クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

改めて防災を考えよう。

阪神大震災には無かった津波の怖さがあった東日本大震災、震災の名が示すように『広域災害』であった。この広域災害では、救援の手がすぐに行き届かないということを想定しなくてはならなくなった。日本もいまやどこが安全とも言えない状況にあると思う。各家庭においても、一度想定した防災を一段階も二段階もあげて、防災・備蓄の準備をしていても無駄にならないと思います。
乾パンよりチョコ、意外に役立つ生理用品…「非常持ち出し品」見直そう 阪神大震災17年、人と防災未来センター
2012.1.14 21:15 産経ニュース

 地震などいざというときに備えた「非常持ち出し品」。阪神大震災の教訓をもとに作成した「人と防災未来センター」(神戸市)のチェックリストは多くの家庭や企業で活用されてきたが、昨年の東日本大震災を機に内容を見直すことになった。「今の時代に10円玉50枚は必要ないのでは」「乾パンよりもチョコを」…と意見が相次ぎ、改訂作業を通して、改めて防災を考える機会にも。3月末の素案とりまとめを目指している。(岸本佳子)

 同センターでは7年前、阪神大震災の被災経験をもつセンターのスタッフらが「非常持ち出し品チェックリスト」を作成した。震災体験をもとに、1点ずつ吟味して必要な項目を選別。その上で、懐中電灯やロープ、粉ミルクなど最初の1日に必要な「1次持ち出し品」と、レトルトラーメンや切り餅などの食料、タオルや雨具に卓上コンロなどの生活用品まで、救援物資が届くまでの3日間程度に必要になる「2次持ち出し品」にわけて整理した。リストは、センターを訪れた人に配布したり、ホームページでも公開しており、「数百万枚が普及したのでは」(同センター)という。

 ところが作成から時間がたち、阪神大震災当時とは社会状況も変化し、「いつか見直さなくてはいけないと思っていました」と同センター企画ディレクターの平林英二さんは話す。そこへ昨年、東日本大震災が起きた。「防災減災の取り組みは何だったのか、と痛感した。これまでやってきたことを点検するという意味でも、リストを見直すことになりました」

 センターの関係者らで「ひとぼう新防災グッズリスト編集委員会」を立ち上げ、昨年10月に第1回の委員会を開催。約20人が現状リストの課題を話し合ったところ、「現金を10円玉で約50枚は必要ないのでは」「携帯電話の充電器が必要」「下着代わりにもなるので大きなサイズのハンカチを6枚ほど」「生理用品は、傷口を水で洗ったあとにあてることもできる。女性だけでなくあらゆる家庭に共通して必要な基本品目に入れるほうがよい」といった意見が次々に飛び出した。また、「1次持ち出し品の量が多すぎる」「子供連れのお母さんなどには背負うのが大変」などの問題点のほか、携帯電話のように「常に身につけておく」という発想も必要、といった指摘もあった。

 11月に開かれた2回目の委員会では「乾パンより、小さく滋養の高いチョコレートやあめ玉を」「救急袋に笛と、消毒用の重曹を追加してはどうか」といった意見も。3月末までに計6回の委員会を開き、素案をまとめる予定だ。

 平林さんは、防災グッズリストを作るだけでは、本来の目標は達成されない、という。リストを使って個々の家庭で実際に備えができるか。備えたとしてもメンテナンスも必要。またロープのように、リストにあっても使い方がわからなくては役に立たないものもある。「防災を特別の非日常なイベントにしたくない。無意識のうちに防災のスキルが浸透するような社会を目指したい。その一環としてリストを見直したい」と話している。
人と防災センター--非常持ち出し品チェックリスト(PDF)
こちらはのチェックリストは、災害時、被災地に救援物資が届くまでの3日間程度を自足してしのぐための備えということです。
東日本大震災のように広域災害となった場合には、
3日間程度では短すぎるように思う。考えたくはないが広域災害が次々と複数重なった場合など、救援が来るまでに1ヶ月を超える。あるいは、救援が来ないことまで、考えねばならないかもしれない。
どこまでの災害に見舞われるかを想定し、備えてみてはどうだろうか?


応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 気になった事 - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。