クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

トルコ建国の父、アタテュルク像、串本へ

柏崎のテーマパーク「柏崎トルコ文化村」の経営難で閉園により、野ざらしになっていたトルコから送られた建国者のアタテュルク像に関して、ほっとしたニュースがありましたので紹介します。そして、ニュース記事だけでは伝わっていないトルコとの深い関係を動画でご紹介します。
トルコ建国の父、アタチュルク銅像 新潟から和歌山・串本に移設へ
2009.12.18 20:00 産経ニュース

 トルコ共和国政府が新潟県のテーマパークに寄贈したものの、閉園などによって、屋外に放置されたままとなっていたトルコ建国の父、ムスタファ・ケマル・アタチュルク初代大統領の銅像が和歌山県串本町に移設されることが決まり、18日、串本町が発表した。トルコの軍艦「エルトゥールル号」が串本沖で沈没した際、地元漁師が救出活動にあたったゆかりがあるためで、沈没から120年にあたる来年6月に除幕される。

 銅像が設置されていたのは新潟県柏崎市のテーマパーク「柏崎トルコ文化村」。平成8年に開園したが経営破綻し、17年に閉園していた。その後、施設は結婚式場として利用されていたが、新潟県中越沖地震が発生。倒壊の恐れがあるとして像は台座から外され、屋外に放置されたままとなっていた。このため「トルコとの友好関係を損なう」という声もあがっていたという。

 移設をめぐっては20年3月、駐日トルコ大使館がゆかりのある串本町に打診。町議会も承認するなどして交渉が進められていたが、同園の土地をめぐる訴訟が起き、移設交渉はいったん頓挫していた。しかし、今年10月にトルコ大使館が像の寄贈を要請したところ了承され、移設が決まったという。

 串本町の田嶋勝正町長は「両国民の友好のシンボルとなる像の移設が決まり、うれしい」と話している。

日本トルコ交流史

友好国トルコ

救出活動を行った漁師たちの心が、トルコに伝わりそれがイラン・イラク戦争(1985年)で恩返しされていました。そういう心の繋がりがありました。この話の起点にあるのは「心」、かつて普通に持っていた日本人の「心」の有り様だと思います。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : うれしいニュース♪ - ジャンル : ニュース

コメント

No title

ついに有志の念願が叶い、銅像が串本町に行けることになりましたね。ネット署名も相当数集まってました。

Re: No title

落ち着くところに落ち着き良かったです。コメントありがとうございました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。