クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

模倣文化の国とは付き合うな

模倣品が当たり前のように溢れている国、コピーが文化となっている国であるとの前提に立てば、簡単に技術供与などに考えが及ばないはず。それぞれの国柄を考えて、目先の利益ではなく、自国の国益も照らし合わせて、各国とのつきあい方を考える必要があるのでは?そう考えさせられる記事です。
新たな日中摩擦 鉄道技術“盗用”の中国が各国に売り込み攻勢
2010.11.22 19:35 産経ニュース

 【ワシントン=古森義久】中国の国有企業が日本の高速鉄道技術を基礎に日本製より速度の高い高速列車を作り、中国独自の製品として諸外国に売り込もうとしていることについて、日本側から「約束違反」との抗議が起き、新たな日中摩擦となりつつある。米紙ウォールストリート・ジャーナルが18日、報じた。

 同紙は「(各国の)列車製造者たちは中国の高速のデザインに非難の声を高めている」との見出しの記事を掲載。その中で、日本の川崎重工業やドイツのシーメンス、カナダのボンバルディアなど鉄道建設各社がここ数年、中国に高速鉄道の列車や技術を売り込んできたものの、中国企業が外国製より速い列車を開発して米国やサウジアラビア、ブラジルなどに売り込もうとし、外国企業が不満を高めている、と指摘した。

 青島に拠点をおく中国の国有企業「中国南車」(CSR)は最高時速約380キロの列車「CRH380A」を完成させ、開発は中国独自の技術の結果だと主張。ただ、CSRは2004年に川崎重工と契約を結び、新幹線の「はやて」9両編成分を輸入、中国領内で日本の技術を利用して計51両を製造した。川崎重工は中国側の「独自技術を開発した」との主張には明確に異論を唱えているという。

 中国の国有鉄道関連企業は高速鉄道の売り込みを国際的に広げ、ベネズエラやトルコでのプロジェクトに参入し、日本企業の強力な競争相手となっているが、川崎重工は、中国に提供した技術は中国国内だけで使うとの約束があったと主張しているという。

 同記事は一方、日本や欧州企業には中国が高速鉄道でも知的所有権を違法に取得したとの見方が多いとし、中国側の今回の出方を予測して、新幹線の対中輸出を拒んだJR東海の葛西敬之会長が「中国はすべての技術を無料で移転しようとした」と話したことを“先見の明”があったと指摘している。
新幹線の技術を高い勉強代で終わらせられないが、中国の環境問題(水質汚染の処理や省エネ・CO2削減など)に対する日本の環境技術を技術供与(日本の手弁当かもしれないが)を考え直す必要があると思います。
日本の環境技術は間違いなく中国の環境問題を解決することと思います。しかし、日本の環境技術を供与した後は、記事に示される新幹線の技術のような結末を迎えることが容易に想像がつきます。つまり、日本の環境技術は、中国独自の技術との触れ込みで、各国に売り込みを仕掛けることに他なりません。
中国に対してはパクられることを前提にし、後々自国の驚異となることまで視野にいれた国家戦略を考えて欲しいものです。それはきっと、政治家の役目ではなく官僚の役目ではないかと思います。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 大手メディアが伝えない情報 - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。