クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

尖閣諸島問題:釈放、この禍根は大き過ぎる

小沢氏の動向に注目しようと思った矢先に釈放してしまいました。嗚呼である。
怒りは漁民だけに止まらないし、その思いは真っ当な日本国民、皆同じだと思います。
さらには南シナ海で中国の横暴に晒されている東南アジア諸国も同様の思いではないでしょうか?
大東亜戦争で欧米人を驚かせ全てのアジア人を勇気づけた、かつての日本人。一方見る影もない今の日本人。その弱体と醜態ぶりは、東南アジア諸国を一層落胆させたに違いないと思います。こう考えると、簡単に釈放という答えはないはずなのに、釈放すれば事態を全て終わらせられると本気で考えたのでしょうか?
日本の国益、日本の国家という考えの持ち合わせの無くて、日本の国民の方も東南アジア諸国も向いていなくて、日本の政府と呼べるでしょうか?
どう考えても中国・韓国の制御下にある政府と言った方がスッキリしてしまいます。
なぜ釈放?怒る漁民「中国漁船、どさっと来る」
2010年9月24日23時55分 読売新聞

 なぜ今、釈放か――。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、24日、●其雄(せんきゆう)船長(41)の釈放を公表した那覇地検の判断には、周辺の漁業者らから戸惑いや憤りの声が上がった。(●は「擔」のつくりの部分)

 衝突時のビデオ解析で「立証は堅い」と信じていた海上保安庁の職員は落胆の表情を浮かべ、幹部は、海上警備で海上保安官が萎縮(いしゅく)しないか、などの懸念も出た。

 「起訴して当然だと思っていたのに……。国に見捨てられた気分だ」

 沖縄県・与那国島の与那国町漁協の中島勝治組合長(44)は、那覇地検の判断に憤りを隠せない様子で語った。

 衝突事件以降、現場周辺海域で中国船を見かけることはなかったといい、「せっかく毅然(きぜん)とした対応を続けていたのに、甘い姿勢を見せた以上、すぐに中国の漁船がどさっと来るようになるはず。どうせ政治判断なのだろうが、政府にはがっかりだ」と不満をあらわにした。

 宮古島の小禄貴英(よしひで)・宮古島漁協組合長(61)も「今回の判断で、今度は尖閣周辺で我々が中国に拿捕(だほ)される恐れもある。国は尖閣が日本の領土という主張だけは、強く示し続けてほしい」と訴えた。

    ◇

 「こんなことならビデオを早く公開すべきだった」

 ある海保幹部は、そう悔しさをにじませる。海保が所持しているビデオ映像は、事件が起きた7日に、損傷した巡視船「よなくに」と「みずき」から撮影したもの。「よなくに」の船尾部分を、漁船が斜めに航行しながら接触した様子や「みずき」の右後方を平行に走っていた漁船が左側にかじを切って右舷の中心部付近に衝突した様子が鮮明に映っていた。海保は、この映像に漁船や巡視船の航跡データを組み合わせれば、漁船側が衝突してきた状況は立証できる、と自信を持っていた。

 海保内部では当初、積極的なビデオ公開の意見も出た。だが、中国側に配慮する官邸サイドの意向もあり、立件方針が決まった7日夜になり、一転して非公開に。

 映像公開については、24日夕、馬淵国土交通相が「今後の推移で判断する」と述べただけで、別の海保幹部は「海上の警備は危険と隣り合わせ。いざという時、現場の職員の士気が落ちなければいいが」と話す。

    ◇

 24日午後に行われた那覇地検の緊急記者会見。「今後の日中関係を考慮し、捜査を続けることは相当でないと判断した」。鈴木亨・次席検事は感情を押し殺したような口調でそうコメントを読み上げた。

 政治介入の有無についての質問も相次いだが、鈴木次席検事は「検察当局として決めた」「中国政府に配慮したものではない」と重ねて否定し、会見が進むにつれて「答えを差し控えたい」と口を閉ざした。
日本の被る損失はこの一件に止まらず、将来に対してもとんでもない災厄を残してしまった。
記事にあるように、大手を振って中国漁船が大挙して、実効支配同然に日本の領海内で操業を始めることでしょう。日本の領海内なのに、中国に日本の漁船がだ捕される可能性すら出てきてしまう。
そして問題は、漁業の資源から、尖閣諸島の海洋に眠るエネルギー資源を中国が独占することに繋がってゆくでしょう。
今更ですが、最初の中国漁船船長を逮捕 した際にテロリストを逮捕したと発表し、ビデオも早々に公開していれば良かったのではないだろうか?
テロリストで押し通せば、中国側の面子も違ってくるだろうし、釈放ではなく引き渡しという表現も用いることができたかもしれない。
逮捕を想定したシナリオを国家としてシュミレートできていなかった。そのことも露顕したといえるでしょう。
尖閣諸島問題も危機管理であり国家戦略といえるでしょう。国として、そういう専門に考える組織を持ち、予算を使ってもらいたいと思います。日本の被る損失を思えば安いものではないでしょうか?
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。