クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

経団連は、日本を冠するに値しない

日本経団連のコメントに、政府は耳を傾けないで欲しい。経団連の目に写る日本は、単なる市場(マーケット)の1つでしかないようだ。
経団連会長、TPP参加で労働力として移民奨励
2010年11月8日19時58分 読売新聞

 日本経団連の米倉弘昌会長は8日の記者会見で、「日本に忠誠を誓う外国からの移住者をどんどん奨励すべきだ」と述べ、人材の移動が自由化される環太平洋経済連携協定(TPP)への日本の参加を、改めて促した。
 米倉会長は「将来の労働力は足りず、需要をつくりだす消費人口も減る」と述べ、積極的な移民の受け入れが必要との考えを強調した。
日本の多くの人が仕事に就けずにいる現状があり、その先にあるのが日本の将来だろう。しかし目の前の現状に対するコメントは一向に聞こえて来ない経団連である。
普通の日本人から見れば、今の就職難な状況を知っていて、何を血迷っているのか?といいたくなる移民奨励である。
経団連からすれば、日本人を雇うことは儲けを圧迫する高い人件費としか見えていないのだろう。正社員であれば福利厚生、労働条件など、経営層から見れば面倒に写るのだろう。だから、派遣社員や契約社員を求め、挙げ句果ては、外国人労働者の受入である。単純に市場としてしか見ていないのだろうと思います。
参考までに、日本人雇用離れを伝える記事のリンクです。
広がる外国人の新卒採用 国内の学生にしわ寄せも

さらに、経団連会長の記事です。
経団連会長、尖閣映像流出「日中関係沈静化の流れに反する」
2010/11/8 16:52 日経QUICKニュース
 日本経団連の米倉弘昌会長は8日の定例記者会見で、尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件のビデオ映像がインターネット上に流出した問題について「日中関係の沈静化の流れに逆行する。政府が言うように公務員法違反であり、よく追及すべきだ」と述べた。

 そのうえで「領土問題について両国とも強い主張を持っており、それを認識した上でお互いに努力しながら隣人として仲良くしようという姿勢を貫いてきた。衝突事件がどうして起きたかの議論は既に済んだと思っており、追及すべきではない」と述べた。
このコメントと先の記事のコメントを合わせて、鑑みるに中国は良い市場、日本は悪い市場とだけ考えているように思います。国家(日本)に対する帰属意識の欠如だろうと思います。だから、今回のタイトルを「経団連は、日本を冠するに値しない」としました。
なぜこうなったのかを考えるに、かつて当たり前だった終身雇用が崩れた原因でもある成果主義やビジネスのグローバル展開など、欧米のやっていることが正しいことのように後を追ったことではないだろうか?
成果主義は、狩猟民族的な弱肉強食の世界を感じますし、ビジネスのグローバル展開は植民地支配を彷彿させます。経団連会長のコメントは、欧米被れで日本の文化や信条にあっていないようと思います。浪花節的で泥臭そうな方が日本らしい気がします。


さて、昨日の『石にかじりついても頑張るらしい』について、友人より、「大変慈悲深い見解ですが、記事の内容には反対」とコメントをもらいました。なので、少し補足します。

民主政権には、醜いほどに手にした権力にしがみついてもらい、民主党の首相を育てることなんてことは不可能だ、あと少し任せてみようなど国民の誰一人、微塵も思わないくらいにボロを出して欲しい。そして、それをお祭り騒ぎのようにワイドショー化して取り上げ、また次の政権交代を演出するマスゴミの無責任ぶりもとことん発揮して欲しい。マスゴミの狙いは政治を常に安定させないことだろう。それと周りから民主党政権を支持(指示?)する経団連の奇怪しさにも、一人でも多くの国民に気づいて欲しいと思っています。
マスゴミも経団連も日本をとりまく変なの全部引っくるめて国民に気づいて欲しいです。一般国民はマスゴミに踊らされ続けていること、と自分で考えなくなっていることに気がつけていないように思います。だから、これでもかという状況を目の前にして、自ら考え行動する国民になって欲しい。そのために現政権に変に頑張ってもらいたいということでした。現政権が頑張ってとりまく変なのが全部明らかになるほどに、次の政権が安定するだろうということでした。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。