クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

新聞とネットでかなり異なる支持率

新聞とネットで民主党代表選の候補者支持率がかなり異なるようです。どちらも調査母数や設問など問題が多々あることも確かですが、その数字に振り回されないように、ふ~ん程度に受け止めるので丁度良いかと思います。
新聞とネットであまりに異なる菅vs.小沢の支持率
web R25 9月6日(月)9時19分配信

14日に投開票が行われる民主党代表選。菅直人総理(63歳)と小沢一郎前幹事長(68歳)の一騎打ちとなったが、現在マスコミやネットの各サイトでは「管vs小沢、どちらを支持するか?」の世論調査が行われている。だが、その結果はメディア(サイト)によって大きな違いがあり、特に新聞・テレビなどの大手マスコミとネットメディアのかい離が大きい。

通信社や新聞社、テレビ局の電話調査の調査によると、7割前後が菅直人派。たとえば、共同通信社(8月28日)は菅氏69.9%、小沢氏15.6%、読売新聞(8月29日)は菅氏67%、小沢氏14%、日テレNNN(9月3日)は菅氏72.0%、小沢氏16.1%だ。

(以下割愛、全文はソースにて)

新聞もネットも、『菅vs.小沢』という構図で代表選を扱っています。確かに出馬は、このお二方なんですが、謝罪談話もそうでしたが、今の菅内閣は仙谷氏の傀儡で実権的には『仙石vs.小沢』というのが本当の構図なんでしょうね。敵意むき出し度合いも、菅氏よりも仙谷氏の方、激しいように思います。代表選が終わって丸く収まることはまずないように思います。分裂必至かな。

お時間のある方は、↓のリンク先をご覧ください。
菅と仙谷「小沢は死んだ」 憎悪と恐怖でぶち切れた暗闘・陰謀・保身・流血 9・14民主代表選のウラ

5ページ目をみると、併合談話がなぜ韓国だけに向けられていたのか?その裏事情が書かれています。まったくこの権力抗争に併合談話まで利用していたのかって、呆れてしまいました。

応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。