クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

口蹄疫、300億円規模の独自基金を要望

紹介する記事の見出し「独自基金300億円規模 県、国へ緊急要望」の通り、やはり、こういう事態になって来ました。宮崎には、いろんな意味で、とにかく頑張って欲しいと思います。
独自基金300億円規模 県、国へ緊急要望
2010年07月30日 宮崎日日新聞

 県は29日、口蹄疫復興に関する国への緊急要望を取りまとめ、発表した。県が独自の設置を検討している基金は300億円規模と設定。県財政が厳しいため、基本的に国による全額財政支援を希望している。また、感染が集中している西都・児湯地域への「復興特区」創設、国の防疫体制の見直しなども要望。東国原知事は「危機的な本県の財政状況では、国の全面的な支援なくして復興を成し遂げることは到底不可能」として、政府に実現を強く求めた。31日に民主党県連に伝え、8月上旬にも政府へ直接要望する。

 県総合政策課によると、緊急要望は畜産農家や関連事業者への支援、本県のイメージアップと宮崎ブランド回復への支援など八つの柱で構成し、具体策39項目が並ぶ。

 県の独自基金300億円は、3年間かけて必要な事業に全額充てる「取り崩し型」。具体的な使い道では、繁殖牛や肥育牛の買い支え、種牛や種豚の育成支援、新設する「県内一斉消毒の日」の運用などを挙げている。

 300億円の根拠について県は「必要な事業を積み上げた結果」としており、今後さらに上積みが必要なケースも想定しているという。ただ、県は4月以降、総額592億円もの口蹄疫対策費を計上。「貯金」に当たる財政調整積立金を約67億円取り崩し、財政は逼迫(ひっぱく)。このため基金全額を国に支援してもらいたい考え。

 これとは別に、口蹄疫対策特別措置法第23条に基づく基金の設置について、国は28日の衆院農林水産委員会で「(復興対策について)基金設置を含めて対応を検討する」として、基金を設置しない可能性も示唆。今後、県独自の基金と、国が検討している基金について調整が必要となりそうだ。

 このほか、国直轄事業で、感染が集中した西都・児湯地域を復興特区に指定し、国庫補助事業の補助率のかさ上げや優先採択などに取り組むよう要望。

 防疫体制の見直しでは、ウイルスの侵入経路について「国家防疫の観点から、国の責任において解明すること」と訴える。口蹄疫対策や復興対策で生じる地方負担は、全額を特別交付税で措置するよう求めている。

◇県の口蹄疫復興に対する緊急要望のポイント
・県が創設する300億円規模の基金への全面的な財政支援
・西都児湯地域に「復興特区」創設
・ウイルス侵入経路の解明と国の防疫体制見直し
・繁殖牛や肥育牛の買い支え・種雄牛、種豚の育成支援
・地方負担は全額特別交付税措置
この緊急要望に対して、山田農相は否定的な考えだそうです。外国人も対象になるようなバラマキ政策には大盤振る舞いなのに、国内の畜産農家に限定される緊急基金には、出したくないということのようです。
口蹄疫:農相、復興基金設立に否定的考え
2010年7月30日 毎日新聞

 宮崎県が口蹄疫(こうていえき)からの再生・復興基金を300億円規模で9月に設立すると発表し、国への支援を求めたことについて、山田正彦農相は30日の閣議後会見で、基金創設に否定的な考えを示した。山田農相は「農林水産省としては、出荷期を過ぎた家畜の補償や経営再建に向けての支援など、具体的に農家支援を行っている。今の時点では、基金を作ることなく、きめ細かい措置はできているのではないか」と述べた。

 そのうえで、山田農相は基金創設について「これから、内閣全体での検討課題だ。農水省で基金を作ると言って、できるわけではないし、これからの対策は、むしろ商工業者などの関連業者への地域振興策ではないか」とも語った。【佐藤浩】
拙ブログでも、以前取り上げていましたが、事業仕分けの前に、基金は存在していたのです。こちら「口蹄疫、なぜ飛び地で被害発生?」を参照ください。
事業仕分けの失敗例として、もっとマスコミは取り上げるべきだと思います。
そして、宮崎における口蹄疫が家畜伝染病の問題ではなく、日本に仕掛けられたバイオテロの可能性が大きいことをもっと多くの人が知り、検証する必要があるように思います。
こちらのブログ記事をご紹介します。
 「てかまる日誌」さんより 種牛の冷凍精子盗難から、口蹄疫発生まで   2010/05/26 18:55
宮崎県が大変な状態なのを横目に、韓国は和牛そっくりの韓国牛を発表。
その陰で宮崎牛の冷凍精子が盗まれる事件が起きていた。


2009年10月
宮崎県内の農協で 宮崎牛の冷凍精子1,300本が盗まれた。

2009年11月
農協の近所の畜産業者で「口蹄疫」に感染した牛が発見される。

それまで、「口蹄疫」は韓国内で大流行であったが、日本へは上陸していなかった。

また、口蹄疫発症地域からの韓国人研修生受け入れはずっと断ってきたのだが、農水省や民主議員の強い要望で実行になった。


2010年
韓国は「韓牛」という名の新ブランドを立ち上げた。和牛にそっくりな韓国牛になるという。


ハッキリ言って、韓国人が宮崎牛の冷凍精子を宮崎の農協から盗んで、
口蹄疫を宮崎にばら撒いて帰って、盗んだ和牛の精子で「韓牛」というブランドを立ち上げた…と疑われても仕方がない。

イチゴの苗を大量に盗んだ前科もある。

日本の畜産壊滅工作を強烈サポートしてしまった民主党。

昨年の政権交代が後世に残していく闇は予想以上に深い。
MIXIユーザーの日記からの転載でした
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1497442593&owner_id=17039233

種牛の冷凍精子盗難事件については、こちら↓を参照ください。
 宮崎日日新聞より、エリート牛の精液盗難事件の特集記事 血統スーパーエリート牛―精液盗難事件の周辺(上)
血統スーパーエリート牛―精液盗難事件の周辺(中)
血統スーパーエリート牛―精液盗難事件の周辺(下)

【検証第1部・流出】1…広がる闇
【検証第1部・流出】2…常態化
【検証第1部・流出】3…闇ダネ
【検証第1部・流出】4…ジレンマ
【検証第1部・流出】5…モラル破綻

【検証第2部・発端】上…「研修生ならばれない」
【検証第2部・発端】下…転売

【検証第3部・刷新】1…改良と市場
【検証第3部・刷新】2…鹿児島県
【検証第3部・刷新】3…熊本県
【検証第3部・刷新】4…兵庫県
【検証第3部・刷新】5…厳格化

拙ブログで「口蹄疫」をキーワードに持つ記事は、こちら 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 大手メディアが伝えない情報 - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。