クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

徹底的に嘘をつくのは、中国4000年知恵かなぁ?

中国は、過去に遡ってまで、地図を改ざんしているそうです。
中国 清時代の地図を改ざんして「尖閣は中国領」と主張
2010.10.05 17:00 NEWS ポストセブン

 1960年4月に北京市地図出版社が発行した『世界地図集』には、「尖閣諸島は日本領土」ということが明記されている(関連記事参照)。

 この地図を見れば、現在日本政府が公式見解としている通り、「日中間に領土問題は存在しない」ことは明らか。ところが1968年を境に、中国の地図表記はガラリと変わってしまったのである。

 1968年といえば、アジア極東経済委員会(ECAFE)が、尖閣諸島周辺にペルシア湾級の石油・天然ガスが埋蔵されている可能性を指摘したそのタイミングである。

 同地図を発掘したジャーナリストの水間政憲氏がいう。
「私が発見した1972年発行の、同じ北京市地図出版社の『世界地図集』では、いきなり自国領として中国名の『釣魚島』『赤尾嶼』を掲載していました。さらに驚くべきは、清時代の地図の改ざんまで行なっていたのです」

 1905年に初版が出版された『大清帝国全図』には尖閣諸島が中国の自国領だと示す記述はまったくなかったが、1987年に出版された『中国歴史地図集』には、なぜか「1820年当時の清」との説明で、釣魚島と赤尾嶼の表記に括弧つきで(福建)と記されていた。

「歴史的に見ても福建の行政区であり、『清の時代から中国領土だと主張していた』といいたいのでしょう。でも、これは完全なウソ。中国は、目的のためにはどんな手段も正当化してしまうのです。7-8年前から、中国人が神田(東京)の古書店をうろついています。古書店の店主は、『中国人が中国の古地図を買い漁っていて、地図が出回らなくなった』と嘆いていました」(同前)

 これも中国による歴史塗り替え工作の一環なのだろうか。その意味でも、この地図は中国による“改ざん前の事実”を記した極めて貴重なものだといえる。

※週刊ポスト2010年10月15日号
国を上げてなのか?中国共産党はなのか?判りませんが、こうも徹底して行動を起こしているところがすごいです。
強気で嘘をついてみて、通れば儲け物ということが当たり前な文化なのでしょうか?

さて、沖縄近海で貴重な鉱物資源が分布しているなどのニュースを見ると、中国によって、さらに改ざんされた地図が世にでてきて、沖縄も中国だということになるのでしょうか?
沖縄近海に世界最大の熱水域
10月6日 4時20分 NHKニュース

沖縄近海の海底の地下に、高温の熱水がたまった世界最大規模の「熱水域」があることが新たにわかりました。こうした熱水の周辺には貴重な鉱物資源が分布している可能性があり、今後の研究が期待されています。
NHK_101006.gif
これは独立行政法人海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」が、先月1日から行った調査の結果、明らかになったものです。「ちきゅう」は、沖縄本島の北にある伊平屋島沖の海底にメタンガスや二酸化炭素を含む大量の熱水が噴き出している場所があることから、その周辺をドリルで掘削して調べました。その結果、200メートルほど掘り進めた地下に250度以上の熱水が大量にたまっていることが新たにわかったということです。研究グループによりますと、見つかった「熱水域」は半径10キロ、厚さ100メートルの範囲に及び、これまで世界で見つかっている350ほどの「熱水域」の中でも最大規模だということです。またこうした場所には、金や銀などの貴重な鉱物資源が分布している可能性が高く、今後の研究が期待されています。海洋研究開発機構の高井研さんは「今回の発見の成果をさらに幅広い分野に生かしていきたい」と話しています。
平気で嘘をついてみるということ。なんだか、ジャッキー・チェンか何かの中国映画で見たことのあるような、コミカルなワンシーンが、ふと思い浮かびました。

男Aが男Bに嘘をついて男Bの様子見る。しかし、男Bが嘘を見破り怒って拳を振り上げると男Aは縮こまって詫びる。そして、男Bがその場を去ろうと背を見せた後ろで、男Aは声を出さずに文句を言い拳を上げる。その気配に男Bが振り返ると、男Aは慌てて縮こまる。そしてまた、男Bがその場を去ろうと・・・

振り返ると縮こまる。これが何度か繰り返されるシーンであるが、そんな感じのシーンってよく中国映画で目にしたような記憶がある。つまり、映画に盛り込まれる日常的なシーンだろうから、平気で嘘をつくのは、中国4000年の文化なのかもと、妙に納得してしまいました。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : こんな見方もありかな? - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。