クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

子供に年間20ミリシーベルトが適切?

内閣官房参与が辞職というカードを切らなければ、マスコミも扱わないのでしょうか?
小佐古参与「官邸の対応場当たり的」と辞職届
2011年4月29日20時33分 読売新聞

 東京電力福島第一原子力発電所の事故への対応に当たるため、先月、内閣官房参与に任命された小佐古敏荘(こさことしそう)・東大教授(放射線安全学)は29日、国会内で記者会見し、「政府の対応は法にのっとっておらず、誰が決定したのかも明らかでなく、納得できない」として30日付で参与を辞任することを明らかにした。

 小佐古氏は29日夕、首相官邸を訪れ、菅首相との面会を求めたが、実現せず、秘書官を通じて辞職願を提出、受理された。

 その後、記者会見した小佐古氏は、辞任理由について、「今回の原子力災害で、官邸の対応はその場限りで場当たり的だ。提言の多くが受け入れられなかった」と語った。

 具体的には、年間被曝(ひばく)放射線量20ミリ・シーベルトを上限に小学校などの校庭利用を認めた政府の安全基準について、「この数値を小学生などに求めることは許し難い」と指摘した。
小佐古氏には辞職などせずに、原子力災害の対応の舵取りをしている組織の異常さを、内側から世間に知らしめていただきたかった。同時に何が正しいかを訴え続けていただきたかったです。

内閣官房参与が辞職を賭した訴えにも関わらず基準は変わりませんでした。
校庭利用基準、変更せず=年間20ミリシーベルト-細野補佐官
2011/04/30-00:47 時事ドットコム

 細野豪志首相補佐官は29日夜、TBSの番組に出演し、辞任表明した小佐古敏荘内閣官房参与が甘すぎると批判した学校の校庭利用制限に関する放射線量の基準について「われわれが最もアドバイスを聞かなければならない原子力安全委員会は年間20ミリシーベルトが適切と判断している。政府の最終判断だ」と述べ、変更しない方針を示した。
 同時に「通っているお子さんや親御さんの気持ちがあるから、(被ばく量を)できるだけ下げる努力を当然すべきだ」と強調した。
原子力安全委員会というのは、人間の安全を担うというよりも、原子力に関わるエネルギー行政や原子力利権の安全を担うための委員会というのが正しいような気がします。
その委員会の使命の沿った判断は、日本人がどうなろうと構わない民主党の思惑と一致していたのでしょうか。
校庭利用基準を見直し=首相、原発対応「場当たり」批判に反論
2011/04/30-12:42 時事ドットコム

 菅直人首相は30日午前の衆院予算委員会で、福島第1原発事故に伴い、周辺の学校の校庭利用の放射線量上限を年間20ミリシーベルトとする政府の安全基準について、「子どもの健康が最優先だ。これで大丈夫というより、ここをスタートにして、線量を下げる努力をしなければならない」と述べ、基準を厳しくする方向で見直す考えを表明した。社民党の阿部知子氏が基準を厳しくするよう求めたのに答えた。
 同基準をめぐっては、29日に内閣官房参与の辞表を提出した放射線安全学を専門とする小佐古敏荘東大大学院教授が記者会見で「間違い」と指摘。政府の原発事故への取り組みを「法律や指針を軽視したその場限りの対応」と批判していた。
 首相は、小佐古氏の辞任について「専門家の間の見解の相違で辞任した。大変残念だ」と述べるとともに、「参与の議論も含めた助言を得て、決して場当たり的な対応はしていない」と「場当たり」批判に反論。さらに「最終的には原子力安全委で一つの見解をまとめ、政府に助言する仕組みになっている」と述べ、安全委の結論を尊重した政府の判断に問題はないとの認識を示した。
 これに関連し、枝野幸男官房長官は記者会見で「年間20ミリシーベルトまでの被ばくを許容したものではなく、小佐古氏の誤解だ」と述べた。政府は30日付で、小佐古氏の辞表を受理した。
 首相は阿部氏のほか、自民党の小里泰弘、公明党の富田茂之両氏に答えた。
首相も、「場当たり」に反論するあたりは、自ら「場当たり」を証明しただけのように思います。
あっさりと辞表を受理し、耳障りのよい人だけを身の回りに置くとなると独裁者そのものではないか?
民主党による政治は、暴走した原子炉のように、災いと汚染が拡がるばかりだ。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 原発事故 - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。