クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

職務放棄の大臣では?

首相が過去に法相の資格について言及していたとのこと。それを無視しているというのは、大変大きな問題ではないだろうか。
それに法相就任の打診があった段階で、死刑執行命令書に署名する職務があることぐらい判っていたことと思う。自らのポリシーを貫いて、命令書に署名するつもりがなかったのであれば、法相のポストに就くべきではなかったはずだ。
打診の段階で辞退すべきであったと思う。
国会議員というものは、国のため、国の未来のために仕事をするものだと思っている。とりわけ民主党には国会議員になって何がやりたいのかが判らない人が多いように感じる。敢えて言うなら国を奇怪しくするため?と思えてしまうのは拙ブログ管理者だけだろうか?
政権発足後、死刑ゼロ 千葉法相が首相の意向無視を認める
2010.3.19 21:24 産経ニュース

 千葉景子法相は19日の記者会見で、鳩山由紀夫首相が過去に、死刑執行をしない法相は資格がないと発言していることについて、「そういう発言があったことは覚えている。念頭に置きつつ、適切に対応をとっていきたい」と述べた。千葉氏は就任以降、半年以上たった現在まで死刑執行命令書に署名していない。

 首相の意向を事実上、無視している形だが、千葉氏は「首相から(死刑執行について)何か指示をいただいたり、内閣としての大きな考え方が示されたりしていない」と強調。「個別具体的に、どういう時期にどういう形でやることが適切なのか、いろいろある」と言葉を濁した。

 首相は民主党幹事長時代の平成18年7月の講演で、「本来、法相は時期が来れば死刑執行しなければ資格はない。死刑を国民の多くが求めている時代だ」と発言している。
首相の意向も無視の上、死刑執行は首相が指示するものではなく、法相の職務では?
「無視」といえば、国民の大多数の声も無視して、夫婦別姓に向けた努力しか聞こえて来ない訳で、フェミニストとして、家族の解体、国の崩壊を招くことしか頭にないようだ。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。