クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

政治的駆引きは原発より大事な民主党

原発への対応よりも政治的駆引きの方が大事だという。そういう人たちが日本の政治の中心に居座っています。大震災対応を理由にさせていていいのだろうか?
原発への生コン圧送車遅れた背景に岡田幹事長の政治的駆引き
2011.04.05 07:00 NEWSポストセブン

 福島第一原発の注水作業では、50m以上のアームを持つ生コン圧送車が活躍した。「民間からの決死隊志願」として国民も大いに称賛した。が、この経緯には「政治的駆け引き」があった。

 最初に提供を申し出たのは日本にある3台のうち2台を保有する三重・四日市の「中央建設」だった。3月17日に2台の車両をオペレーターとともに待機させ、元経産官僚で現在、三重県知事選に立候補している鈴木英敬氏を通じて東京電力に「提供する用意がある」と申し入れた。

 東電はすぐに謝意を伝えたが、なぜか結論が長引き、同社に正式要請が来たのは20日の夕方だった。福島到着は21日。3日も待たされたのである。

 しかも、その間に官邸は輸出のため横浜港にあった独企業所有の圧送車を“徴用”し、先に現地入りさせると、22日から注水作業を開始した。そして、現地入りして待機していた中央建設の2台は、「もういい」と引き返させたのだった。

 政府・与党の橋渡しをする政権幹部の話を聞こう。

「選挙戦が激しさを増している三重県知事選は、岡田幹事長のお膝元で負けられない戦いだ。最初に申し出た中央建設は、自民推薦の鈴木候補の後援企業で、同社の機械が使われれば敵の手柄になる。圧送車を巡る混乱の背景に、政府内部の“配慮”があったことは間違いない。岡田さんも、政府・与党の協議でその経緯を知っていたはずだ」

 しかも、結局政府は1号機にトラブルが発生したといって、一度は三重に戻っていた2台を24日になって呼び戻している。

 中央建設の役員は、「国の役に立てるなら、いつでも提供します。わが社への要請が遅れたのは釈然としないが、この非常時に与党支持か野党支持かは関係ない。政治的思惑などなかったと信じたい」と語る。為政者より民間人のほうが「国を思う気持ち」が強いのは、誇るべきことでもあるが、国家的危機でもある。

※週刊ポスト2011年4月15日号
意図してか意図していないのか、何をやっても、日本が困る結果しか招かないとなれば、やっぱり、「確信犯」としか思えない。

そして、民主党の党首で、宰相不幸社会の主人公である菅直人氏は、勝谷誠彦氏のメルマガによれば、震災当日の午後、菅直人は「これであと2年できるな」と言ったという。これは事実であると。原発には「水をかけろ、水をかけろ!」という。理由は「テレビ映りがいい」。総理を辞めさせるだけでなく、生かしておくのもどうかと思える最高責任者である。
と、大震災を喜んだというのです。詳しい中身を知りたい方は、「勝谷誠彦 これであと2年できるな 喜ぶ」で検索すると全文を掲載したブログが見つかります。

それから、中韓を知りすぎた男に、「菅政権の化けの皮をはがせ!」につづいて、「悪魔の微笑、これが民主党です。」がありました。ぜひ、こちらもご覧いただきたいです。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 大手メディアが伝えない情報 - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。