クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

今頃になって、この程度の報道(関東へ放射能汚染図)

メルトダウンしてました。海水の注水止めてました。今頃になって、という話がここ最近多いように思います。
【原発】関東へ放射能汚染図の公開 原子力学会
05/21 23:34 ANNニュース

 福島第一原発から出た放射性物質が3月下旬、関東地方に広がる様子を日本原子力学会が独自に計算し、公開しました。
20110521-210521043-002.jpg

 放射性物質の拡散を予測した図は、21日に開かれた日本原子力学会の緊急シンポジウムで発表されました。作成した名古屋大学の山澤弘美教授によると、放射性物質が関東地方に拡散したのは、3月15日、16日と、20日から22日にかけての2回で、いずれも上空の雲と一緒に海沿いに南下した後、風向きが変わって陸側に移動したと分析しています。特に、21日から降った雨で地表に落ちた可能性が高いということです。政府はこれまで、SPEEDIというコンピューターを使った放射能拡散予測図や実際の放射線量を測定して作った分布図を公表していますが、福島県以外にも広がる様子を予測した詳細な地図はありませんでした。
確かに国内から予測した情報は、なかなか表にでてきませんでした。しかし、欧米では早くから拡散予想のビジュアルな情報は出されており、ネットではそれらにアクセスできるようになっていました。今頃になって、日本原子力学会での発表内容を撮影した程度の報道です。有益な情報のまとめサイトでも早々に情報が提供されていたのだから、広範囲に多くの人の健康に関わる問題なのだから、それらの情報をマスコミは報道してもよかったのではないかと思いました。

拡散予測:
日本気象庁|ドイツ気象局|オーストリア気象局|イギリス気象局|ノルウェー気象局|台湾気象局


スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 原発事故 - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。