クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

マニフェストの意味、調べました。

「マニフェスト」に関連して、前に拙ブログで『マニフェストの日本語訳って、なんだった?』を書きました。

「語源由来辞典」(http://gogen-allguide.com/ma/manifesto.html)によりますと、
【マニフェストの語源・由来】
ラテン語で「手」を意味する「manus(mani)」と、「打つ」を意味する「fendere(fest)」が合わさった語。
「手で打つ」の意味から、「手で感じられるほど明らかな」という意味に派生し、「はっきり示す」という意味で用いられた。
英語で「明らかな」という意味の「manifest」も、語源は同じである。
政治的な宣言の意味で「マニフェスト」使われるようになったのは、1848年、マルクス・エンゲルスが『共産党宣言』の中でドイツ語「manifest」を用いたことに由来する。
ただし、世界に流通した「マニフェスト」は、「イタリア共産党の宣言」をさすイタリア語「manifesto」からで、日本でも「manifesto」を用いる。
いずれにしても、「共産党宣言」に由来しているようです。

そして、知人も以下の新聞記事を送ってくださいました。
マニフェスト記事

「マニフェスト」の語を使う政党や政治家って、「共産党宣言」の違いを勝負しているってことなのでしょうか?
語源も考えずに使っているのは問題ですが、知ってて使っているならもっと問題ですね。
後になって、日本版の解釈では云々などの妙な言い訳はなしにお願いしたいものですね。

それにしても「マニフェスト」って、流行り出した頃よりも、薄っぺらな感じになったように思います。「マニフェスト」の語を使っているか否かを見ておくのも良いかも知れません。

応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。