クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

鉢呂氏、失言辞任劇は、原発推進勢力の謀略かも

マスコミから一斉に「失言」として上げられ辞任に至った鉢呂氏ですが、テレビと新聞からの情報のみを情報源としている情報弱者から見れば、失言⇒資質に問題⇒辞任、という安易な流れで今回の辞任に至る経緯を理解したことだろうと思います。
しかし、本当にそのような安易な流れだったのか?テレビと新聞という大手マスコミからでは決して得られない、辞任後の本人へのインタビュー記事の一部抜粋を紹介します。全文はリンク先を参照ください。
当事者が初めて語った「放射能失言」の裏側! 鉢呂経産大臣は原発村を揺るがす
「原発エネルギー政策見直し人事」の発表寸前だった

2011年09月14日(水) 現代ビジネス 長谷川幸洋「ニュースの深層」

 鉢呂吉雄経済産業相の辞任問題は、いまも謎の部分が多い。

 鉢呂が記者会見で「死の町」と発言したのは事実である。だが、大臣辞任にまで至ったのは、記者との懇談で「放射能をうつしてやる」と"発言"したという新聞、テレビの報道が批判に拍車をかけた側面が大きい。

 ところが、その発言自体の裏がとれないのだ。高橋洋一さんが9月12日付けのコラムで指摘したように、各社の報道は「放射能をうつしてやる」(東京新聞)から「放射能をつけちゃうぞ」(朝日新聞)、「放射能を分けてやるよ」(FNN)に至るまでまちまちだった。

 鉢呂本人は終始一貫「そういう発言をしたかどうか記憶にない」と言っている。実際の発言がどうだったかどころか、本当にそういう趣旨の発言をしたかどうかさえ、はっきりとした確証がないのである。

「朝日新聞の記事は間違いだ」

 -いま、どういう心境か。

「『死の町』という言葉は、大変な被災に遭った福島のみなさんに不信の念を抱かせる発言だったと思っている。私は原発から3キロ圏内を視察した。ひとっ子1人いない様子を見て、私にはああいう表現しか思い浮かばなかった。申し訳ないし、反省している」

(中略)

 -ずばり聞くが「大臣は経済産業省にはめられたのではないか」という説がある。これをどう思うか。

「それは憶測でしょう。私は推測でモノは言いたくない」

 -役所と対立したことはなかったのか。「鉢呂大臣は幹部人事の入れ替えを考えていたらしい」という話も流れている。

「幹部人事をどうするか、だれかと話したことは一度もない」
「原発反対派を加えて、賛成反対を半々にするつもりだった」

 そして、ここからが重要な部分である。

 -脱原発依存やエネルギー政策はどう考えていたのか。

「政府はエネルギー政策を大臣レベルの『エネルギー・環境会議』と経産省の『総合資源エネルギー調査会』の二段構えで検討する段取りになっていた。前者は法律に基づかないが、後者は法律(注・経産省設置法)に基づく会議だ。調査会は今年中に中間報告を出して、来年、正式に報告を出す方針だった」

「このうち総合資源エネルギー調査会は私が着任する前の6月段階で、すでに委員の顔ぶれが内定していた。全部で15人のうち3人が原発反対派で残りの12人が賛成派だ。私は事故を受けて、せめて賛成派と批判派が半数ずつでないと、国民の理解は得られないと思った。それであと9人から10人は反対派を加えて、反対派を合計12、3人にするつもりだった。委員に定数はないので、そうすれば賛成と反対が12人くらいずつで半々になる」

 -それには役所が抵抗したでしょう。

「役所は『分かりました』という返事だった。私が出した委員候補リストを基に人選を終えて、後は記者発表するばかりのところだった」

 -もう一度聞くが、それで役所と激論にならなかったのか。官僚は面従腹背が得意だ。

「私は最初から強い意思で臨んでいた。私は報告書の内容が必ずしも一本にならず、賛成と反対の両論が記載されてもいいと思っていた。最終的にはエネルギー・環境会議で決めるのだから、役所の報告が両論併記になってもいいでしょう。私のリストは後任の枝野幸男大臣に引き継いだ。後は枝野大臣がどう選んでくれるかだと思う。」

 この話を聞いて、私は「これで鉢呂が虎の尾を踏んだ可能性がある」と思った。鉢呂は大臣レベルの会議が物事を決めると考えている。ところが、官僚にとって重要なのは法律に基づく設置根拠がある調査会のほうなのだ。

 なぜなら、法律に基づかない大臣レベルの会議など、政権が代わってしまえば消えてなくなるかもしれない。消してしまえば、それでおしまいである。ところが、法に基づく会議はそうはいかない。政権が代わっても、政府の正式な報告書が原発賛成と反対の両論を書いたとなれば、エネルギー政策の基本路線に大きな影響を及ぼすのは必至である。官僚が破って捨てるわけにはいかないのだ。

(中略)

子供のことを考え、1ミリシーベルト以下にするよう首相に頼んだ

 -福島では「鉢呂さんは子供の被曝問題でしっかり仕事をしてくれていた」という声もある。

「それは年間1ミリシーベルトの問題ですね。8月24日に私は福島に行って除染の話を聞いた。『政府は2年間で汚染を6割減らす』などという話が報じられていたが、汚染は割合の話ではない。あくまで絶対値の話だ。しかも1ミリシーベルトは学校を想定していたが、子供は学校だけにいるわけではなく通学路も家庭もある。そこで私は菅総理と細野大臣に電話して、子供の生活全体を考えて絶対値で1ミリシーベルトにしてくれと頼んだ」

「すると菅総理も細野大臣も賛同してくれて、2日後の26日に絶対値で1ミリシーベルト以下にする話が決まった。良かったと思う」

(以下、省略)
(注釈)省略部分は、事実と異なる記事を書いた朝日新聞に関する部分、伝聞で第一報報道をしたフジテレビに関する部分と、辞任記者会見では「何を言って不信の念を抱かせたか説明しろって言ってんだよ!」と暴言を吐いた記者の部分である。省略部分についても、参照いただきたいが、量が多いので割愛しました。

さて、「死の町」と発言、原発から3キロ圏内の様子に対して、素直な感想だったのだろう。原発事故によって引き起こされた目の前の現実であり、除染を終えない限りは人の暮らせない場所であることに変わりない。現実に向き合わうことを考えざるを得なくなる発言としては、意味のあったものだと思う。
総合資源エネルギー調査会の委員の構成に対し、「賛成派と批判派が半数ずつでないと、国民の理解は得られない」極めてまともな感性だと思います。
鉢呂氏があのポジションに居ることは、原発を推進したい勢力にとっては、非常に鬱陶しい存在に映ったことでしょう。
おそらく、原発推進勢力とそれに乗っておきたい政治家やマスコミは、失言と鉢呂氏の資質問題、任命責任追求劇といったテーマで、印象付けて本件の幕を引くことだと思います。

今回の記事ですが拙ブログ管理者は鉢呂氏を擁護するつもりではなく、普通に垂れ流されているマスコミ情報だけで、物事を判断してはいけないというタイムリーな事例として紹介しました。
とはいえ、鉢呂氏も発言の撤回なども安易に行わず、言ってないことは言ってないと、芯の強さがあっても良かったのかなと思います。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 大手メディアが伝えない情報 - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。