クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

中国、今度の話題は新型ステルス戦闘機

ガンダムのようには、笑っていられない代物が、パクられたという話題です。
中国が新型ステルス戦闘機完成か―ウェブサイトに写真出回る
2011年 1月 5日 10:32 ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版

 【北京】中国のいくつかの非公認の軍事関連ウェブサイトに、中国軍の新型ステルス戦闘機の試作機とみられる鮮明な写真が初めて掲載されていることが4日までに分かった。ゲーツ国防長官の10日からの訪中を前に、中国の軍備増強が予想以上の速さで進んでいることが浮き彫りになった。

110105_stealth.jpg  航空専門家や中国の軍関係者によると、写真は高速地上走行テストを行っている「J20」試作機とみられている。地上走行テストは、通常は初飛行前の最終段階に行われる。写真の出所は不明だが、J20を開発している四川省の成都航空機設計研究所で撮られたとみられている。

 一部の専門家は、試作機ではなくモックアップ(実物大模型)ではないかと懐疑的な見方をしている。しかしほとんどの専門家は、写真もステルス戦闘機も真正と受け止めている。中国は、世界で唯一実用されているステルス機である米軍の「F22」のライバル機について、予想を上回るスピードで開発を進めているようだ。

 ステルス機が配備されれば、台湾をめぐって紛争が起きた場合の米軍に対する中国軍の介入阻止能力は飛躍的に向上し、1945年以来米軍が握ってきたアジア・太平洋地域での制海権は脅かされることになる。

 中国空軍首脳は2009年に、中国初のステルス戦闘機がまもなくテスト飛行の段階に入ると述べ、8~10年後には配備されようと明らかにした、しかし、今回の写真掲載まで、その存在を示す明確な物的証拠は出てこなかった。
ほんとに飛べるのか?ほんとにステルスなのか?という疑問はありますが、極東アジアの平和を脅かせていることは間違いないと思います。
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。