クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

尖閣諸島問題:在中邦人の身に危険はないのか?

言論統制の厳しい中国において、ネットは野放し状態。中国共産党が裏で煽っているのか?そういう演出を自演しているのか?、そんなふうに見る方が正しいのかもしれない。という気がしています。
船員解放「中国外交の勝利」…ネットは大騒ぎ
2010年9月13日22時18分 読売新聞

 【北京=関泰晴】東シナ海の日本領海で海上保安庁の巡視船と衝突した中国漁船の乗組員14人が13日午後、中国政府チャーター機で福建省福州に到着した。

 中国外務省の姜瑜・副報道局長は、14人の帰国について、政府と国民の一体行動の成果だとの談話を発表した。中国では実際、政権統制下での反日ムードが再び、急激に盛り上がっている。

 姜副局長は、「政府は日本に厳重な申し入れを重ね、全人民が違法行為を非難した。政府と人民が領土を守り抜く断固たる意思を示した」と述べた。残る漁船船長の即時釈放も求めた。

 呼応するかのように、インターネット掲示板では、「中国外交の重大な勝利だ」との凱歌(がいか)が上がり、船長釈放要求が殺到。さらに、「原爆を落とせ、ミサイルを撃て」といった書き込みも相次いだ。

 北京の日本大使館などによると、天津市にある日本人学校(生徒数193人)では、12日夜、走行中の車からパチンコ玉状の鉄球が投げ込まれ、正門近くの警備員室の窓ガラス2枚が割れた。13日朝には、学校の壁に黄色のペンキで「中国人民は侵犯を許さない」と書かれているのが見つかった。

 香港紙・明報は13日、中国最大規模のハッカー組織「中国紅客連盟」が、満州事変(1931年)の発端となった柳条湖事件から79年にあたる18日まで、日本政府機関サイトを攻撃する計画だと伝えた。ネット上では、日本製品不買運動呼びかけも相次いでいる。

 ただ、安定維持を最重視する政権は、街頭デモなどが社会秩序を乱す事態は断じて許さない構えだ。民間団体・中国民間保釣連合会は10日、北京で海軍出動を求めるデモを計画したが、当局は許可せず、胡錦濤国家主席あての対日武力行使請願書も受理しなかった。
日中記者交換協定の下でフィルタの掛かった記事という前提で大手マスコミの記事は読むように心掛けたい。
例えば、
 「巡視船と衝突した」
   →「巡視船に体当たりした」
 「中国では実際、政権統制下での反日ムード再び、急激に盛り上がっている。」
   →「中国では実際、政権統制下での反日ムード再び、急激に盛り上げている。」
と、読み替えてみるのもいいかもしれません。
そんな風に読み替えていくと、記事の締めのところの「安定維持を最重視する政権は~」って、中国政府寄りの記事を書き足せと指示されたのかもと疑いたくもなります。

さて、その記事によると、日本人学校に被害が及んだとのこと、反日感情を焚きつけられた人民は非常に恐い存在だと思います。
中国に事業を展開している日本の企業や工場の邦人の安全は確保されているのでしょうか?邦人の人命に関わる問題に発展する前に、日本政府として在中邦人に対して帰国を指示する用意があると発表するなどしないものでしょうか?こういう対応は早いに越したことないのではと思うのですが...

応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。