クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

パンダって何だ?

パンダって、本当に「友好の使者」でしょうか?
ばってん日記:不快なパンダ報道 /熊本
2011年2月28日 毎日新聞 地方版

 一連の「パンダ歓迎報道」に私は強い違和感を抱いている。「日中友好の使者」として、パンダ2頭が中国四川省から上海を経由し、成田空港、上野動物園に到着するまでを逐一、祝賀ムードで伝えてきた。だがマスコミのはしゃぎぶりは、国民感情から「浮いている」ようにしか見えない。

 尖閣諸島沖での中国漁船の無法な衝突、その船長の逮捕と釈放、日本人社員4人の身柄拘束、レアアース輸出制限など、一連の圧力を思えば歓迎気分になど、なれない。

 私はむしろ、当の中国の故事成語「朝三暮四」を連想した。飼い猿たちにドングリを与えるのに「これからは朝に3つ、暮れに4つやる」と言うと、餌の削減に気づいた猿たちは怒った。そこで「では朝に4つ、暮れに3つやる」と言うと、同じ7つなのに猿たちは喜んだという。転じて「うまい言葉でだますこと」の意味がある。「しょせん猿なんてこんなもの」という話でもあろう。

 「友好の使者」と言っても、パンダは無料ではない。日本側は中国側に10年間で約8億円を支払う。しかもパンダはすでに和歌山に8頭、神戸に1頭いる。「パンダ来日の経済効果は200億円」などの報道もあるが、信頼できる数字なのか。

 とはいえ、私は中国への反感をあおるつもりは毛頭ない。むしろ中国の伝統文化には深い敬意を抱いている。隣国である以上、日中友好は互いの尊い目標であるべきだ。もちろんパンダには何の罪もない。同様に、罪なき日本在住の中国人につらく当たったり、中国大使館に危害を加えたり、他国の国旗を焼くなどの行為は、自らを猿並みにおとしめるだけだろう。

 パンダの姿はテレビの映像で至近距離から十分に見た。だから私は見物には行かない。それよりも、言論の自由を持ちながら、パターン化した祝賀報道しか発想できない私たちが、中国政府に侮られることを恐れる。<熊本支局長・大島透>
パンダ、簡単にいえばレンタル。だから何かあれば賠償ものですね。それに日々のエサ代は約1万5千円も掛かっているそうです。

それから、大使館に危害を加えたり、他国の国旗を焼くなどの行為は、特定のアジアの国の人が、日本に対して行っている行為そのもの。つまり、特定のアジアの国の人々の行為は『猿並み』ということのようです。

中国や韓国に対しても、ぜひ言論の自由を行使して、隠さない報道をしてもらいたいものです。

さて、中国のパンダ、パンダというと子供の頃からなんとなく、可愛いというよりもなんだか悲しい雰囲気を感じていました。
その理由は、どうもこれのようです。⇒『チベット侵略の象徴・パンダ 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 最近のニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。