クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

事業仕分けの次なるターゲットほか

年末に掛けて流行語大賞にエントリーしそうな「事業仕分け」。次なる仕分け対象は「公益法人」とのこと。
来年度は4700公益法人も事業仕分け 仙谷刷新相方針
2009年12月1日14時33分 asahi.com

 仙谷由人行政刷新相は1日の閣議後の会見で、約4700ある各省庁所管の公益法人の事業仕分けを来年度以降実施する方針を明らかにした。前原誠司国土交通相が閣議後の閣僚懇談会で提案し、仙谷氏が了承した。

 政府の行政刷新会議による事業仕分けでは、各省庁の事業を公益法人が独占的に請け負うなどして予算の無駄が生じる構造があぶり出された。これを受け、前原氏が「4700の公益法人の仕分けをして、内部留保や剰余金を予算に活用するべきだ」と提案した。

 仙谷氏は会見で「(公益法人を)逐次ピックアップし、存在そのものを問う観点から早急に検討に入りたい」と述べた。
仙谷担当相:公益法人も仕分け…方針示す 4700対象
2009年12月1日 12時5分 毎日jp

仙谷由人行政刷新担当相は1日午前の閣議後の記者会見で、補助金の支出などで政府と関連する公益法人の事業について、概算要求削減のために実施した「事業仕分け」の手法で見直す方針を表明した。仙谷氏によると対象となる法人数は約4700に上り、準備が必要なため、実施時期は未定。政府の行政刷新会議は11月30日に、年明けから公益法人の「徹底的な見直し」を実施すると決定しており、予算の事業仕分けで国民から高く評価された「無駄遣い削減」の姿勢をアピールする狙いがある。

 刷新会議が決定した見直し方針は、「公益法人の事業が国家公務員出身者の報酬の財源確保の手段となっているとの批判を踏まえ、国民的な視点から徹底的に見直しを行う」とするもので、▽国民生活に不可欠で早期に実施すべきものか▽民間企業の参入を阻害していないか▽地方自治体で実施できるか▽入札の競争が確保されているか--などの観点から点検する。

 前原誠司国土交通相は1日の閣僚懇談会で、「(1100の所管法人を抱え)国交省の力では一つ一つしらみつぶしにするのは難しい。ぜひ事業仕分けの手法で俎上(そじょう)に上げてほしい」と要望。小沢鋭仁環境相も「(法人の)存廃を巡って仕分けすることになる」と後押しした。

 仙谷氏は閣議後の記者会見で「どういうやり方ができるか早急に検討に入りたい」と早期実施に意欲を見せた。【鈴木直】
事業仕分けの陰で、世界において日本は、事業仕分けで捻出した額と桁違いにその価値を下げたことを報道しないマスコミ。そして上記の記事は、ネットでは変態新聞と呼ばれる毎日新聞(変態新聞で検索)。日本が弱体化させる「事業仕分け」を高く評価しているということは、「国民から高く評価された」の「国民」とは、中国・韓国の国民ではないだろうか?
さて、何気に行政刷新担当相の「仙谷由人」って?気になったので、Wikipediaを見ました。
するとやっぱり「ん?えっ?」ということがあるある。その部分を抜粋します。
2009年11月12日、毎日新聞の政策情報誌「毎日フォーラム-日本の
選択」のシンポジウム「政治は変わったか~民主政権の課題と自民再生への展望」において、行政刷新担当相として「事業仕分け」について「予算編成プロセスのかなりの部分が見えることで、政治の文化大革命が始まった」と発言した
1990年2月18日の第39回衆議院議員総選挙に日本社会党公認で旧徳島県全県区から立候補し当選した。当選後は、社会党を現実的に政権を担える党に脱皮すべく、……
2008年1月、在日韓国人等に参政権を付与することを目的とする「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」に参加。
北京オリンピックを支援する議員の会所属
自治労協力国会議員団長を務めている。
そして、関連項目に「ラーの会」とあって何?と目を引いた。それが以下。
ラー(太陽神)の会(らーのかい)2008年3月26日に発足した自民党加藤紘一代議士を中心とする超党派議員の勉強会。 東アジアと日本との安全保障や外交をテーマに活動するのが設立の目的と言われる。 発足は、「2008年2月に韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領に会うことからごく自然発生的にできた」とされている。一方、マスコミからは「政界再編に向けリベラル勢力を結集する事を目的にしている」と評されている。

主なメンバー
・自民党 加藤紘一 元幹事長
・自民党 山崎拓 元副総裁
・民主党 前原誠司 副代表
・民主党 仙谷由人 元政調会長
・社民党 辻元清美 元政審会長

ビビンバの会からの改名経緯
発足当初「ビビンバの会」と呼称していたが、「風格が無い」との理由から改名、エジプトの太陽神「ラー」の名前を取り2008年4月に「ラーの会」とした。命名は梅原猛・国際日本文化研究センター名誉教授。
赤字にした部分から察するに、中国と朝鮮半島に媚び媚びの社会(共産)主義者、平易な言葉では「売国議員」。つまり、日本を日本じゃなくするエージェントということのようです。
事業仕分けよりも、愛国・売国どっちの議員か?を一般の日本の国民に判るように仕分けて欲しいものです。

応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 思うのは私だけ? - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。