クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

こんな恣意的な配置、設計者は誰なのか?

ちょっと、びっくりした情報なので、拙ブログでも紹介します。
なんと、礼拝をすると別のある施設におしりを向けることになるというのです。
その2つ施設は、GoogleMapの下に記載します。

大きな地図で見る
2つの施設とは、靖国神社(左上)と千鳥ヶ淵戦没者墓苑(右下)です。
本情報ソースは、二階堂ドットコム『「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」を礼拝した代議士は落選する。』でした。ソースも是非ご覧ください。
誰のどういう思惑で、こういうことになってしまうのでしょう。靖国神社におしりが向くようなことは、意図して行ったことは間違いないでしょう。
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。