クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

自己保身のため、虚偽の答弁をごり押し?

どういうことをするかを聞かずに、どういう風に書けば、申請が通るのか?と事務方に確認したのだろうと思います。疚しいことがあるから、揚げ足のとれる聞き方をしたのではと思います。その結果、事務方のせいにしているる。そのように見受けられ、かなり見苦しい感じがするのですが...
蓮舫氏VS参院事務総長 撮影許可で真っ向対立
2010.10.14 18:53 産経ニュース

 蓮舫行政刷新担当相が国会議事堂内でファッション雑誌の写真撮影を行った問題で、蓮舫氏と参院の小幡幹雄事務総長が14日の参院予算委員会で、撮影許可の経緯をめぐり真っ向から対立した。

 小幡氏によると、蓮舫氏側の撮影許可申請の際に私的な宣伝や営利目的は許可の対象外と伝え、申請書の撮影目的欄には「議員活動の記録のため」と記載されていたという。しかし、その後、宣伝色が強いことを把握した参院側は蓮舫氏側に注意喚起を行った。

 これに対し、蓮舫氏は「参院側から『議員活動の記録のため』と書くように示唆があった。撮影場所の確認時も、参院担当者は『この場所なら大丈夫だ』と言った」と、正当性を主張した。

 蓮舫氏は「雑誌の取材の内容は丁寧に説明していた」とも訴えたが、小幡氏は「結果として基準をはずれている」と反論。異例の応酬に、質問した自民党の西田昌司氏は「事実が分かったら、どちらかのクビが飛ぶからね」と警告。泥仕合は今後も尾を引きそうだ。
西田昌司氏なので、時間のあるかたは、全編見ていただきたいものですが、記事に関する部分は、こちら↓の58分20秒頃からご覧ください。
2010年10月14日の審議中継 予算委員会 西田昌司(自由民主党)
ともかく、日本の国会議員になったのだから、日本のためになるタレント活動じゃなく、政治活動をしていただきたいですね。 
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。