クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

(談話発表)アホな事するなぁ

「アホな事するなぁ」とは、謝罪談話を発表したことが、ある先生の耳に入った際のコメントで、それを今回のタイトルにいただきました。
「アホな事するなぁ」全くその通りと思います。最も簡潔に今回の謝罪談話(日本国民裏切り談話)のことを言い表され、いつもながらにすごいなぁと感激しました。
謝罪談話は、29日(日韓併合百年)に、あるいは、15日(日本の敗戦日、韓国の光復節)といった何か意味のある日を狙うと思っていましたが、10日に行われました。きっと多くの日本国民の気が付いて、謝罪談話発表に対する大反対運動に発展する前に事を急いだものと思われます。菅直人、仙谷由人にとって、日本国や日本国民のことなどは、眼中に無いということ、日本国民のためにならない政党であるとハッキリ国民がしるところになったのではないかと思いました。
謝罪談話発表という犯した罪は大きい、また、画策がわかってから時間が無かったとはいえ、談話発表を阻止できなかった罪も大きいように思う。後者の罪は、いろんな意味で日韓併合百年などという節目を迎える年に民主党政権を誕生させてしまったことや、鳩山氏から菅氏への交代劇によっ極左政権を誕生させたこと、この談話発表までの様々なことも含んでのこと。

菅直人、仙谷由人の自己満足はさておき、謝罪談話を発表してどうだったのだろうか?謝罪相手は全く物足りないということを早々に伝えて来ています。
日韓併合100年:菅談話に韓国政界「不十分」「誠意疑う」
2010/08/11 09:49:10 朝鮮日報

 韓日併合100年に合わせた菅直人首相の談話に対し、韓国の政界では「一部進展はあった」という声がある一方で、「依然として不十分で、失望した」とも評されている。

 ハンナラ党の安亨奐(アン・ヒョンファン)報道官は10日、論評を通じ「菅首相が、韓日強制併合は韓国人の意に反していたと表現、朝鮮王室儀軌などを返還する意向を表明したことは、過去より一歩前進した動きと評価できる」と述べた。だが、「『強制併合条約の違法性』と『旧日本軍による慰安婦の強制連行』などについて具体的な言及がなかった点は、植民地支配を昨日のことのようにはっきりと記憶している韓国国民の気持ちを鎮めるには不十分」としている。そして、「歴史問題について虚心坦懐(たんかい)に話し合うことを土台に、未来志向的なパートナーシップを築くため、具体的に実践していかなければならない」と語った。

 民主党の全賢姫(チョン・ヒョンヒ)報道官は「韓日強制併合は根本的に無効であるという宣言が抜け落ちているほか、植民地支配時期の数多くの犠牲や、旧日本軍による慰安婦問題などに対する言及が全くない。その誠意に対し、疑いの目を向けざるを得ない」と述べた。その上で、「強制連行や慰安婦の被害補償問題などについて、誠意ある後続措置が伴うべき」と指摘した。

 自由先進党の朴宣映(パク・ソンヨン)報道官は「少々不十分な点はあるが、『痛切な反省と心からのおわび』と明言したことは歓迎する」と述べた。しかし、「韓国人の遺骨返還問題などは、人道的なものではなく『法的な問題』として早急に解決しなければ」ともしている。

 民主労働党のウ・ウィヨン報道官は「中身が抜け落ちた談話で、謝罪表明はリップサービスにすぎない。日本による韓国強制併合は、韓国だけの問題ではない。謝罪は北朝鮮に対しても当てはめられるべき」と述べた。

趙儀俊(チョ・ウィジュン)記者
韓国市民団体、日本首相「謝罪談話」に失望表明
8月10日14時22分配信 聯合ニュース

【ソウル10日聯合ニュース】日本の菅直人首相が10日に韓日併合100年を迎え植民地支配と関連し、「心からのおわび」を表明する談話を発表したが、韓国の市民団体は一斉に失望感を示した。また、日本政府が「朝鮮王室儀軌」など朝鮮半島由来の図書に対する返還意思を明らかにしたことに対しても、「当然のこと」だと厳しい評価を下した。
 勤労挺身隊として戦時に日本企業で労働を強いられた韓国人女性らの救済を求める市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」は、韓日併合100年という政治的に重要な時期の意味を見過ごした談話だとし、過去より進展した内容とは言い難いと評価した。

 植民地支配の被害者の補償問題に対する言及もない、言語的修辞にとどまったことが残念だとし、全体的な流れから見ると、韓国と日本間の不信と障壁を乗り越えるには不十分だったとした。

 太平洋戦争犠牲者遺族会も、「本当に期待に及ばない内容だ。日本が本当に反省しているのか疑わしい。談話にある『痛切な反省』も信じられない」と述べた。

 文化財返還と関連しては、国際法改正で日本が保有したくてもできなくなっていると指摘し、日本は韓国から持ち出した文化財をすべて返還すべきだと強調した。

 韓国挺身隊問題対策協議会もまた、植民地支配で苦痛を受けた被害者問題に対する明確な見解を明らかにせず、謝罪だけするのはまったく意味がないと強調。歴史問題を真実で解決しようとするなら、被害者への補償と立法措置を行うべきだと提案した。

 談話発表時期に対する批判の声も上がった。

 民族問題研究所の朴漢竜(パク・ハンヨン)研究室長は、謝罪談話文は8月15日か、併合条約締結日の同22日など歴史的な日に発表するのが原則だと指摘。その前に談話文を発表したのは、終戦記念日の15日を、韓国を排除した日本だけの行事にし、国恥日(8月29日、韓国併合条約公布日)は無視する意図があるようだと分析した。また、アジア諸国への植民地支配と侵略を謝罪した1995年の「村山談話」以上の内容はなく、「非常に失望しており、だまされた感じ」だと話した。

 一方、学界も「要点を避けた談話」と手厳しい評価を下す。金泳鎬(キム・ヨンホ)柳韓大学総長、李泰鎮(イ・テジン)ソウル大学名誉教授、姜万吉(カン・マンギル)高麗大学名誉教授らは、韓国併合条約の違法性を認めなかった点、慰安婦の強制動員への言及がなかった点などを挙げ、今回の談話は村山談話水準にとどまったと指摘した。
詫び続けても良い結果にならないことは、分かりきっていたことですが、考え方によっては村山談話を越えない内容で、肩すかしを喰らわせたということでしょうか?

韓国への謝罪談話を聞いた、中国もゴネ始めたようです。
韓国だけではない=首相談話で中国紙
8月11日11時48分配信 時事通信

 【北京時事】11日付中国紙・新京報は評論で、日韓併合100年の菅直人首相談話について、「日本の植民地支配で傷つけられたのは韓国だけではない。(北)朝鮮、中国や東南アジア諸国も苦しめられた」と指摘した。
 中国メディアは首相談話を軒並み大きく取り上げて注目。菅内閣の全閣僚が、15日の終戦記念日に靖国神社を参拝しない意向を表明したことも伝えている。インターネット上には、「なぜ韓国だけなのか」「いつ中国にわびるのか」などと書き込まれ、国民も高い関心を示している。
民主党には政治も外交も無理なようです。早く衆議院解散して、正常な日本に戻してほしいものです。
おまけ
菅直人「じゃあ国歌を歌わなかった証拠を出せよ」→「でてきましたw」
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。