助成した方がトータルコストは掛からないように思いますが、どうなのでしょう?
歴史の無いワクチン、接種後10年でどうなのか?答えがないからこそ、大袈裟なほど慎重であっても良いはずが、助成してでも全員接種を目指すという運動が異様光景に見えるのは私だけでしょうか?

以下、二階堂ドットコムより、子宮頸がんに関する最近のタイトルのみご紹介します。
■ 子宮頸がん?ヤリマンのなれの果てだろ。
貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか? | 2010-7-13 16:51

■ 子宮頸がん予防の黒幕
貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか? | 2010-7-13 17:52

■ 子宮頸がんワクチンは民主党利権確定!
二階堂メモ・備忘録 | 2010-7-13 21:43

■ じゃあ、当たりだったらどうするの?10年後とかにわかったら?
Voice of Japan | 2010-7-14 01:10

「アジュバント=不妊効果?」に関して、少々考えてみました。
「アジュバント」は、抗原を体内に長く残し抗原の効果を持続させるという役割に着目しました。
アジュバントによって抗原が体内に長期間残り、その抗原の持つ効果が持続される。それにより抗体が作られ続ける。それで予防するということだが、抗体が作り続けられることで、抗体が過剰になるのでは?と考えました。
過剰になった抗体が、正常な細胞(卵細胞や受精卵)を攻撃する(殺される)?これが妊娠できない体=不妊化の真相かも知れないと思いました。
と、ここまで書いておきながらですが、考えようによっては、抗原すらも問題ではなく、アジュバントは体に残り続けるもの、異物が体に残り続ける。これが影響して、正常な細胞が攻撃される体内環境になることも否定できないかも知れないと思いました。専門家の意見を聞いてみたいものです。
 それとワクチンに関連して、少し前の話になりますが、新型インフルエンザワクチン、海外製は品質が悪くて、国産なら大丈夫という噂を聞いたことがありましあた。今更ながら調べてみると、海外製は品質が悪いのではなく、アジュバントが使われていて、国産には使われていないということだったようです。

続きを読む »

スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。