クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

とうとう国内で、子宮頸がんワクチン接種後の死亡例

子宮頸がんワクチン接種後の国内での死亡例とのこと。
14歳、子宮頸がんワクチン接種後死亡…国内初
2011年9月12日20時49分 読売新聞

 子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種を受けた国内在住の14歳の女子中学生が、2日後に死亡していたことが分かり、12日、厚生労働省の専門調査会で報告された。

 ワクチンは英グラクソ・スミスクラインが製造した「サーバリックス」で、接種後の死亡例は国内では初めて。ワクチン接種との直接的な因果関係は認められないという。

 報告によると、中学生は今年7月28日に接種を受け、30日朝に心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。中学生には突然不整脈を起こす「心室頻拍」の持病があり、直接の死因は不整脈と推定されている。

 サーバリックスは2007年5月に豪州で初承認され、現在114か国以上で使用されている。日本では09年12月に販売が始まり、これまでに約238万人が接種を受けたと推定される。
追記、リンク先で記事が更新されていました。
2011年9月13日07時02分 読売新聞
(同じ部分は省略)
 サーバリックスは2007年5月に豪州で初承認され、日本では09年12月に販売が始まり、これまで約238万人が接種を受けたと推定される。同ワクチン接種後の死亡は今回が世界で5例目。因果関係がはっきりした事例はないという。
心室頻拍の持病との因果関係は認められないと記事にはあるが、ワクチン接種によって不整脈を引き起こしたと見るのが妥当だろう。

心室頻拍 Wikipediaより引用

心室頻拍(しんしつひんぱく、VT: Ventricular Tachycardia)は、心室の一部から連続して起こる異所性刺激によって頻脈を呈する病態。心室細動に移行する恐れがあるため、危険である。
心室頻拍という死に至る危険性のある持病があったというのに、ワクチン接種が行われたということも問題がありそうだ。
さらに驚いたことに、「これまでに約238万人が接種を受けたと推定される。」ということだ。

以下は、拙ブログでの関連記事
  • 2010/12/28 : 即刻使用中止を、子宮頸がんワクチン
  • 2010/11/19 : 撤回と謝罪、その陰で
  • 2010/07/30 : 拡散希望 「危ない!」子宮頚がん予防ワクチン 動画あり
  • 2010/07/15 : 選挙と利権と子宮頸がんワクチン
  • 2010/06/22 : うげっ、子宮頸がんワクチンの正体
  • 2010/06/18 : うさん臭いぞ、子宮頸がん予防のワクチンの運動
  • スポンサーサイト
    応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

    テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。