クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

北朝鮮へ「けん制」と思えぬ「挑発」

マスコミは、「けん制」という表現を使っているが、どう見ても「挑発」のように思える。
通常兵器も時代後れ、その兵器を運用する燃料もままならないと思われる北朝鮮であるから、「けん制」と思えぬ「挑発」で、追い込むほどに北朝鮮に「核」を使わせようとする意識が見え隠れするようだ。
韓国:日米演習に参加 対北朝鮮連携を強化
2010年12月2日 15時02分 毎日新聞

 日本の周辺海空域や自衛隊基地などで実施される日米共同統合演習(3~10日)に、韓国軍がオブザーバー参加する方針であることが2日分かった。複数の日米関係者が明らかにした。同演習に韓国軍が参加するのは初めてで、日米韓3カ国の連携をアピールし、韓国・延坪島(ヨンピョンド)を砲撃した北朝鮮をけん制する狙いがあるとみられる。

 韓国軍からは数人程度が参加し、米海軍艦艇に乗り込んで演習を視察する。防衛省幹部は「韓国側には、習熟した日米演習を見学して次の米韓演習に生かす狙いもあるのではないか」と話している。

 11月23日に起きた北朝鮮砲撃事件の対抗策として、米韓は同28日~12月1日、合同軍事演習を朝鮮半島西方の黄海で実施した。原子力空母「ジョージ・ワシントン」(約9万7000トン)をはじめとする米軍はその後、沖縄東方海域などに展開。3日からの日米共同統合演習に参加する。日米で約4万4000人、艦艇約60隻、航空機約400機が参加し、島しょ部を防衛するための海上・航空作戦や北朝鮮の弾道ミサイルを想定した訓練などを行う。

 韓国海軍哨戒艦「天安」沈没事件への対抗措置として、7月に日本海で実施された米韓合同軍事演習には、海上自衛隊の幹部自衛官4人がオブザーバーとして初めて参加している。【樋岡徹也】
「窮鼠猫をかむ」ということわざ、原文は「死すれば再びは生きず、窮鼠猫をかむ」で、「死にものぐるいになっている鼠は、死んだらもう生きかえることはないのだと、最後の力をふりしぼって戦う」とありました。
核を腹と背中に抱え、国家のレベルで自爆テロを敢行されたのでは、たまらない。
特に偏西風、風下の日本だからこそ、「挑発」には加担しないでほしいものだ。

かつて日本が追い込まれ真珠湾攻撃という罠に嵌められたように、米国なんぞは、ハイテクを駆使して、もっと手に取るように北朝鮮の動きは判っているだろうと思う。北朝鮮を追い込んで追い込んで、核の先制攻撃させようとしてるのではないだろうか? その後にあるのは、卑怯者には、なんでもありのような状況を作り出し、北朝鮮への制裁を皮切りに、特定アジア+日本の黄色人種一掃が計画されているように思う。


スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : こんな見方もありかな? - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。