クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

撤回と謝罪、その陰で

繰り返される撤回と謝罪、そろそろ民主党が政権を取ったことを、撤回し国民に謝罪してほしいものです。
仙谷、蓮舫氏も失言…連合会長「みんな空回り」
2010年11月19日10時07分 読売新聞

 菅内閣の閣僚の失言や発言撤回が止まらない。

 18日の参院予算委では、前日に柳田法相の発言を厳重注意したばかりの仙谷官房長官が、自衛隊について「暴力装置でもある」と発言し、直後に撤回、謝罪した。

 国会内でファッション誌の写真撮影をした蓮舫行政刷新相も、過去の答弁を撤回。民主党最大の支持団体である連合の古賀伸明会長は同日の記者会見で「みんなが空回りしている。原点に返って立て直すべきだ」と苦言を呈した。

 仙谷氏の「暴力装置」発言は、防衛省が政治的な発言をする部外者を関連行事に呼ばないよう求める次官通達を出したことに関する答弁の中で飛び出した。

 「暴力装置」という言葉は、かつて自衛隊違憲論を唱える人々が使っていたこともある表現だ。仙谷氏は、野党側の激しいヤジを浴び、「じゃあ実力組織と訂正させていただく」と語ったが、質問した自民党の世耕弘成氏の抗議で撤回。「法律上の用語としては不適当なので、自衛隊の皆さん方には謝罪する」と述べた。

 次官通達をめぐっては、前日に「自民党内閣でも、たぶん同じことをするだろう」と述べ、その後発言を撤回した北沢防衛相も18日、この問題に絡む追及に「質問者もしっかり事実関係を調べて」と反論し、審議が紛糾した。

 蓮舫氏は、国会内での写真撮影をした際、撮影許可申請で「議員活動の記録のため」とした理由について、10月の答弁で「事務局の示唆」としたことを問いただされると、「私の誤解だった。示唆はなかった」と発言を撤回、謝罪した。

 今国会ではこれまでも、仙谷氏が、政府参考人の官僚に「将来を傷つける」とどう喝的な発言をしたり、国会内での写真取材を「盗撮」と表現して謝罪や撤回を重ねたりするなど、閣僚発言が問題視されるケースが相次いでいる。
そう、政権交代前の原点に戻ってみては?と思いましたが、民主党閣僚の失言連発の陰で、自民、公明、新党改革の野党3党が、こんなものを出していた。
子宮頸がん予防法案を公明・松氏ら3氏が共同提出
2010年11月19日 神奈川新聞

 自民、公明、新党改革の野党3党は19日、参院へ「子宮頸がん予防法案」を共同提出した。県関係では公明党の松あきら副代表(神奈川選挙区)、自民党の三原じゅん子氏(全国比例、同党県連所属)、石井みどり氏(同、鶴見大学出身)が提案者として名を連ねた。

 政府・与党は公明党の要請を踏まえ、補正予算案に子宮頸がん予防ワクチンの接種費用を盛り込んでおり、予防接種法の改正での対応を念頭に置いている。これに対し同法案では「ワクチン接種のみでは不十分」(提案者)との立場から、定期検診とのセットによる予防推進を提唱した。「今臨時国会での成立を模索していく」(同)という。

 松氏は小幡幹雄参院事務総長へ法案を提出後、報道陣に「民主党にも賛同者がいたが、同党内の合意が得られず、残念ながら提案者に加われなかった」と経緯を説明。「人命にかかわる法案が結果として、政府・与党への踏み絵となってしまうことは本意ではない。検診実施の盛り込みなどの前向きな改善が進むことを期待している」などと話した。
100%ではないし、効果も5年程といわれ、費用も高く疑問の多い子宮頸がん予防ワクチン。ワクチン摂取で子宮頸がんにならないから、遊びまくれと誤ったメッセージと受け止められ、性の乱れを冗長するのではないかと危惧する。ワクチンに助成ではなく、純潔教育に予算を割いてほしい。
さて、公明党の要請に応えるという点や、夫婦別姓の推進論者を抱えているという点など、自民党を諸手を挙げて真正保守政党と見なした支持ができない理由がここにある。自民党は早くその色をハッキリしてもらいたい。

 【参考】拙ブログ記事

スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。