クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

藻からバイオ燃料の大量生産へ向けて新会社

以前、拙ブログで紹介した『日本に朗報、「石油」つくる藻類』の藻類とは、異なるようですが、バイオ燃料生産の研究開発を進めるための会社が設立されるとのことです。
IHIなどバイオ燃料で新会社 藻類から大量生産めざす
2011/07/08 電気新聞

IHIとバイオテクノロジー関連のベンチャー企業ジーン・アンド・ジーンテクノロジー(G&GT、大阪府吹田市、榎本ゆう子社長)、ネオ・モルガン研究所(NML、川崎市、藤田朋宏社長)は7日、藻類を用いたバイオ燃料生産の研究開発を進めるため、合同会社を設立すると発表した。G&GTが持つ燃料生産能力で世界最高の藻を活用、燃料の大量生産システムを開発する。IHI横浜事業所(横浜市)内で試験を開始し、2014年頃には燃料のサンプル販売開始を目指すとしている。

藻類の中には成長の過程で燃料となる油を生産するものがあり、特に米国などで実用化に向けた研究開発が盛んになっている。

G&GTが持つ藻は、神戸大学の榎本平教授らが品種改良した「榎本藻」と呼ばれるもの。光合成によって二酸化炭素(CO2)を吸収しながら成長し、燃料を生産する藻の中では増殖スピードが最速で、1カ月で品種改良前の藻に比べて約1千倍の量に増殖する。

これに、微生物の産業応用で実績のあるNMLと、バイオプラントの設計・施工技術などを持つIHIが協力することで、大量培養の実現を目指す。

新会社の名称は「IHIネオジー・アルジ」。8月上旬にNML本社内に設立する予定で、代表はNMLの藤田社長が務める。資本金は2億6千万円で、IHIはこれを含めて4億円を当初2年間で投資する予定としている。
石油は、まだ無くならないけれど、国際情勢に左右されない資源を日本は独自に持っておきたいものですね。
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : うれしいニュース♪ - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。