クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

フランスを見倣おう。国旗への意識も法律も

日本でも是非必要な法律だと思います。
国旗の侮辱を禁じる新法を公布、フランス
2010年07月25日 11:46 AFPBB News

【7月25日 AFP】フランスで国旗の侮辱を禁じる新しい法律が公布された。

 23日付のフランス官報によると、新法は国旗を破損した者や、国旗の品位を傷付けた者に1500ユーロ(約17万円)の罰金を科すと定めている。国旗を傷付ける行為の写真を発表した者は、その行為が私有地で行われたものであっても罰せられる。

 フランスでは3月、国旗でおしりをふく男性の写真が民間の写真コンテストで入賞し、全国紙に掲載されたことで論争を呼んでいた。

 フランスには以前から公共団体が主催する催しでフランス国家や国旗を侮辱した場合には、最高で6月の禁固刑と7500ユーロ(約85万円)の罰金を科すと定められていたが、おしりをふく写真はこの要件を満たしていなかった。(c)AFP
現内閣の多くの閣僚や、入学式や卒業式で起立しない歌わない教員の居場所がなくなっちゃいますが、日本も早く法律を整備して、日本の国旗を破損した者や、国旗の品位を傷付けた者に罰則を科す。国歌にも対象に加えて、日本の国旗・国歌に礼節を欠く者にも罰則を科してはどうだろうか?
近隣の国には、日本の国旗に落書きしたり、破いたり、燃やしたりする不敬な人もいますから、こういう法律にこそ国籍の条項なしにして、海外にも罰則が及ぶようにし、日本に入国で即逮捕できるようにしておくことは、国防や治安維持の意味においても必要ではないだろうか。
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。