クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

「風評」と言えば安全・安心になるのか?

最近のキーワードは、「想定外」から「風評被害」に代わったようで、「風評被害」を打ち消そうというイベントやそれに関するニュースが続いています。
中には避難してきた子供に対して「放射能が移る」というような確かに「風評被害」と呼べるものもありますが、そうでないものがクローズアップされ、危険回避できないようになっているような気がします。実際に食べて見せて「安全」、目の前でガイガーカウンターの数値などで証明して見せることもないというこの種のイベントは、開催していて本当にいいのでしょうか?
飯島直子、中畑氏が「福島の野菜食べて」
2011年5月27日21時36分 日刊スポーツ

 女優飯島直子(43)ら福島県ゆかりの著名人が27日、東京・日比谷公園で開かれた同県白河地方9市町村主催の地元農産物安心・安全PRイベント「がんばろう! ふくしま」に参加した。

 母親が白河市出身の飯島は、自ら「お米いかがですかー」と福島産米を販売。次々に売れた。キュウリをガブリとかじった飯島は「みずみずしくておいしい。(原発被害の)風評に惑わされずぜひ、福島の野菜を食べてください」と訴えた。

 矢吹町出身の野球評論家中畑清氏(57)も「福島の野菜は本当においしい。福島を『絶好調!』にするためみなさんのお力をよろしくお願いします」とこぶしを振り上げ呼び掛けた。
ただちに健康に影響しないのだから、目の前だ食べて見せて、ほら安全といった、この種のイベントに危機感を覚えます。
正しい知識を持ち合わせない人の情に訴え、情報弱者に放射能汚染拡大を助長してしまっているのではと思います。
原発事故の被害拡大、つまり、体内被曝の防止や放射性元素の拡散防止については考えられていません。壮大な人体実験のために、日本人の性格にあわせ情に訴えるという手段に使われているのかもしれません。

さて、どういう物質がどのように危ないかが簡単にまとまっているので、こちらを参考に。
炉心溶融で漏出する物質―危険なのはヨウ素、ストロンチウム
2011年3月14日 16:35 ウォールストリートジャーナル 日本版 より抜粋

 放射性同位体窒素16は急速に放射性崩壊し、安定した酸素になる。クリプトンも非常に軽く、大気に漏出後、急速に拡散する。

 トリチウムは低エネルギーで半減期(放射性原子核の半分が崩壊するのにかかる時間)が12年だ。崩壊すると、安定したヘリウムになる。

 より危険なのは、吸入、口からの摂取、皮膚からの吸収で体内に入り込む。原子炉の炉心が完全に溶解すれば、ウランその他重金属など、極めて危険な放射性物質の多くが格納容器の底に落ちて大気に漏出しない。そのため、原子力災害チームが除去しなくてはならなくなる。

 さらに心配なのは、砂の粒子の4分の1ほどの粒子となって漏出する放射性元素。たとえば、ヨウ素131、ストロンチウム90、セシウム137だ。特に危険性が高いものが多い。ヨウ素など人体が自然に使う物質と似ており、簡単に人体組織に取り込まれる。

 米環境保護局(EPA)によると、放射性ヨウ素は環境によっては大気中や水中で急速に拡散する。ただ、ヨウ素131の半減期は8日と短く、数カ月で完全に崩壊する。

 放射性ヨウ素は口からあるいは吸入により簡単に体内に入り込む恐れがある。牛が食べる草に付着し、牛乳を通じて人体に入る可能性もある。葉物野菜に付着、あるいは海水魚や淡水魚に蓄積し、それを人が食べることもあるとEPAは説明している。

 放射性同位体ストロンチウム90の半減期は29.1年。化学的にはカルシウムのような動きをするため、骨や歯に蓄積しがちだ。

 たとえばチェルノブイリ原発事故では、大量のストロンチウム90が環境中に漏出し、当時のソ連、欧州北部、その他地域に堆積した。

 ストロンチウム90は主に食品や水を通じて体内に入る。摂取すると骨の癌や白血病の原因となるといわれている。

 セシウム137は半減期が30年で、全面的な炉心溶融で漏出するもう一つの危険な物質だ。食品や水から、ちりの吸い込みを通じて摂取される。摂取により癌のリスクが高まる。
テレビや新聞の報道では、大体「ヨウ素131」が「半減期8日」とともに登場しますが、危険で半減期の長い「ストロンチウム90」や「セシウム137」については、登場していないようにと思います。
「ストロンチウム90」や「セシウム137」に汚染されたものが警戒されずに拡散し始めることが考えられ「ヨウ素131」だけで、安全宣言が出された時がより危険が増したと考えた方がいいように思います。

二階堂ドットコムによると、
■ 福島の牛
福島に入っている窃盗団。 牛も軽トラに積んで持って行く様です。 捕まえて問い詰めると「産地偽装して売り飛ばす」との事。 何もかんも信用ならないですね。
■ 関西方面に東北・福島牛流れる・・・もうわからんね。

 原発事故直後の高速道路閉鎖の中にもかかわらず、品川のと殺場に東北(福島含む)地方から牛が搬入され、通常価格の10%程度の価格(5万円程度)で大阪の業者が叩いて買っていったという報告がありました。当時からこの情報はあったのですが、複数ルートで確認できたので掲載します。(一応本サイトでも、混乱とかを避けるために、疑問符が多すぎる話は出さないようにするか「あくまでも情報・噂」と記しています)

 放射能汚染の有無は分かりませんが、酪農家の一部は、不本意ながらも現金化するチャンスを持てたということでした。知り合いの業者曰く、

 「冷凍しておいて、ほとぼりの醒めたころに出回るだろう」

 とのことでした。日本人みんなで死ねってコトですかね・・・。ああ、直ちに影響ないから弱い奴だけ死ぬのか。ジイサンバァサンならどうでもいいけど、子供はかわいそうすぎる・・・

 私はすでに、自分で積極的に食べる牛肉に関しては、ルートが信頼できるオージービーフしか選択していません(元々オージー好物だし・・・)。
■ 福島県の牛肉警報

 関西の肉屋に聞いたら、福島の牛肉は、どうも日ハムに押し付けられているみたいです。(押し付けられたか、集めたかなんですが、日ハムが集めはしないでしょう。大和屋ならやるでしょうけど・・・)

 で、現在某所で冷凍しているようです。怖いですなぁ・・・

 ハンナンみたいに国に買い取らせるんですかねえ。何にしろ「その肉がどこに行くのか」が重要な訳ですが、動物のエサになるのならともかく、人間のエサになるのではたまったもんじゃないですな。
■ はい、マグロアウト!

うちのSNSより。

http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/pdf/110526_datashee...
思ったより早く回遊魚のマグロに出ました。N34°07 E142°21は千葉沖でしょうか?
相模川の鮎でこれだけの数値ということは相模川の水も?ですね。

素人の推測ですがこの海流にだけはなってほしくないです。
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/2002/qboc2...
■ JA岐阜のシールが
他県で貼られて出回っている事例が発覚。関係者は火消しに必死
ワールドビジネスサテライトの番組では、定期的な公開測定して農産物の販売をする市場や検査会社の測定結果とともに紹介して農作物販売するサイト運営者のニュースがありました。
国や子供たちの未来を考えずに、未検査の放射性物質に汚染された食品が出回るようになった時、ガイガーカウンターを持って自ら調べなければ、安全・安心な「食」は手に入らなくなってしまうのでしょうか?そんなことにならないように、早く原発事故が終息され、土壌の除染が進み安心・安全な食品が出回るように願いたいものです。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 原発事故 - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。