クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

TPPは喫緊の課題なんかじゃない

経団連会長は、TPPで開国などという政権だから、応援したいのでしょう。退陣・解散に改めて反対だそうです。それとも法人税減税のお礼でしょうか?
退陣・解散に改めて反対=予算の早期執行など要請-経団連会長
2011/03/07 18:20 時事ドットコム

 日本経団連の米倉弘昌会長は7日の記者会見で、前原誠司前外相の辞任で菅政権の基盤が揺らいでいることについて、「予算関連法案をきちんと国会で通してほしい。今のままでは、にっちもさっちもいかない」と懸念を示した。予算関連法案の年度内成立を最優先することが政治の責任だと指摘、菅直人首相の退陣や早期の衆院解散・総選挙に反対する考えを改めて示した。
 米倉会長は2011年度予算の円滑な執行や、税財政・社会保障の一体改革、環太平洋連携協定(TPP)への参加を喫緊の課題として挙げた。その上で「(それらの)信を問う選挙であれば、国民も納得するのではないか」として、総選挙を行う場合は日本の将来を左右する政策課題への取り組み姿勢が争点になるべきだと強調した。 
食料とエネルギーを海外に依存しきった国の末路を想像できないのでしょうか?経団連こそ早期解散した方が、日本のために良いのではないでしょうか?

経団連会長と農業の現場に近い方とでは、意見が正反対です。
TPP反対あす決議 地方の意思アピール 自民宮城県連
2011年03月05日土曜日 河北新報

 自民党宮城県連は6日に仙台市で開く定時大会で、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加に反対する大会決議を採択する。党本部はTPPへの態度を決めかねているが、農林水産地域の党組織としての意思表示を明確にする。統一地方選に向けた争点化の狙いもあり、政権批判を強める。
 決議案はTPP交渉参加を「食料の安定供給を揺るがし、地域経済に大きな影響を与える」と懸念。関税撤廃の影響は金融や医療など多岐にわたると指摘し、「断固反対する」としている。
 菅直人首相は通常国会の施政方針演説で「6月をめどにTPP交渉参加に結論を出す」と表明。社会保障と税の一体改革と合わせ、政権の「二枚看板」と位置付ける。
 これに対し、自民党本部は都市部の議員に賛成派もいるため、TPPへの党見解表明を先送りし、統一選の公約集も「民主党政府のTPP交渉方針には反対」と玉虫色の表現としていた。
 須田善明県連幹事長は「何の準備もない今の状態でTPP交渉に参加すれば、『開国』どころか『売国』だ。決議は地方からのメッセージ。統一選でもTPP反対を訴える候補は多いだろう」と語った。
『開国』どころか『売国』、その通りと思います。今の日本は、開国よりも鎖国ぐらいの勢いのある意見でちょうどいいかもしれません。

【拙ブログのTPP関連記事】
2011/01/31 : TPP参加後の将来を林業に学ぶ
2011/01/23 : 【TPP】開国・鎖国という言葉に騙されないように
2011/01/15 : 現政権は食糧問題を考えているのか?
2010/11/09 : 経団連は、日本を冠するに値しない
2010/10/27 : 食料問題も国の将来と国際貢献を考えて欲しい 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 最近のニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。