クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

また強行しそうな案件「国会法改正案」

これほど鼻息が荒いというこは、間違いなく日本にとって良くない法案と思って間違いないと思います。
国会法改正案 後半国会の焦点に
4月19日 4時21分 NHKニュース

官僚の国会での答弁禁止を柱とした国会法の改正案をめぐって、民主党は、速やかに衆議院の議会制度協議会で議論に入りたいとしているのに対し、野党側は、政治とカネの問題の説明が先決だとして反発しており、後半国会の焦点の一つとなる見通しです。

国会法の改正案について、民主党は、政治主導の国会運営を実現するため、今の国会での成立を目指す方針で、速やかに衆議院の議会制度協議会で議論に入りたいとしています。これに関連して、山岡国会対策委員長は先週、「国民から多数の議席をもらった責任を果たさなければならないので、強行と言われても審議させてもらう」と述べました。こうした発言に対し、自民党・公明党・共産党・みんなの党の野党4党は、鳩山総理大臣や民主党の小沢幹事長の政治とカネをめぐる事件で、与党側が関係者の国会招致に応じるのが先決だとして反発しており、現時点では議会制度協議会の開催に応じられないとしています。また、これに加えて、連立を組む社民党と国民新党も先週、幹事長会談で、「少数政党の意見を尊重し、審議を尽くすべきだ」として、与党単独での採決に踏み切るべきではないという認識で一致しました。こうしたことから、民主党も当面は、野党側に議会制度協議会の開催に応じるよう求めていくことにしていますが、今の国会で成立を目指す方針には変わりないとしており、国会法の改正案の取り扱いが、後半国会の焦点の一つとなる見通しです。
太字を書き換えてみませう。
『(マスコミの世論誘導をバックに)国民を騙して取った多数の議席のある内に改悪を果たさなければならないので、強行と言われても採決させてもらう』
本音は、こんな感じでしょうか?

なお、拙ブログで「国会法改正案」に関する記事は、こちらからどうぞ。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。