クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

尖閣諸島問題:いよいよ奪うつもりか?

日中記者交換協定があるから日本のマスコミは、中国寄りの報道しかできず正しい情報は得られないと、少々前の拙ブログ記事「尖閣:日本のマスコミはスルーですか?」で、紹介しましたが、最近、尖閣諸島の話題の伝わり方が変わって来たように思います。
船長拘置延長、中国「強烈な報復措置を講じる」
2010年9月19日21時19分 読売新聞

 【北京=佐伯聡士】尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖の日本領海内での中国漁船衝突事件で中国人船長の拘置延長が決まったことについて、中国外務省の馬朝旭報道局長は19日、日本側に船長の即時無条件釈放を要求する談話を発表。

 その上で、「日本側が独断専行で過ちの上に過ちを重ねるなら、中国側は強烈な報復措置を講じ、その結果はすべて日本側が負うことになる」と警告した。

 中国中央テレビによると、外務省は、具体的な報復措置として、日本との間で、閣僚級以上の省庁・地方政府間の交流のほか、8月に合意したばかりの航空路線増便のための協議などを中止したことを明らかにした。

 外務省はまた、「責任は完全に日本側にある」と強く非難し、「日本側の行為は、すでに中日交流に深刻な損害をもたらした」と強調している。
日中記者交換協定で、中国寄りの報道しかできないはずのマスコミが、ここまで中国の強硬な姿勢を、日本のマスコミに報道させているということは、尖閣諸島漁船問題を使って、いよいよ事を起こそうとでもいうのでしょうか?
日本と共同で海洋資源開発なんてことを本気でしたくないのでしょう。尖閣諸島が竹島のようなことにならないことを願って止みません。
それと、天安門もそうですが、中国共産党って、何かやらかしても不思議でないことを忘れてはなりません。

中国海軍の犯罪の証拠 :チュオンサ諸島における惨殺
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : こんな見方もありかな? - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。