クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

蓮舫行政刷新担当相をバッサリ仕分けませんか?

これまで色々バッサリ切ってきたから、巡り巡ってバッサリ切られる。因果応報のようなものでしょう。
「2位じゃだめか、は愚問」ノーベル賞・鈴木さん、蓮舫氏発言をバッサリ
2010.10.8 23:50 産経ニュース

 ノーベル化学賞に輝いた鈴木章・北海道大名誉教授(80)は8日、産経新聞の取材に応じ、「日本の科学技術力は非常にレベルが高く、今後も維持していかねばならない」と強調した。昨年11月に政府の事業仕分けで注目された蓮舫行政刷新担当相の「2位じゃだめなんでしょうか」との発言については、「科学や技術を全く知らない人の言葉だ」とばっさり切り捨てた。

 受賞理由となった「パラジウム触媒でのクロスカップリング技術」は医薬や液晶など幅広い分野で実用化されている。それだけに鈴木さんは「日本が生き残るためには付加価値の高いものを作り、世界に使ってもらうしかない」と、科学技術の重要性を指摘した。

 昨年の事業仕分けで理化学研究所の次世代スーパーコンピューターの予算が削られたことについては「科学や技術の研究はお金がかかる。研究者自身の努力や知識も大切だが、必要なお金は政府がアレンジしなければならない。(スーパー)コンピューターなどの分野では絶対に必要だ」と政府の積極的な投資に対する理解を求めた。

 特に、蓮舫発言については「研究は1番でないといけない。“2位ではどうか”などというのは愚問。このようなことを言う人は科学や技術を全く知らない人だ」と厳しく批判。「科学や技術を阻害するような要因を政治家が作るのは絶対にだめで、日本の首を絞めることになる。1番になろうとしてもなかなかなれないということを、政治家の人たちも理解してほしい」と話した。

 一方、年間の自然科学系論文数が日本の約1.5倍に達するなど科学技術面でも躍進する中国については「人口が日本の約10倍なら研究者も多い。国の総生産もそうだが、絶対的な量で抜かれるのは当然で、問題は質だ。中国人にも能力の高い人はいるが、そのような研究者が日本の10倍もいるわけではない」と指摘。「もっと心配すべきは日本の質を高めること。それなのに2番目で良いなどというのは論外だ」と重ねて強調した。
目立つことででしか生き残りを図れないタレント議員では、テレビウケする事業仕分けを、何とかの一つ覚えのように、繰り返し行い、さらにそれをエスカレートさせる程度のことしかできないだろうと思います。つまりこの国の将来を真剣に考えて、国の発展を描いてはいないだろうと思う。ましてやこの国を守り繋いできた先人に対する思い入れも持ち合わせてはいないものと思います。

さて、このタレント議員、国会内でファッション雑誌の写真撮影をしていたとのこと。しかも一般の記者も立ち入れない場所とのこと。内容が判っていれば、撮影許可など降りないだろうと思うのですが、撮影許可願に虚偽の理由を記載し、申請を通して撮影を敢行したのではないでしょうか?
蓮舫、国会ゲリラ撮影で厳重注意!「VOGUE」調子乗りすぎ
2010.10.07 zakzak

 西岡武夫参院議長は7日、蓮舫行政刷新担当相(42)を国会内に呼び、ファッション雑誌のため国会議事堂内で写真撮影に応じたのは不適切だとして口頭で注意した。7日の参院議院運営委員会理事会でもこの問題が取り上げられ、野党は「撮影許可の基準を満たしていない」と批判した。

 雑誌は「VOGUE NIPPON」11月号。巻頭特集として、国会内でポーズをとっている蓮舫氏の写真を掲載。同誌のホームページでは「国会議事堂でのファッション撮影を敢行!」などと記されている。

 参院事務局によると、議事堂内での撮影は議員活動にかかわる場合は認められているが、私的な宣伝か営利目的に当たる行為は許可していないという。

 蓮舫氏の事務所は8月18日に撮影許可願を衆院事務局に提出、翌日撮影が行われた。
行政刷新担当相の職務、行政刷新とは国会議事堂という場所でも、ファッション雑誌の撮影をするということなのでしょうか?

VOGUEのホームページにあった記事は、こちら↓
国会議事堂でのファッション撮影を敢行! 蓮舫議員、VOGUE NIPPON に初登場
撮影の裏側「蓮舫さん編」その1 2010年09月22日
撮影の裏側「蓮舫さん編」その2 2010年09月24日
作家・重松清が迫る! 蓮舫との120分ロングインタビュー(1) 2010年09月30日
作家・重松清が迫る! 蓮舫との120分ロングインタビュー(2) 2010年10月06日


上記のリンク先を見ると撮影時のメイキングビデオまであるようです。撮影の裏側「蓮舫さん編」その1の向こう側に移る扉の先は、天皇陛下の控室であるとの情報もあります。

問題は2点、衆院事務局に提出した撮影許可願の申請理由、場所を弁(わきま)えることのできないご本人の資質といったところでしょうか?
クリーンさを前面に出している菅内閣だったら、まずは蓮舫氏が出した撮影許可願の申請理由に虚偽がなかったかを明らかにすべきだろうと思いますが、いかがでしょうか?(キリッ
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。