クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

締切21日のパブコメ

遺伝子組み替え種子を採用すると、その種子メーカーの奴隷と化すことになりはしないか?
その現実化を左右しかねないパブリックコメントの募集があります。

遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集について

これの締切が21日となっています。反対意見を提出していただけると有難いです。

意見募集要領の冒頭部分を紹介します。
農林水産省は、遺伝子組換え農作物の隔離ほ場での栽培や、食用又は飼料用のための使用等に関する承認申請(セイヨウナタネ1件、トウモロコシ2件及びワタ1件)を受け、生物多様性影響評価を行いました。学識経験者からは、生物多様性への影響がある可能性はないとの意見を得ました。これらの結果に基づいて生物多様性影響が生ずるおそれはないと判断しました。
これらの遺伝子組換え農作物を農林水産大臣及び環境大臣が承認するに先立って、当該第一種使用規程の内容等について、国民の皆様からご意見を募集します。
農林水産省及び環境省では、今後、ご提出いただいた意見・情報を考慮した上で、本件の承認を判断することとしております。
原発でも偽りの安全性を訴える学者や識者がたくさんいます。そういうことを考えますと、ここで意見した学識経験者についても、企業や業界から研究資金を得ている紐付き学者なのかなと思いました。
仮のそのようなことがあったとしても、拙ブログ管理者は、この遺伝子組み替え種子の採用について、反対の意見です。
締切が21日とのことなので、このブログ記事記載後に、早速パブコメしてきます。
ちなみに、郵便物による意見送付は21日までに必着のこととあるので、インターネットか、FAXで意見することになります。

[提出方法]
①インターネット
https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/b3da.html
②FAX
03-3580-8592

[詳細問い合わせ]
消費安全局農産安全管理課
担当 高島、河野
電話 03-3502-8111(内線4510)  03-6744-2102
FAX 03-3580-8592

応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。