クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

1000万人移民政策の果て

日本の子供たちに明るい未来を残そうという思いに欠けた政治家、目先の利益しか考えない財界人、こういう人たちは、少子高齢化の日本に「1000万人移民政策」をと掲げています。世界はを見渡せば移民政策の後に、どうなったかを身を挺して示してくれる有り難い国があります。
最近『フランスを見倣おう。国旗への意識も法律も』で取り上げたフランスです。
仏で「移民犯罪」対策を強化へ 人権団体など猛反発
2010/08/01 18:48 共同通信

 【パリ共同】フランスのサルコジ大統領はこのほど「外国出身のフランス人」が国内で重大犯罪を起こした場合、国籍はく奪や国外追放などの強い措置で臨む方針を表明した。野党や人権団体は、移民だけを標的にした「フランスを分裂させる暴挙」と猛反発、激しい論争となっている。

 大統領は7月30日、南東部グルノーブルで演説し「警官など公務員を攻撃し、命を奪った外国出身者は国籍をはく奪されるべきだ」と指摘。「われわれは50年に及ぶ、不十分な移民政策の結果に苦しんでいる」として「ならず者に対する国家を挙げての戦争」を完遂すると、不退転の決意を見せた。移民省当局者は31日「国籍はく奪法案」が9月下旬にも国会に上程される見通しを示した。

 演説の背景には、グルノーブル郊外などで7月、警官による射殺事件をきっかけに広がった警察署襲撃などの暴動がある。大統領は国籍法の改正も含めた抜本的な移民対策に乗り出す見通し。
移民が問題になっている国は、フランスだけではありません。ドイツ、オランダもそうです。ネットで調べても移民政策の成功例が見当たりません。

ドイツでも移民問題


オランダの悲劇―多文化共生がもたらしたもの


何でも海外を真似することが良いことでしょうか?
国の生い立ちそのものが外国とは異なる日本だから、そのことを前提に打ち出そうとする政策が、日本に合う合わない、良い悪いを考えて欲しいものですね。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。