クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

なぜ輿石退治にならなかったか?

輿石氏はどんな人?高齢やマイナスイメージ、そんなことは実は一切関係なかったのではないでしょうか?
お世話になった学校の先生、お世話になった先生の頼みだから投票した。そこに日本のためになるとか、ならないとかの判断が入る余地はなかった。日本人の性格が巧みに利用された。そんな風に思います。
輿石氏、組織力でかわし3選果たす
党勢急落、守りに終始 宮川氏、猛追あと一歩
2010年07月12日(月)山梨日日新聞

 現新5氏が立候補した参院選山梨選挙区は、民主党の輿石東氏が自民党の宮川典子氏の猛追を振り切り、3選を果たした。ただ、終盤は守勢に立たされ続け、出身母体の山梨県教職員組合(山教組)を中心とする組織力でかろうじてかわした格好。「政治とカネ」の問題で国民の批判を受けた小沢一郎前幹事長らとともに党運営の中核を務め、「一体視」されたことや74歳という高齢がマイナスイメージとなった。政権交代の原動力となった無党派層の支持を固められず、苦戦を強いられた。民主党参院トップの輿石氏が、政治経験や地盤を持たない宮川氏に小差まで詰め寄られたことは、首相の消費税発言への反発や有権者の民主党政権への失望感が小さくないことを示しているとも言えそうだ。
 輿石氏は今年1月に立候補を表明。県内市町村で視察を繰り返し、中央への影響力をアピールしながら体制づくりを進めた。だが、米軍普天間飛行場移設や「政治とカネ」の問題で、鳩山前内閣の支持率は低迷。菅内閣の誕生でV字回復した支持率も首相の消費税発言で急落し、終盤は「守りの選挙」を強いられた。
 「政治とカネ」の問題で国民の強い批判にさらされた鳩山由紀夫前首相、小沢氏とともに、党運営を担っていたこともマイナスイメージにつながった。公示日に小沢氏が応援のため県内入りするなど「小沢色」を払拭(ふっしょく)できず、無党派層の支持を固めきれなかったとみられる。
 自民党が山教組の選挙活動に批判を強める中、教職員OBが精力的に活動。最終盤には山教組組合員の現職教員による電話作戦も活発化し、最後は組織力で宮川氏の追い上げを振り切った。
(以下、省略)
山梨に限らず有権者の皆様にお願い申し上げます。
次の選挙から教職員OB現職教員から、選挙協力の電話があった時には、「信頼してきた学校や先生なのに、その活動は、決して子供たちの未来のためになりません。目を覚まして欲しい。」と、逆に説得して欲しいと思います。その方が信頼を寄せている先生のためになると思いませんか?
是非よろしくお願い申し上げます。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。