クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

日本人に世界中から尊敬が

日本人だと当たり前のような行動や態度が世界から注目を浴びている。それほどの民度の高さを日本人自身が再認識してもよいのではないだろうか?
日本人は世界中から尊敬を浴びても足りない:台湾メディア
2011/03/19(土) 12:35 サーチナ

 3月11日に発生した、東日本大震災の被害状況が日々明らかになる中、台湾メディアが日本人被災者の態度に敬意を表している。

 日刊紙「聯合報(ユナイテッド・デイリー・ニュース)」は、「世界を震撼させる天災で、日本人に心を動かされた」というタイトルで記事を掲載。「我々の隣国・日本が、地球史上めったにない規模の大きな災難に直面した。だが彼らの態度はいたって冷静。世界中から尊敬を浴びても足りないくらいだ」と伝えた。

 聯合報は「例えば、日本政府は放射能もれの対応で批判を受けていても、日本国民は“世界最高の人民”とたたえられている。人類は原子力発電に対して、あまりにも無知で非常識だった。放射能を恐れている世界の人々は、ニュースを聞き“心理上の被災者”になっているのかもしれない」、「地震被害がなく、放射能の脅威とも直面していない国はどうだろう? ハワイの人々は放射能に効くと言われるヨウ素を買い占め、中国ではヨウ素入りの塩を買うために必死になっている人々がいる。その状況を知った台湾人の中には、不安感を覚えた人が少なくない。ハワイ、中国、台湾……放射能に怯える人々は、少ながらず自国の政府に不信感を持っているのではないだろうか?」と指摘した。

 また、「家を失った日本の被災者は、おにぎりと味噌汁を食べるだけで深くお辞儀し、食べ物のありがたみに感謝している。記憶の中にある豊かで先進的な日本の姿は消えてしまったが、確固たる強さと秩序は守られている。その姿は感動的だ」と報道。「経験豊富で冷静な判断ができる日本政府だが、救助が遅いと国民からの批判を受けている面もある。だがそれに比べると、台湾政府はもっとひどい。津波が来たら、台湾は果たして対応できるのか。台湾原子力発電所の津波対策ドアは、閉めるまでに30分もかかるのだ。津波が来たら間に合うのか……台湾人が政府を信じていない、という理由はわからなくはない」と、非常時の台湾を懸念する内容で、締めくくった。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)


名もなき英雄たち! 決死の覚悟で復旧作業にあたる福島原発の作業員たち
2011/03/20(日) ロケットニュース24

 放射能漏れが深刻になり、依然予断を許さない状況が続く福島原発。その被害拡大を防ぐため、東京電力は当初50名だった作業員を181名に増やして現在復旧作業にあたっており、日本全国がその行方を見守っている。

 彼らが復旧作業を行っている場所は、放射能漏れが激しい原発に非常に近く、大量の放射線を浴びながら作業を続けていることになる。しかし彼らはそんなことも顧みず、まさに決死の覚悟で事態の収拾に全力を尽くしているのである。

 そんな中、イギリスのタブロイド紙「Mirror」が、作業員とその家族たちの間で送られたメッセージを取り上げ、そこに秘められた人々の想いを紹介している。

 Mirrorによると、ある作業員は福島原発での戦いをあきらめず、自分の妻に「これからも元気で生きていって下さい。自分はしばらく家に帰れません」という内容のメッセージを送ったという。

 そして、作業員の娘とされる少女がツイッターで「お父さん原発行っちゃったよ一度避難した原発の人も呼び出されて戻ってるんだって。母さんがあんなに泣いたの初めて聞いた。原発の人たちは自分を犠牲にみんなを守ろうと必死なんだよ みんな生きてほんとに生きて 原発の人の気持ちを無駄にしないで お父さん生きて戻ってきて」というツイートを投稿したことにも触れ、作業員の家族たちの複雑な心境を紹介している。

 またMirrorは「私の父は、依然原発で作業にあたっています。原発では食料が尽きてきており、状況は非常に深刻だと思います。父は言っていました。自分は死刑宣告を受けたに等しい己の運命を受け入れたと」という内容のメールも紹介している。

 現在、海外ではこの作業員たちを称える声が高まっており、Facebookには「Tribute To The 50 Heroes of Fukushima Nuclear Plant(福島原発の英雄50人への賛美)」というページが開設され、5000人以上のファンを集めている。

 そして、そのページは「人類にとっての本物のヒーロー。神のご加護があらんことを」、「あなたたちの信じられないような自己犠牲は、全世界が敬意をもって見守っています。ありがとう」など彼らの勇士を称える世界各地からのメッセージで溢れかえっており、日本人だけでなく世界中の人たちが彼らの働きに感謝していることが見て取れる。

 専門家の中には、被曝による作業員たちの健康被害は免れられないと訴える者もいる。しかしそれを承知で、日本全国の無事のため戦い続ける181名の作業員たち。私たちは感謝せずにはいられない。自らの命をかけたその働きを。そして、願わずにはいられない。彼らが無事に生還してくれることを。
(文=田代大一朗)
世界は徐々に日本人の民度の高さや自己犠牲の精神など、その凄さに気づき始めているのではないでしょうか?いづれ何によってその民度や精神が培われてきたのかに、世界は着目することと思います。
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : すごいよ、日本・日本人!! - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。