クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

子供たちの安全も単なるコストなの?

事業仕分けのしわ寄せだとハッキリ言えばいいものを何故しないんだろう?
小中2800棟耐震先送り…高校無償化余波
12月28日14時49分配信 読売新聞

 大地震で倒壊の恐れがあるとして、全国の自治体が来年度中に着工予定だった公立小中学校など約5000棟の耐震化工事について、文部科学省の関連予算が約63%削減されたことがわかった。

 2800棟に相当する規模という。学校の耐震化は国が最大3分の2を補助してきたが、鳩山政権が掲げた「高校授業料の実質無償化」で約3933億円の予算が必要となり、しわ寄せを受ける形になった。

 文科省によると、自治体側からの要望があった約5000の学校施設の耐震化工事の関連予算は、約2775億円。自治体からの要望を審査し、使途を限定した補助金として交付する。毎年ほぼ満額が認められており、今年度は約3800億円が投じられた。だが、政権交代後は高校無償化予算を工面する必要から、政務三役らによる協議や11月の事業仕分けを経て、25日に閣議決定された政府予算案では約1032億円に圧縮された。
 地震の多い日本、加えて、「子は宝」という考えを持つ日本において、小中学校などの耐震化工事は、少子化の進んでいるご時世、子供たちの安全確保は、優先度の最も高い事業だろうと考える。その事業の関連予算が結果的に事業仕分けによって削られてしまった格好だ。事業仕分けのメンバーにとっては、子供たちの安全は単なるコストでしかなかったということだろうか?
 さて、高校の授業料無償化についてであるが、借りたものは返す。借りているからこそ真剣に学業に打ち込むなど、当たり前のことを身に付ける意味においても奨学金制度の拡充などを行う方が良いのではないだろうか?
授業料の無償化によって、どうせタダなんだしと不真面目になってしまわないかと考えてしまう。それに、昔から「タダより恐いものはない」という。
 高校授業料の実質無償化が将来に向けた選挙対策と思いたくはないが、民主党政権にタダで高校に通わせて貰ったので投票で恩返しなどという安易な判断だけは将来しないように高校生たちに願う次第である。
 現民主政権で良く耳にするのが、無料化や無償化、一律などという言葉である。この考えは国がなんでも面倒見る社会主義や共産主義の国のことのように思えてしまうのは考え過ぎだろうか? 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。