クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

そうそう、歴史も捏造してくるんだった

『中国は、いかなるものも偽造する技術を獲得した。』とは、先日の拙ブログで紹介した記事にあった言葉ですが、日中友好に関わっての美談も要注意ということのようですね。
空襲から奈良救った中国人、銅像設置計画白紙に
2010年12月26日14時11分 読売新聞

 奈良を空襲から救ったとされる中国の建築史家・梁思成氏(1901~72)の銅像を県文化会館(奈良市)に設置する計画について、日中関係の悪化などから日本側が受け入れを断念し、計画を白紙に戻したことがわかった。

 梁氏は東京生まれで、戦時中、文化財の焼失を防ぐため、奈良と京都を空爆しないよう米軍に進言したとされる。

 中国側が2008年、県に銅像寄贈を申し入れ、日本画家の平山郁夫さんらが顕彰会を設立し、寄付金を募って同会館への設置を検討。

 しかし、今夏以降、「史実か明確でないのに、県の施設に置くのは問題」などの指摘が県に約600件寄せられ、荒井知事は8月の定例記者会見で、「慎重に対応したい」との考えを示していた。

 その後、尖閣(せんかく)諸島沖の中国漁船衝突事件を巡る日中関係悪化などもあり、最終的に顕彰会が断念、寄付金約200万円の返還を始めた。

この問題が判りやすくまとめられた動画↓です。

偽恩「梁思成」銅像問題と奈良県の危機


中国共産党も要注意ですが、この動画に出てくる『日中友好協会』という組織もかなり要注意ということのようです。
この協会、いろんな議員が名を連ねているので、言ってることややってることが変だなと思って調べると、この協会に絡んでたりします。選挙時の判断材料にもなるかも知れませんね。
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。