クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

隠したがりの民主党

公認や推薦、あるいは党員であることすら隠して選挙にでている候補もいるようである。民主党のお家芸とでもいえそうな隠匿体質であるが、とうとう福島原発まで特殊シートで遮蔽して目に触れないように画策を始めました。
原子炉建屋を特殊シートで遮蔽 政府、福島原発事故で
2011/04/04 02:02 47news

 政府は東京電力福島第1原発事故で、原子炉建屋を特殊シートで遮蔽する工事を行う方針を固め、東電に可否を検討するよう指示した。複数の政府関係者が3日、明らかにした。議論の過程で原子力専門家は「放射性物質の拡散を抑える効果は限定的で、リスクの方が大きい」と反対したが、政治判断で押し切った。措置の是非をめぐり議論を呼びそうだ。

 関係者によると、特殊シートの使用は、細野豪志首相補佐官の下に設けられた原発対策チームのうち、馬淵澄夫首相補佐官らが率いるチームで議論。

 高さ約45メートルの建屋の周りに骨組みを建ててシートを張り巡らせ、内部に観測機器を設置する構想で、ゼネコンが提案したという。1~4号機すべてで実行した場合、1~2カ月の工期で費用は約800億円と見積もられている。

 原子炉や使用済み核燃料プールの温度が安定していない建屋を遮蔽すれば、新たな放射性物質の拡散を抑える効果が期待できる。ただ専門家によると、建屋内から出ている放射性物質の量は、爆発で飛散したがれきに比べて少なく、「遮蔽は急務でない」という。逆にシートで密閉すれば内部の放射線量が上昇して作業が困難になる上、内圧が上昇して再爆発を起こす危険性も指摘されている。

 専門家の間では否定的な見解が多かったが、政府側が東電への検討指示に踏み切ったという。政府関係者の一人は「原発の専門知識がないゼネコンの発案を、政治家と経営陣が採用した。無残な原発の姿を覆い隠して安心感を与えようという気休めだ」と批判している。
原子力専門家の意見を無視して、外から様子が判らないようにする。しかも、そのリスクは大きいとのこと。いち早く国民や諸外国から中を見れないようにしたい思いの現れでしょうか?

隠そうとしている原発の写真は、こちら

同じく隠し事シリーズをもう一つ。
ドイツやノルウェーなど、いち早く放射性物質の拡散予測を公開していることは、ネットでは知られていました。国民にとって必要な情報が隠され続けていたということです。
放射性物質拡散予測、気象庁に公開を指示
2011年4月4日22時48分 読売新聞

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していなかった問題で、枝野官房長官は4日、気象庁に公開を指示した。

 ドイツなど欧州諸国の気象機関は、各国の気象機関が観測した風向などのデータに基づき、独自に拡散を予報し、サイトで公開している。噴火時の火山灰や、黄砂の飛散予測と基本的には同じ仕組みだ。

 気象庁は、情報発信は原子力災害対策本部に一元化されているため、独自には公表できないとしていたが、枝野長官は記者会見で「少なくとも隠す必要のない情報。誤解を生まないよう十分説明し、公表すべきだった」と述べた。

 日本には原子力事故時に放射性物質の飛散予測を行う『SPEEDI(スピーディ)』というシステムがあるが、政府は、日々予測を速報するこの情報も公開していないため、原子力関係者らが批判している。
ちなみに、全国の放射能濃度一覧のサイトから、ドイツ気象局、オーストリア気象局、イギリス気象局、ノルウェー気象研究所のビジュアルで判り易い拡散予測を見ることができます。ぜひリンク先を一度見て欲しいです。

 さて、このような隠匿体質で行われる政治主導。主導はなく死導ではないのか?と思えてしまう。先日の「確信犯」の記事を思い起こせば、民主党政権で、ただちに日本国民の生命に危険はないかも知れないが、何十年後には国民の半数近くが失われるようなことになりはしないのかと冗談抜きに心配になります。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 原発事故 - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。