クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

韓流ブーム、ブーブー

俳優の高岡蒼甫だけが感じていたことではないように思う。昨今のテレビの番組編成から誰しも感じていたことではないだろうか?
高岡蒼甫が韓流ブームに苦言「戦後最悪なこの時代に、誰が望んでるんだ」
7月26日(火)14時29分 RBB TODAY より抜粋

俳優の高岡蒼甫が、Twitterで国内における韓流ブームを非難し、話題となっている。

 高岡は23日、「正直、お世話になったことも多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます。ぐっばい」とツイート。この「8」とは、平日の昼に韓流ドラマを放送するなどしているフジテレビを指していると思われる。

 その後も「ここはどこの国だよって感じ。気持ち悪い!ごめんね、好きなら。洗脳気持ち悪い!」「TV局の韓国おし無理。 けーPOP、てめーの国でやれ」などとツイート。今後の活動を心配する声に対しては「影響出るなら辞めるよ。そんなんで干されたら所詮そんな世界って事でしょ」と応じ、その後も持論を展開した。

 高岡は、韓国自体や韓国のタレントを非難している訳ではないようで、「ただこんな戦後最悪なこの時代に韓国おしって、誰が望んでるんだって話し。もっと伝えるべき事が沢山ある」「まず日本に目をむけないと」「俺は日本がよくなってほしい。惑わされずに良くなってほしい。とにかくそれだけ。だから売国は絶対にNOなんだよ。過激に聞こえるかもしれないけどこれが自分の言い方です」と、日本を愛するが故のツイートだということを説明している。
(以下、省略)
フジテレビお台場合衆国の人気No.1メニューが『冷やし韓国』 「露骨過ぎ」との声
2011.07.31 20:40:21 ガジェット通信

7月16日から8月31日まで行われているフジテレビのお台場合衆国。フードコートやワンピースコーナ、めちゃイケコーナなどフジテレビの人気番組を堪能できるというもの。

そんなお台場合衆国には数々のメニューがあるのだが、そんな一番人気メニューが『冷やし韓国』と発表されネット上で騒然となっている。『冷やし大阪』、『冷やし中国』、『冷やしイタリア』など数々の冷やしメニュー8品を紹介。そんな中で最も売れているメニュー1位に輝いたのが『冷やし韓国』という結果に。

and_132634.jpg

過去にもフジテレビのお昼の番組『笑っていいとも!』にて似たようなことがあった。それはピザハット人気メニューというコーナーで、そこで1位が『特うまプルコギ』になっていたのだ。しかもそのときのランキングは公式の物と異っており、実際のピザハット公式のランキングで『特うまプルコギ』は5位だった。

また同じく『笑っていいとも!』の鍋の人気ランキングでも、全年齢の女性でキムチ鍋が1位だったという内容を放送し、話題となった。

and_132634.jpg

その流れからか今回のランキングもゴリ押しでは無いのかとネット上で言われている。検証が難しいランキングなだけに、果たしてこれが本当かはわからないまま。

それにしても『冷やし韓国』とはどのような食べ物なのだろうか。まだ未経験の人はお台場合衆国で食べてみてはいかが。

『笑っていいとも!』がキムチ鍋に続いてプルコギピザまでも1位に!
0037.jpg

フジテレビは確かに突出しているようだが、フジテレビだけで事を終わらせないで欲しい。
さて、本当にテレビが推すほどの韓国なのだろうか?
韓国、自民3議員の入国拒否 「両国の良好な関係に役に立たない」  
2011.8.1 12:05 産経ニュース

 日本固有の領土で韓国が不法占拠を続け0037.jpgる竹島(韓国名・独島)近くの韓国・鬱(ウル)陵(ルン)島を視察するため、新藤義孝衆院議員ら自民党議員3人が1日午前、羽田空港発の民間機で韓国ソウルの金浦空港に到着したが、韓国政府は「両国の良好な関係に役に立たない」との理由で入国を拒否した。3人は同日中に帰国する見通し。日本の国会議員が入国を拒否されるのは極めて異例だ。

■「安全害する」

 入国を拒否されたのは新藤氏のほか、稲田朋美衆院議員と佐藤正久参院議員。関係者によると、韓国政府は3議員から訪問目的も聞かずに入国不許可を伝えた。出入国管理法の「公共の安全を害する行動を起こす恐れがある」との入国禁止規定を適用したとみられる。

 新藤氏は金浦空港内で記者団に対し、「納得できない」と語った。日本政府は在ソウル大使館を通じて韓国政府側に説明を求めている。

 新藤氏らは2日に韓国の竹島実効支配の拠点となっている鬱陵島に入り、島内の「独島博物館」などを視察する計画を立てていた。ただ、韓国内では鬱陵島訪問が日本側による「竹島支配」の行動と受け止められ、反対運動が加熱。韓国外交通商省は7月29日に武藤正敏駐韓大使を呼び、新藤氏らの入国を拒否する考えを伝達していた。武藤氏は抗議し、再考を求めていた。

■「恫喝に屈しない」

 新藤氏は出発前、羽田空港で記者団に「韓国が竹島をどうとらえているのか、現地に行ってみるだけだ。入国拒否の方針は全く受け入れられない。入国拒否を予告されていかなければ、恫喝(どうかつ)に屈したことになる」と語っていた。

 当初は新藤氏が委員長代理を務めている自民党「領土に関する特命委員会」として視察する予定だったが、党執行部が中止を求めたため、「議員個人の視察」に変更した。
自国の領土・竹島に近い鬱陵島を視察するというだけで入国拒否とは変な話である。自民党時代には、米国から韓国と揉め事を起こさないように指令を受けていたようであるが、米国の顔色を伺わない民主党政権のうちに国際司法裁判所に懸けて決着をつけてはどうだろうか?
スポンサーサイト
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。