クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

いよいよ参議院選挙の投票日

「危機意識が足りない」と、どの口で言えるのだろうか?
現政権の基本的な姿勢(最終的な責任は全部ほかに押し付ける)を良く表している代表的な事例であると思います。
農水相、殺処分回避検討の宮崎県を批判
2010年7月10日(土) 01時04分 CBC News i
 宮崎県の畜産農家が種牛の殺処分を拒否している問題で、山田農林水産大臣は、県が処分の回避を検討していることを「危機意識がなさ過ぎる」として、強く批判しました。

 「宮崎県は口蹄疫の国家的危機管理に対する危機意識があまりにもなさ過ぎる。県の甘さ、この危機管理に対する、これがこれだけの感染とこれだけの被害を生んだんだと」(山田正彦 農水相)

 この問題で、宮崎県は殺処分を拒否している畜産農家の種牛を譲り受け、処分を回避することを検討しています。

 これに対して、山田農林水産大臣は「危機意識がなさ過ぎる」と県の対応を強く批判し、例外は認めないという考えを改めて強調しました。
「危機管理国の責任で」 知事、会見で不満
2010年07月10日 宮崎日日新聞

 国に特例での民間種雄牛救済を求めている東国原知事は9日の会見で、「どこの世界に(家畜伝染病のまん延を)地域のせいにする国があるのか。この国の危機管理の正体が分かった」と不満をぶちまけた。

 これまでも口蹄疫対応について「第一義的には県の責任」などと国から批判を受けてきたが、今回の特例適用でも「危機意識が足りない」とはねつけられ、知事の不満が爆発した格好だ。

 知事は「菅首相も(前首相の)鳩山さんも(前農相の)赤松さんも国家危機管理、国家防疫とおっしゃった。(口蹄疫対策)特措法も国の責任で制定された」と述べ、次から次に持ち上がる難題を県が矢面に立って対処している現状を踏まえ、「だったら、(国の責任で)その通りにやってほしい」とまくし立てた。
日本をあらゆる面から破壊・解体し尽くしてから、民主党を選択したのは国民である。悪いのは全て国民だ。と言い出すことは、間違いないだろうと感じずには居られません。
いよいよ参議院選挙の投票日を迎えます。多くの有権者に対して、誤った選択だけはしないように、そして、手にした1票を使わず終いにならないように願う次第です。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

コメント

No title

今朝のフジテレビの番組で、殺処分が決まった種牛6頭の持ち主の方と、電話で話をする場面がありました。この方は、種牛6頭を県に譲渡するとおっしゃっていました。決して自分だけが得をしたいのではなく、誇りある伝統の牛を残したい思いだと話されていました。そして司会者が色々尋ねる質問に「報道されているのとは違うんです。」と。そして司会者の「国が悪いのですか?県が悪いのですか?」と言う問いに「国です」とはっきりおっしゃっていました。このやり取りが何度も繰り返し報道されたらいいのにと思いました。マスコミの皆様が、一日も早く真実を伝えて下さる様になれば、と思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。